今日もまた、もらいものランチ

持参のおにぎりと、

Twitterで当たってイオンで交換したヨーグルトと、

セブンイレブンのスイーツアンバサダーでもらった生チョコ大福と

生茶!(のペットボトルに入った水)

私、物欲はないのですが、食欲は人一倍あるので、食べ物をもらえるのはすごく嬉しいです!一番嬉しいかも…

物もらってもすぐ売っちゃいます…

もっとみる

大倉山和ランチなう❤️

今日は旬の秋刀魚のなめろう定食にしました💕美味しゅうございます☀️
1180円です❤️

とにかくおしごとが休みの日はおいしいランチで癒されたいんです❤️

これはある日の和ランチ。
数量限定1日5食の和懐石ランチ。

この夏は大倉山公園前の和定食屋さんをとりあえず行きつけにして。
アメブロと違ったnote❤️にはボリュームアップで攻めたいな、と。

20分間しか買えない不思議なパン屋さんに出会った/キャットストリート

昼ごはんを買いに、ふらっと会社を出てみると...。

渋谷と原宿をつなぐ遊歩道(通称キャットストリート)の渋谷側の終点付近で、何やら人だかりを発見。

神宮前で働き始めて数カ月は経つが、初めて見る光景だったので、興味をそそられて覗いてみると...。

わりと品揃え豊富なパン屋さんでした。

この辺は、カレーライスやガパオライス、東南アジア系のフードトラックはよく見かけるんですけど、まさかパン屋まで

もっとみる

会社員昼食論① 「安さと健康的文化的最低限度のおいしさの凌ぎ合い」

毎日生活している人間にとって、「食事」というものの有り難みは大きい。栄養補給はもちろん、それに伴う体力回復、体と精神のリラックス等々……

そんな世の中、会社員が休憩時間に摂る食事はいかに少ない価格・時間で最高の「食事」の便益を得ることの勝負である。
なぜなら会社員(特に内勤)は長い休憩の時間が昼の12時から13時の間の1時間、と相場が決まっているからだ。
1時間という時間は何かを為そうとするには

もっとみる

【2食目】日本一の親子丼

を自称する店を3軒以上知っている。

親子丼屋さんはなぜか日本一を名乗りたがち説を水曜日のダウンタウンあたりに投稿すれば採用されるのではないかと錯覚するほどに。

ただ、赤坂はやしの親子丼は日本一を名乗ってもまあいいかなとも思う。

まず店がおしゃれ、暗い。囲炉裏の側で食べる親子丼は、風情がトッピングされてより美味しく感じる。

鶏は炭火で焼いているのだろう。口の遠くから炭の匂いを感じる。

ダシ

もっとみる

【1食目】担々麺は宗教である

同じようで、それぞれ違う。

それがみんな大好き担々麺。

濃厚、淡麗、白胡麻、黒胡麻、肉味噌、汁なし、冷やし、ニラもやし、チンゲン菜…。

載せるものも千差万別、味も千差万別。同じ担々麺なのに。

僕は一年間におそらく100杯以上担々麺を食うが、その中で最強なのが赤坂・希須林(きすりん)だ。

赤坂の裏路地にある知る人ぞ知る担々麺の名店。基本的に担々麺か排骨(ぱいこー)担々麺しかない。夏は汁なし

もっとみる

オートレストラン鉄剣タロー

最後に訪れた日:2019年8月13日

埼玉県行田市は県名の発祥とされる「埼玉(さきたま)」の地です。市内には、前方後円墳8基と大型古墳1基からなる埼玉古墳群がありその中のひとつである稲荷山古墳ではワカタケル大王の名が刻まれた鉄剣が出土し国宝に指定されました。この鉄剣はさきたま古墳公園内にある埼玉県立さきたま史跡の博物館にて見学することができます。

そんなさきたま古墳公園からほどちかく、国道17

もっとみる

赤い街のピンク色のおむすび屋のお赤飯

【34むすび】豊田2号店(浦和) お赤飯

JR浦和駅からほど近い高架下に貼りつくようにその店はあった。浦和といえば、言わずと知れた浦和レッズの街。商店街には浦和レッズの真っ赤なフラッグや看板がいたるところに見受けられる。その赤く塗り取られた街に、ピンク色の店は異彩を放っていた。

その店の名前は、おむすび豊田2号店。前回行ったおむすび豊田の系列店だ。

おむすび豊田のレポートはこちら


もっとみる

ミシュランのおむすび。〜宿六編2〜

【31むすび】宿六 (浅草) さけ

各ジャンルごとに山脈がある。まず「山」の高さを知れ。つぎに「麓」の広さを知れ。そして遠くから俯瞰してみよう。そうしないと山脈の全貌は見えない。系譜を辿ると普遍と進化がわかる

前回、この1000日チャレンジを始めた理由を綴った。

この中できっかけを作ってくれた存在である さとなお(佐藤尚之)さんが、昨年「食の山脈の歩き方」を語っていた。そのことを、

もっとみる