ジュニアドクター育成塾(愛媛大学)

小中学生を対象にした研究人材育成事業での育成計画,評価分析などについてご紹介します。 研究,教育,評価分析などの少しディープな話題について,みなさんと情報を共有できれば幸いです。 運営者:愛媛大学教育学部理科教育専攻 大橋淳史准教授 ご連絡などは ジュニアドクター育成塾.jp へ

ジュニアドクター育成塾令和元年度受講生募集開始しました!

応募に関する詳細な情報は,https://ジュニアドクター育成塾.jp で公開しています。

ジュニアドクター育成塾は,国立研究開発法人科学技術振興機構が支援する,小学校5年生から中学校3年生を対象とした,次世代のイノベーションを牽引する人材を育成する事業です。

愛媛大学ジュニアドクター育成塾は,2019年度から文理融合アウトプット重視型カリキュラムに大きく変わります。

あなたの才能は文系や理
もっとみる

スキありがとうございます!興味持っていただければ幸いです。
1

科学は歴史をどう変えてきたか

本書を読めば,文系とされる社会科と理系とされる自然科学は,きわめて密接に結びついていることが理解できます。社会制度によって科学が生まれ,また科学が社会制度を変えてきたのです。人間臭い科学者たちの生き様を読みやすい文章でまとめています。文系理系を問わず,読んでみてほしい1冊です。

科学は歴史をどう変えてきたか その力・証拠・情熱
マイケル モーズリー (著), ジョン リンチ (著), 久芳 清彦

もっとみる
スキありがとうございます!興味持っていただければ幸いです。
3

「誰に」「なにを」「どうやって」伝える?

社会において必須のスキル,プレゼンに必要な技法について,「伝える技法」「ストーリーの作り方」「説明の仕方」「プレゼンテクニック」を穴埋めドリル形式で段階的に学べる,子どもに向けた初のプレゼンテーションワークブックです。

プレゼンドリル 伝えかた・話しかた
西脇資哲 著
翔泳社

伝え方の大事さ

 ひとの考えは見えません。そのため,私たちは言葉で相手になにかを伝えたいと願います。しかし,伝え方・

もっとみる
スキありがとうございます!興味持っていただければ幸いです。
2

ルールを最初に学ぶことで,独創性は育ちます。
13歳からの研究倫理(大橋淳史著,化学同人),増刷決定しました!
詳しくは,こちらのnoteで解説していますので,ぜひよろしくお願いします。
https://note.mu/jrdoctor/n/neb405d2d3e16

スキありがとうございます!興味持っていただければ幸いです。
1

言語は世界の見方を決める

言葉とは私たちが世界を理解するための概念であって,「言葉が違えば世界も違って見える」ことを,ことばと文化の関わりからわかりやすく解説する1冊です。

ことばと文化
鈴木孝夫著
岩波新書

ことばが違うと世界は違って見えている

 私が博士課程の院生だった頃,研究室にロシア人のポスドク(Post Doctor)がいました。かれは日本語の勉強がてら川端康成の小説を読んでいたのですが,ある日,こんな質問

もっとみる
スキありがとうございます!興味持っていただければ幸いです。
3

「最初に学ぶのはルール」じゃないの?

スポーツでも芸術でも,そしてすべての学問で最初に習うのは「ルール」です。でも,「研究(探究)ではルールの学習は大事ではない」と思われているようです。そこで,「最初にルールを知ること」の重要性についてまとめてみました。

ルールを知らないほうが自由にできる?

 ルールを知っていても創造性はスポイルされませんが,そこが理解されていないと感じています。
 子どもを対象にした研究ルール,研究倫理教育をし

もっとみる
スキありがとうございます!興味持っていただければ幸いです。
3