エクスペリエンスデザイン

【考察】「経験をデザインする」ことについて

番外編をはさみます。
昨日の朝(デンマーク時間)Twitterのタイムラインで見かけた、須永研を卒業した先輩である清水淳子さんのツイートで紹介されていた記事に刺激を受けて、「経験をデザインする」ことに関する考察をまとめました。

記事への直のリンクはこちら。2018年3月の記事です。

このレポートでは、ゲーム「フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと」(PC / PS4。原題:What Remains

もっとみる

ユーザビリティは当たり前だけど贅沢品

もう15年以上前からWEB業界のみならずユーザビリティって大事だよね。っていうのは言われ続けていてすでに常識となっています。

けどみんながそんな認識になっている今でもユーザビリティが高い状態って作るのめちゃくちゃたいへんです。

7年ほど前に寝食もままならなかった制作会社から今の会社に転職した時、クライアント企業のサイトリニューアルで、トップページについて30分じっくりとユーザビリティについて考

もっとみる
こんな辺境アカウントまでよくたどり着きましたね!好き!
2

サービス開発がエクスペリエンスドリブンとなる理由

講演主体

INEVITABLE ja night presented by Google Cloud

主旨

サービス開発がエクスペリエンスドリブンとなる理由や背景の解説

ステージ上の人物

1.深津貴之氏
2.小島英揮氏

繰り返し発言された内容

黎明期はテクノロジードリブンだが、普及しきるとテクノロジーだけでは差別化しにくくなるため、ほかの差別化方策が求められる

主旨と発言内容を照ら

もっとみる
Thanks! https://twitter.com/toruhjp
15

MIRAI DRIVE PROJECT——Hack for Safety|メモ

アクサダイレクト主催による「MIRAI DRIVE PROJECT——Hack for Safety」に東洋美術学校は参加しました。これはハッカソン形式にて、二日間連続で開催されたワークショップ。多摩美術大学、京都精華大学、デジタルハリウッド大学、そして東洋美術学校の計4校が「10年後の生活で起こりうる生活に身近なリスクとその回避策」「10年後の未来の交通環境で起きるリスクとその回避策」というテー

もっとみる

ブランドガイドラインの欠点と今

まず最初に、ブランドガイドラインとは、ブランドデザインをした時に納められる本で、ロゴ、色、フォント、スペースなどの各種扱い方を収録したものです。

ブランドリニューアルは大変なコストがかかるため、ブランドガイドラインは作業完了の証としては、なかなかわかりやすいものなのです。しかし、問題は実際に効果を出しているのかという疑問があるところでしょうか

15〜20年以上前は、図鑑のような重厚な装丁をされ

もっとみる
はげみになりますー:)
67

ブランド、プロダクトのネーミングは超重要!

ブランド、プロダクト、会社、事業部、プロジェクトのなどのネーミングをする時、概ねチームは少数で、専門家がおらず余裕がないものです。オーナーが責任を持って決めるのは、愛着が湧くという意味ではとても良いことですが、一方で、命名とはその後の運命に影響する部分も多分にある超重要なものです。

割と直近でいうと、Japan Centre of Technology(インドで事業を行う会社)、ロボットシャトル

もっとみる
はげみになりますー:)
69

デザイナーとしての”大きい”貢献をしたい! at ブロックチェーン【NM部#1】

今回は、斜め上にもほどがある(何言ってるかわからない?)記事だと思います。画像のNeutrino妄想部(仮)とは、ブロックチェーンを正しくかつ分かりやすく広げることも、ミッションの一部として持つ部活動で、これからどういう動きをするのかわからない生まれたての集団です。
昨日、出来ました(笑

私はこれもデザインだと思ってやっていますが、常識的デザイン業からすると何を言ってるかわからないと思うので、ト

もっとみる
はげみになりますー:)
15

ファンデを新調した25歳女のUX

ファンデを新調する「わたし」
・社会人4年目。
・多くはないけど可処分所得の大半を服や化粧品に使う
・化粧品に関する感度はまあまあ。アーリーマジョリティぐらい。
・化粧品はデパコス派。

ファンデを購入するまでのUX
1. 時間がない平日の朝、ファンデが容器から出にくくなっていることに気づく。「そろそろ買わなきゃ」と思う。

2. そのまま数日が経つ。ポンプを外したり、容器を逆さまにしたりして乗り

もっとみる
気が合いますね ( ˘ω˘)
3