世界を動かしてみた (11)

ある2月の朝、テヘラン郊外の気温は10℃を下回っていた。マントのような白い布地を纏った男が、まだ世帯を構えていないやはり同じような布地を纏った息子を伴って、月が改まったばかりのモスクの礼拝へと向かった。

モスクでは息子と横に並んで祈った。いつもと変わらぬ礼拝を済ませると、聖職者から暫くモスク内に留まるように伝えられた。時折このような事はあるので、誰も文句も言わずに待つことにした。隣の人と囁きあう

もっとみる
ご一読、有り難うございました。
3

【管理栄養士のアスリート献立】ヨーグルトメーカーで作る/無脂肪カスピ海ヨーグルト

管理栄養士/食トレーナーのmoeこと木下ともえです。

アナタは毎日、ヨーグルト食べますか?

moeは毎日、100~150gぐらいプレーンヨーグルトを食べています。

ヨーグルトや牛乳などの乳製品は調理なしで手軽にとれるタンパク源です。

スポーツで消費されるカルシウムもとれる利点もあります。

低脂質なものを選べるので、減量中のアスリートにもオススメできる食品です。

毎日、食べるのですぐにな

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
4

見えているもの

存在しないものにひとは恋をする。
恋そのものが目には見えない状態だから。
祝福なのか呪いなのか熱情なのか欠乏なのか、
冷たい海の底の資源を掘り当てる。

きざし

雨の後の湿った空気が
わたしの肺を洗ったのか、
呼吸の乱れは落ち着きました。
鼓動だけが、まだすこし
後を引いていて、
離れた場所から
きらきらした遠くのきみと
つながっています。

あなたに照らされて輝きたい

雲間から差し込むひかりが湖面に落ち、世界中が一瞬にして真夏の明るさを取り戻す。
そんなふうに、大好きな人のそばで、大好きな人の輝きを一身に浴びていられたら、世界を照らせるかもしれない。
そしてまた、自分もだれかを照らす輝きになれたらいいな。
恋は反射の連続かもしれない。

旅行ビギナー 世界の旅 078日目【アゼルバイジャン】バクー①

バクーの夜は、噂に違わずすごく街がきれいですね!建物のライトアップに高度なセンスを感じました。まだ派手派手ライトアップ方面へは行けてないので、近々行こうと思います!

清潔なゲストハウスに移動できて、安心したのですが、寝る時間になってみて分かったことがあります。階下の話し声がでけえー!げののいる部屋は2階で、枕元の壁に隙間があるデザインになっています。

そしてその隙間は1階の吹き抜けの方を向いて

もっとみる
気に入ってくださってよかったです!
18

どんなヨーグルトが好き?

ヨーグルトそのままよりも、果物や何かと一緒に食べた方が美味しい。

そのまま食べると酸味があって食べにくさを感じていたので、お砂糖をいれて食べていました。明治ブルガリアヨーグルトには、白い粉砂糖がついていた気がします。すっぱいヨーグルトにたっぷり粉砂糖をかけたら、逆に健康に悪いのではなないかと気づくのは先のお話。その時は甘いお砂糖を入れるのを楽しみにしていました。

ヨーグルトに数種類の果物がゴロ

もっとみる
Merci beaucoup!
35

地理好きにはたまらない風景

昨日ツイート見てたらこれが知り合い経由から流れてきた!

風景が本当に日本そのもの!

気候が同じからなのか、植生が日本と全く同じように見える。

左上の田植えの写真なんか昔の日本の田園風景そのものですよね!

しかもこれが、乾燥・砂漠ばかりのイランなのだから驚き!

中東でまさか日本と同じような風景が見られるなんて思いませんでした。

この感動、地理好きにはマジでたまんないよなぁ〜と思いながら

もっとみる

この陽瞳に

”この瞬間(とき)は偶然なりて必然とこの陽瞳にわれ焼き印す”

お天気に恵まれたことに感謝。

海からあがって義母がなかなかシャワーから出てこなかったけれど、

そのおかげで濡れた身体でベランダに居座っていたから見られた夕陽。

夕刻になって風が出てきて寒さを感じたけど、それはそれは素敵な夕陽だった!

もっとみる