クルディスタン

トルコの攻撃で団結するクルド

トルコが9日に突如シリア領への侵略を開始して以来、世界はクルド人の運命に大きな同情を寄せています。もはやクルド人の友人は山だけでなく親トルコ勢力を除く全世界になろうとしています。クルド人内部にも団結の機運が生まれています。クルド人の最大の敵はトルコでもイラクでもイラン、シリアでもなく内部分裂でした。クルド人を倒すのに兵も武器もいらない、ただ分裂を煽ればいいという言葉もあるくらいです。トルコがクルド

もっとみる

【2019年9月】イラク・クルド人自治区の入国・物価・治安・国内移動【クルディスタン】

2019年の9/24-9/30にイラク・クルド人自治区に滞在しました。クルディスタン(クルドの土地)というとトルコやイランも含めてしまいますが、面倒なのでここではクルディスタン(狭義の)と表現します。

ルートとしては

エルビル空港から入国

→タクシーでラワンドゥズ Rawanduzへ

→タクシーでラーニア Ranyaへ。タクシーを乗り継いでスレイマニアへ

→スレイマニアからドバイへ出国

もっとみる

日本で味わえる現地感にあふれた中東飯、クルド料理10皿

「メソポタミア」は、ギリシャ語で「複数の川の間の土地」という意味だそうだ。「メソポタミア」という名前の、おそらく東京で唯一のクルド料理店は、JR埼京線の十条駅南口を出てすぐの場所にある。この辺は、墨田川や荒川と石神井川の間の土地だから、ある意味メソポタミアだ。つまり十条は、この店の立地として「ぴったり」だと、以前ツイートしたことがある。

メソポタミアは通常、現在のイラク、トルコ、シリアにかけて広

もっとみる
感謝です~
105

クルド書店

イスタンブルのクルド専門書店

トルコ共和国・イスタンブルの人気観光地の一つであるイスティクラール通り。その賑やかな通りに面したエルハムラ・パサージュ(Elhamra pasaji)の中に、イスタンブルで唯一のクルド関連の本だけを扱っている書店であるMedya Kitabeviがある。

ここは、クルド研究者だけではなく、クルド系市民によって多く訪れられている場でもあり、イスタンブルに住むクルド人

もっとみる

イラクで食べておきたいイラク・クルド料理を知るための10皿

テロや戦争などで危ないイメージの国イラク。今もバグダッドなど、中央政府が管轄するエリアは、ビザの取得も難しく日本政府から退避勧告などもでており、気軽に旅行できる場所ではありません。

しかし、イラク北部にあるクルディスタン自治区は、春になると美しい草原や緑豊かな山に囲まれ、紀元前から続く長い歴史をはぐくんだ魅力的な場所があり、観光地として訪れることができます。日本人もビザ無しで30日間滞在可能。エ

もっとみる
YouTube「世界のエスニックタウン」もよろしく!
59

イランの子供向け各州紹介絵本

イラン大都市のとある本屋で子供向けの面白い本がありました。イランを構成する州や民族を擬人化したキャラクターがそれぞれについて解説していくものです。イランの中で武装勢力の活動があり腫れ物扱いされることもあるクルディスタンとバローチスタンが入っているものを買いました。それら州と民族に対する率直な見方が表れていると思い簡単な翻訳をしてみようとおもいます。

※当方はペルシャ語初心者であり訳文は拙いものと

もっとみる

イスタンブルの"小さなクルディスタン"

・クルド人の台所

クルド人たちは、1990年代の移住を伴いイスタンブルのファーティヒ地区に彼らの「故郷」をつくりあげた。それがカドゥンラル・パザル(Kadınlar pazarı)という市場である。この市場では、クルディスタンの品々が数多く並ぶ。羊肉はもちろん、チーズなどの乳製品、野菜や果物、タバコなども売られており、イスタンブルの小さなクルディスタンとして知られている。

カドゥンラル・パザル

もっとみる

クルド語の話

・クルド語とは?

クルド語は、インド・ヨーロッパ語族イラン語派に属する言語です。イラン語派には、ペルシア語やタジク語、パシュト語などが属しており、それらの言語とクルド語は近い関係にあります。

・クルド語が話されている地域

クルド語が主に話されている地域は、トルコ、イラク、イラン、シリアで、それぞれが地理的に隣り合ったこの4ヵ国の国境近くで話されています。また、これらの4ヵ国だけでなく、アルメ

もっとみる

中東の少数派ヤジーディは、民族なのか宗教集団なのか

ISに徹底的に迫害され、2014年以降、多数が故郷を追われることになったヤジーディと呼ばれる人々。彼は「何者か」を簡潔に説明しようとすると、深みにはまるような気分になる。ヤジーディとは? 民族なのか? 宗教集団なのか? すぐにすっきりとした答えは出てこない。

もともと彼らは、自分たちで「ダーシン」と名乗っていたようである。「ヤジーディ」という名前は、かつては他称、つまり周囲からそう呼ばれていた、

もっとみる
モタシャッケラム!(ペルシャ語で「ありがとう」)
9

ワイルドすぎる中東飯、クルド料理を知るための10皿

今や、世界中の料理を楽しめるという意味においては、世界一、と言ってもいいかも知れない日本の首都・東京。いわゆる中東と呼ばれる地域の料理を出す店もいろいろある。エジプト、レバノンといったアラブ圏の料理(アラブ料理)、あるいはペルシャ語が広く話されるイラン(イラン料理)、トルコ料理といった中東の国々の料理を一度は食べたことがある方も多いのではないだろうか。

ここでは、その中東で、国境にまたがって暮ら

もっとみる
感謝です~
106