ラグビーワールドカップ、日本vsアイルランド。19-12でジャイアントキリング!世界ランキング2位に勝った!

ありがとう!
1

実績プロポジション不整合問題

実績とプロポジションに整合性がない人々って沢山いますよね。

・無名なブランドコンサル
・万年補欠だったスポーツ監督
・事業経験ゼロのビジネスコーチ
・踊れない振付師

自分のことすらできないくせに、と思いませんか?

ところが、整合性・連続性がないからこそ、常識からは想像もつかない視点で対象を捉え、独自の知見を蓄えているというケースを稀に見かけます。

質の高い不整合にはアップセットのヒントが詰

もっとみる

2年連続大学生にジャイキリを食らって思うこと

noteを開いていただきありがとうございます。ガンバ大阪に勝った法政大学と深い関わりがある大学生の「あおあお」です。この試合に関してはワクワク感と同時にかなり「負けたらどうしよう‥」とネガティブになっていた自分がいました。結果的にはネガティブに考えていたことが的中してしまった形になりましたが‥。

味の素フィールド西が丘

 とてもいいスタジアムでした。ピッチとの距離感もスタジアムの規模感も。

もっとみる

2019年2019年8月14日天皇杯三回戦ガンバ大阪対法政大学テレビ観戦の感想

リーグ戦では勝ちきれない流れが続いていますが、気分を変えてこの試合に臨み、しっかり変えてリーグ戦にもいい影響をもたらして欲しいところです。

メンバーはある程度入れ替わるだろうとは思っていましたが、海外から復帰の宇佐美や井手口も出られるんですね。登録の関係上無理かと思っていました。パトリックは2回戦に広島で試合に出ているため出られません。

    千真

      遠藤

福田 井手口 鈴木 

もっとみる
ありがとうございます!
4

「勝つためのスタートライン。」

昨日、夏の甲子園が始まった。

何回か書いたことがあるけど俺は小中高と学生時代はずっと野球をやっていたからアマチュア・プロ問わず野球観戦は大好きだ。

中でもやっぱり高校野球は違うものがある。

日本の人口が減少しようが、夏の気温が上がろうが

無くなってほしくない貴重な文化だ。
(時代の変化と伴に改善をしていく必要はある。)

高校球児を観ていると、全力を出すことの大切さを感じれる。

プロ野球

もっとみる
マジ大吉
11

「勝つまでやれ。」

元高校球児だった俺からすれば甲子園はもちろん楽しいんだけど

この時期の地方大会準々決勝あたりの結果を観るのもスゴい楽しい。

昨日も今日も各地方で試合が行われ、

甲子園を決める高校が増えるとともに

有力視されていた高校が負けるといった結果を観た。

その中でも昨日、横浜高校が負けたことには驚いた。

驚いた一番の理由は横浜高校から勝った高校が県立相模原高校だったこと。

なにせ、県立相模原高

もっとみる
大吉
13

サッカーと撮影は似ている

目には見えない一瞬を最高の1枚として残すのが撮影

サッカーは動きながら、
瞬時に判断し、
次の一手をつないでいく。

撮影は、目には見えない一瞬を
最適、最善、最高の一枚に残す。

時間にして1/500秒、1/1000秒という
目には見えない一瞬を
最適、最善、最高の一枚に残す。

その瞬間以外の多くの時間を使って
素晴らしい瞬間を生み出すために
目の前の人と会話を交わしたり、
観察したりをくり

もっとみる
また来てもらえたら、うれしいです!
3

サッカーの不確実性、偶然性に強くなるには?

サッカーには戦略、戦術があるけれど

サッカーには戦略、戦術があるけれど、戦術におぼれては克つことができません。それは、ビジネスでも、同じなのです。
戦略、戦術は「あの場所へ行こう」「この道がいちばん近道だ」と地図を見ながら語っているのと同じ。
実際の道を歩き始めたら、近道だと思っていた道がとてつもない坂道だったりすることもある。遠回りしたほうが早く目的地へつくのではないか?とルートを変えることも

もっとみる
うれしい❣️
5

ジャイアントキリング実践学

『ジャイアントキリング』といえば・・・

サッカー好きにはおなじみのマンガのタイトル。

これまでの戦績などから
「強い」と多くの人たちが評する常勝チームに
「弱い」チームが予想外に勝つことなどをいう。

言い換えれば「番狂わせ」ともいう。

私の人生は、ずっと弱者として生きてきた。
過去形となっているのは、
ある時まではただの弱者だったから。

ある時までは・・・

というのは、
ただの弱者であ

もっとみる
スキありがとうございます😊
3