【あちき、なつみ!】

なつみは思った。

 い、いけるかも。

 淡い期待が泡と消えないよう、緩んだ気を引き締め直す。まだこの世界で目覚めて三十分も経っていないのに、となつみは短い記憶を振りかえる。

 きのうはベッドに入ってそのまま寝たはずだ。空気の流れが身体をくすぐり、夢でも見ているのかな、と目をぱちくりしたときにはもう、目のまえに荒涼とした野原が広がっていた。

 なだらかな丘がデコボコと波打ち、一種、サハラ砂漠

もっとみる

身も蓋もないが尻だけはある

#ナンセンス

人間橋

川に夥しいほどの死体が流れていた。
 昨夜の大空襲の犠牲者たちだろう、「流れてきた」というより「運ばれてきた」、或いは「押し出されてきた」、と表現した方が適切かもしれない。浮かんだ死体の上に乗って向こう岸まで辿り着けそうなくらいぎっしりと詰まっている。「人間橋」、もしくは「人肉橋」と名付けられそうな壮観な眺めだ。
 魔羅を屹立させながらスマホで撮影していると後ろから「コラッ、何を見ているか!」とい

もっとみる

洗濯した直後
愛方のパンティを被る時より
干してるときの方が幸せを感じる

#洗濯ばさみ愛

言えなかったが、ずっとそれが欲しかったんだ。ありがとう。
5

まず相談するかどうかを相談したい

#ナンセンス

終われない歌を唄ってたら本当に終われなくなって75年目に突入して骨と皮の化け物みたいになりながらまだ歌ってる今ココ

#ナンセンス

瞬間移動のモノマネしたくて本気で突っ走って秒速5000メートル出したら肉も骨もグチャグチャになって今死ぬトコ

#ナンセンス

これが人を好きになるってことか。君のおかげで思い出せたよ!
4

ナパキャットワンチャイは常にワンチャンありそうな匂いを出しがち

#ムエタイ
#ナンセンス