バイリンガル育児

ゼリーへの執念

2歳児の息子のゼリーへの執念

息子「バーバ、ゼリー食べたい」

バーバ「さっき食べたでしょ。また後にしよ。」

息子「ジージ、ゼリー食べたい。」

ジージ「バーバもダメって言ったでしょ。また後でね。」

息子「I want to eat jelly.  I want, I want.」

母「You just had jelly, right? Drink milk, please.」

息子

もっとみる

私がインターナショナルスクールを辞めた理由part1

子育てのご相談を頂きました。
Q.「園選びどうしたらいい?」

来月から#保育料無償化 がスタートしますね!さて、みなさん園選びどうされていますか?

うちは2歳から#インターナショナルスクール へ預けていました。
それもかなりのお勉強学校(*º ロ º *)!!

朝から晩まで英語の他に右脳左脳を鍛えるといわれている#フラッシュカード や中国語、アラビア語、日本語、クッキングなど

もっとみる

私がインターナショナルスクールを辞めた理由part 2

「インターナショナルスクールってどうなの?」というご質問が多いので私の実体験を含めてご紹介します(ˊᵕˋ)

今回はpart2というこで、、、

辞めた理由▶

「子どもの自尊心を養うため」です。

え?英語できる方が自尊心がつくんじゃないの??と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね(^ ^)

ただ、日本の義務教育とされている#一条校 で勉強をするとなると日本語での理解となってきます。

もっとみる

「愛してるよ」

うちの娘は、ただいま10歳。日本に居たら小学5年生の年齢です。
私は今でも、彼女が就寝するタイミングで「おやすみ」と「愛してるよ」を伝えるようにしています。

けれど最近、とあることに気が付いたんです。
それは、「I love you」と英語で言うと「me too」と返してくれる。
(彼女は3歳から6歳半までイギリスで過ごしたので、英語も話せます)
でも日本語で「愛してるよ」と言うと「うん……」み

もっとみる
ありがとうございます!後程そちらにもお邪魔しますね。
6

ハーフの子育て:バイリンガル教育は2カ国間行ったり来たりで自然習得が理想

どうも、やんじぇです。
ハーフの子育てで悩むのがバイリンガル教育。

2カ国語に日常的に触れる機会はあるのですが、ぶっちゃけこれって熱心なバイリンガル教育と変わらないんですよ。複数の言語を少しずつ覚えさせていくやり方。

それなら、期間区切って集中的に他言語のシャワーを浴びせて自然に習得させる方がいいんじゃないかと。

現在、私と台湾嫁とは日本語、私は息子に日本語で、台湾嫁は息子に台湾語と日本語で

もっとみる

【開催報告】お母さんやお友だちと、英語で遊ぼう♪

9月1日、
初の試み「親子Englishイベント」をオンラインで開催しました!

当日は4組の親子に参加いただきました。

ありがとうございます。

「歌があったり、みんなで1つの顔をつくるゲームがあったりしたのが、
 子どもにとっても参加感があってよかったみたいです」

「テレビに出ちゃった〜って、子どもが上機嫌になりました」

などの感想をいただきました。

恥ずかしながら一生懸命英語で自己紹

もっとみる

子を「バイリンガル」に育てるのは楽じゃない

私は帰国子女だが、とある帰国子女の知人に聞かれた。

「ちまたでは幼少期から英語を学んでいるとよくないというけど、そんなの嘘だよね?英語媒介プリスクール(日本の)に通わせても大丈夫だよね?」

例えば、某東大卒人気塾講師タレントのバラエティ番組では、幼少期から英語を学ばせる親を批判している。一方で、その批判に対する批判は、学術的に誠実すぎるため地味すぎて、あまり知られていない(テレビネタにならない

もっとみる

【早期教育】でバイリンガルは難しい理論

🔵「早期教育でバイリンガル」はこんなにも難しい

⏺️赤ちゃんの言語習得にみる子どもの母語学習

⏺️大人になると忘れてしまいがちですが、子どもの言語取得は意外と険しい道のり

⬛️近子どもに英語の早期教育をさせたいと考える親は多い

・「子どもはラクラクと言葉を覚える天才」

・「子どものときから海外で暮らしていれば自然とバイリンガルになる」

➡️この様なイメージがその背景にある。

⭕️赤

もっとみる

【エッセイコンテストに入賞しました★】

おっすオラ2児のオカン!

子供を抱っこしすごて、毎日右肩が壊死して何回目の葬儀をしたかわからないところまで来ているようふふ!

それはさておき、

1年前、スーパー妊婦だった私。

出産の1週間前に夜な夜な娘が寝た後書き上げたエッセイが入賞しました。

と言っても、最優秀賞には遠い「佳作」という賞ですが賞には変わりないので来月お子を連れて授賞式に乗り込んできますうふふ

「働く」ということを通し

もっとみる