ファーストペンギン

『BMI』が越えなくてはならない3つのキャズム~『脳』とどう向き合うか~

日経電子版の記事【鬱病や不眠症を軽減? 新型ヘッドセット】は、人間の脳と直接情報のやり取りをする『ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)』の近況と将来に関するリポートです。

 『ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)』は、今活況を呈している音声インターフェースのさらに先を行く、人間の脳の活動そのものをインターフェースに使うもので、脳の働きや考えたことがそのまま情報の入出力となる、ある

もっとみる

成功体験が全くないところに頭から突っ込むのは怖いけど、ファーストペンギンって好奇心に抗えなかった奴って事だ。自分の中の未開の地を開拓していこう。

#ピクサー #サンフランシスコ #好奇心 #ファーストペンギン

もたもたしている人間に先行者利益なし

結局「すぐやる」人間が得をする

人間は賢い。あそこに行ったら怪我をするのではないかとか、これを言ったら嫌な思いをさせてしまうのではないかということを、事前に察知する能力がある。

生き残るためには大切な思考構造だが、大きなチャンスを掴むためには邪魔になってしまう。人間は、よくわからないものを拒絶する。自分の脳内の辞書になければ、「敵」もしくは「悪」なんじゃないかと疑いから入る。

「1番最初にタ

もっとみる
っっくぅぅぅぅうう〜〜〜!!!書いてよかったです!!!
33

セカンドペンギンという生き方

私はセカンドペンギン🐧だと友人は言う。

私自身セカンドペンギン🐧なる言葉を使ったことはないし、意識したこともなかったのだが、話を聞いていると間違いなくその通りだと思った。

ワインについての話は以前にもした通りだが、私が現在いまいちワインに熱狂できてない理由は、セカンドペンギン🐧でいられなくなってしまったことが大きな問題なのだという。

そもそもセカンドペンギンというのは
ファーストペンギ

もっとみる
ありがとうございます!今日のラッキーワインは泡!
7

正しいこと言うやつが1番アホ

「正しいこと言うやつが1番アホ」

teamLabの猪子寿之さんが言っていたこの言葉が僕は好きだ。個人的には「言葉で表せるものはウンコ」というのも好きだが、今回の「正しさ」についての言葉も本質をついていてすごく考えさせられる。今日は、この言葉とともに「正しさ」について少し考えていこうと思います。

まず、はじめに僕なりの解釈でこの言葉をまとめると、「誰かがやったことに対して正論を突きつけるのは簡単

もっとみる

江戸っ子の ファースト・ペンギン

昨日は気温も湿度も高く、蒸し暑い一日でした。
ところが今朝は一転、また冬のように寒く、冷たい風も吹いています。
少し小雨も降っていて、グレーの雲が空一面 広がっています。

こざる達は、いつものように わいわい お喋りしながら、
朝ごはんの仕度をしています。
「今日は平成最後の金曜日なんだよ。」
「何でも、平成最後だよねー。」
「来月になったら、令和最初の、ばっかりだね。」
こざる達は、大笑いしま

もっとみる

ファーストペンギンになれ!そしてYESマンになれ!

こんにちは。有馬拓希です。
今回のお題はファーストペンギンになれ!
そしてYESマンになれ!です。

「ファーストペンギン」とは、
集団で行動するペンギンの群れの中から、
天敵がいるかもしれない海へ、
魚を求めて最初に飛びこむ1羽のペンギンのこと。
転じて、その“勇敢なペンギン”のように、
リスクを恐れず初めてのことに挑戦する
ベンチャー精神の持ち主を、
米国では敬意を込めて「ファーストペンギン

もっとみる

カチを決めるもの。炎上するのもしないのも。

認知。

それはとても怖いものだ。

ふと思いました。

これ、怖いです。

まず、仮想通貨もリアル通貨も同じ様に、他者から認知されることでそのレートや価値が決まってきます。

資本主義社会であれば、これはルールです。

誰かが陰謀論的に固定で決めているということはありません。

社会主義国家は、政府主導のもと決定していますが、それでも誰か一人の思惑で動いているということは皆無でしょう。

私達は

もっとみる

シーサーの竹富島と思いきや竹富島は○○の島だった〜八重山諸島ツアーその5

3日目。
明け方何度か強い雨が降った西表島でしたが、7時過ぎには雲も散らばり、朝陽が差してきました。
お天気は晴れ、気温は23度。
西表島は最低気温が14度、最高気温も28度と安定した気候のようです。
本日石垣ー上原航路は通常運行。
9:35上原港発の船でいったん石垣島へ戻ります。

また来るのかな、西表島。
イリオモテヤマネコにも会ってないしね。

行きの大原港の航路と違い外海という感じで、風も

もっとみる

経営トップの視線の先~『誤差』に惑わされない中長期視点~

経営における中長期視点の重要性というのは常々言われていることですが、先頃、東京都内の記者会見でのソフトバンクグループ(SBG)孫正義会長兼社長の言葉ほど、明快で潔いものはないのではないでしょうか。

「米国の金利などは大きなビジョンのもとではすべて誤差だ。来月上がる、下がるというのはそれが得意な人にまかせる。10年、20年、30年先のビジョンを考えている。米エヌビディアは過熱した部分があったので保

もっとみる