【短編】岩と家が融合するモンサント

引きこまれるような文章を書く人をうらやましく思うことがある。あるいは、日々のあらゆる話を面白く話すことができる千原ジュニアのような人には嫉妬の感情を通り越して、尊敬の念すら覚える。
今回の訪問記は、文章は陳腐ながらも、世界の辺境の一つ、だいぶ変わった場所に行き、皆さんに知ってほしく記録をした。文章は流し読みし、ぜひ写真を見て頂きたい。

モンサントとは

モンサントはポルトガル中部の東側、スペイン

もっとみる

6月にオープンしたポークビンダルー専門店に行ってみたよ!@渋谷 ポークビンダルー食べる副大統領

初恋の味は
甘酸っぱいだけではなかった

数年前にじょいっこの中で
ちょっとしたブームが巻き起こった
ポークビンダルー。

その専門店が
渋谷に出来たと聞いて行ってきたよ。

最初、
ポークビンダルーを知ったとき
ポークビンダルーが食べられる
お店を探したのですが
都内になかなかなくて
苦労したものです。

それが専門店ですと?!
勇気があるな!

ポークビンダルーを
知らない人のために
じょいっ

もっとみる

リスボンの熱。その6

「リスボンの熱。その5」からのつづき。

「そろそろ地元の大衆食堂に行きましょう」マヤが言った。高台に登ってきた道と同じ石畳の急な坂の小道を2人でゆっくり下っていく。今日初めて会ったばかりの人と歩きながら話す時の距離感ってなんだか難しいなぁとか考えながら少しずつ黄昏ていく時間。街の色が段々と変わっていき街自体が少しずつ大人びていくように見えた。

「このお店も美味しいわよ」「このお店でファドも聴け

もっとみる

リスボンの熱。その5

「リスボンの熱。その4」からのつづき。

セウ・ジョルジュの歌にひたすら感動した後、ルイスのパートナー・マヤがカフェにやってきた。彼女とはロンドンに入る前からFacebookのメッセンジャーでやりとりをしていたけど毎回どこかそっけない人だなぁという印象だった。でも実際に会ってみると明るくてチャーミングな人だった。2つ仕事を掛け持ちしていて朝早く出かけ夜は早めに眠ることが多く昨夜私が到着した時はすで

もっとみる

ポルトガル旅行記 -10年前に読んだ本の答え合わせ

毎年恒例、夏休みの海外旅行。2019年はポルトガルに行ってきた。

「ポルトガル?良さそうだね。で、何があるの?」ポルトガルに行くことを伝えたとき、人からさんざん言われた台詞がこれ。

確かに、フランス、イタリア、スペインなどと比べると、超有名な建築物があるわけでもなく、すぐに頭に浮かぶ料理やブランドがあるわけでもない。

だけど訪れてみると、のんびりした街の空気や、親切な人々含めて、魅力的なもの

もっとみる

リスボンの熱。その3

「リスボンの熱。その2」からのつづき。

ルイスのお店まではそれほど時間はかからないはずと踏んであてずっぽうに小道をさまよい始めた。焦る必要もないし天気もすこぶるいい。

歴史も積み重ねてきた石造りの建物の2階住居部分に女性の下着も含む洗濯物が運動会の万国旗のようにはためいてるのが目に入る。「ラテンの国は大らか」ついそんな安易な言葉が頭をかすめてしまう。洗濯物の向こう側に真っ青な空が広がる。雨の日

もっとみる

リスボンの熱。その2

「リスボンの熱。その1」からのつづき。

ルイスそしてパートナーのマヤが住む家の2階の一室が私の部屋だった。家の外面は石造りの中世の佇まいのままだが内装はしっかり現代的にリフォームされている。石や煉瓦で作られた建物が多く地震が少なく崩れにくい土地柄だからこそ成り立つ考え方や歴史のアップデートだと思う。「古都」として売ってる地域以外は古い建物をリフォームしたら使えるのにすぐに壊してしまい安っぽく使い

もっとみる

ポルトガルの出生率がEUでワースト4位

少し昔の記事(と言っても二ヶ月前です)になりますが、2019年7月15日の「ポルトガル・ニュース」サイトの記事によりますと、少子化が問題となっているポルトガルの出生率がEUでワースト4位となったと報じられております。この記事は、記事が書かれた時点でのEurosatの統計データを元に書かれているようです。なのでこのEurostatからの最新データは2018年までのもの。当然ながら2019年のデータは

もっとみる

リスボンの熱。その1

2019年7月1日。もう2ヶ月以上が経ったのか。

ロンドン市内から電車でルートン空港へ。ルートン空港のエリアは市内とは電車の料金体型が少し違うらしくいつも使ってるオイスターカード(※1)ではそのまま自動改札を通れず・・。ちゃんとチャージがなくならないように入金しておいたのになぁ。。

改めて駅員さんに清算してもらってから空港行きシャトルバスに乗り込んだ。しばらく乗っていると新しいけどどこか全体的

もっとみる