聞かれてないのに読んだ本紹介する人

「〇〇って本に書いてあった」「この本がおすすめ」「株式会社〇〇の社長の〇〇さんはこういうことを言っていた」「〇〇会社のCEOの考え方がすごくて」などなど。

死ぬほどどうでもいい

お前自身の言葉で語れって思うんだよね。

飲み会とかでこういう話する人、大人になると増えてくるんですよ。「最初インチキくさかったけど、読んでみたら全然違った!」「文句言わずにお前も読んでみろ!」とかとか。

僕からした

もっとみる

いちごバター

5月29日。
数量限定販売していた成城石井の「いちごバター」を買ってきました!

食べた事はなかったのですが、以前から話題になってた事と通勤路に成城石井の店舗があったので朝一から購入に向かいました。

開店前から行列ができてたので購入できるか心配だったのですが余裕のある数量を準備していたそうで問題なく買えました!

あとは美味しい食パンを準備して食べるだけですね。

楽しみ楽しみ!

ド定番を堂々とやる。

今日仕事でちょっとした提案というかこうします~というドキュメントを見たのですが、めちゃくちゃド定番だなぁという内容でした。

でも、それを堂々とやるのもいいよねと思えたのでその話をします。

ブームは一足遅くやってきて、意外と長く続く

テレビで放映されたらブームが終わるとよく聞きますね。それは一理あってテレビで放映されることによって多くの人に伝わり消費される。一定数まで消費されてしまったものは飽

もっとみる

『私が尊敬する人』の共通点ってなんだろう?

私は主婦で、子供もいて、家事・育児の毎日を過ごしていますが、昔からかなりのミーハーです。笑。

高校生のときは、ビートたけしが大好きでファンクラブに入っていました。

「元気が出るテレビ」や「スーパージョッキー」等たけしさんの番組をたくさん観に行きました。

「冬のソナタ」の韓国ドラマが流行っていた頃は、ヨン様が好きで来日時に羽田空港へ見に行きました。

ドラマの舞台となった春川(韓国)へ旅行

もっとみる

ミーハー

平成から令和に変わる瞬間、私の体は確実に電車の中にありました。

その数分前から「変わる瞬間てどんなこと考えるんやろ」「なんか感じることあるんかな」とかぼーっと考えてたら、いつの間にか59分になっていて、何故か私はそこでスマホの電源を切り時計を外してその「瞬間」を感じないようにしようとしていました。

心はその瞬間どこにいたのだろう。
周りにはカップルやほろ酔いで今にも眠りそうなサラリー

もっとみる

ミーハー・ブランド志向な私が小さな人材系ベンチャーを選んだ理由

こんにちは、アクシス株式会社20新卒内定者の藤田裕理(ふじたゆり)です。
名古屋大学で心理学を学びつつ、エンカレッジでキャリア支援・組織運営をしつつ、保育士のアルバイトをしつつ、アクシスで内定者インターンをしつつで、忙しいながらも充実した毎日を過ごしています!
最近ハマっているご飯のおかずは「韓国のり」最近ハマっているAmazon primeは「グータンヌーボ2」です。
(詳しくは、こちらの自己紹

もっとみる

Twitterを9年ぶりに使い始めて

こんにちは!タカハシです!

昨年末より、久々にTwitterを再開しました。

再開以来、だいたい1日に1投稿くらいのペースでぼちぼちやっています。

最初に始めたのが2010年くらいみたいなので、まさに9年ぶりくらいに始めたわけですね。その時Twitterを止めた理由としては、特に覚えていません。

そもそもその当時私は小売業にいましたが、誰も周りにしている人がおらず。一人でやってもつまらない

もっとみる

郷に入っては郷に従え

日本の四季は世界に誇れるもの、日本に住んでいる方であれば賛同してもらえるのではないでしょうか?

四季がくっきり分かれていて、暑さ寒さも過酷すぎずに風情を楽しむ余裕があることって、
普段は当たり前で気づくことは少ないですが、実はすごく奇跡的なことだなと思います!

僕は座右の銘の一つに(複数あって良いのかと突っ込まれるかもですが)、「郷に入っては郷に従え」があります💡

季節ごとに訪れるイベ

もっとみる

ハーミー

ミーハーの逆をこう呼ぶことにした。

ミーハーはみんなが熱中してる、流行ってるものに対して自分の思いからでなくそうなってるから自分もそれに便乗する人のことを言う。

ハーミーは逆だ。

自分が昔から好きであったり、人気がないものが急に人気が出て、ハマってたものを流行ってるから、みんな知ってるからといってそれに対して興味を無くす人の事を言うことにした。

そんな人達は、それを大して好きでなかったのだ

もっとみる

とにかくミーハーであれ!最後に笑うのはミーハー

僕は昔から「斜に構える病」にかかっている。
バラエティー番組を見ていたって「これはどうせやらせ、とまではいかなくてもエンタメとして台本的なものがあるのだろう」とか、なんでもかんでも裏側を考えてしまい純粋に楽しめない。

そんななんでも斜に構えてしまい純粋に楽しめない僕からすれば、愛車の後ろに某歌手グループのシールをでかでかと貼ったり、ファンとして何かに熱狂しているような"自分の好きに純粋"な人たち

もっとみる