ヨセミテ

なんで「ヨセミテ」って呼ばれてるの?

壮大な景色・・・

アメリカから届いたポストカードはなんで「ヨセミテ国立公園」を描いたカードです。

テレビで見た事があるので名前は知っていたのですが「なんでヨセミテって呼ばれているんだろう?」と前々から疑問に思っていたので調べてみました。

『ヨセミテ』の名前の由来は住んでいたネイティブアメリカンの部族の呼称から付いたんですね。

このポストカードをいただいた事でひとつ勉強になりました。

ーー

もっとみる

スモーキーなヨセミテバレー(インスタ翻訳シリーズ vol.8)

英語学習として、インスタの投稿の訳してみる、というチャレンジをしています。

以前はブログを訳していましたが、

①どれを訳すのかチョイスするのに時間がかかる
②今の英語力では、読み切るまでに時間がかかりすぎてしまう。

という課題があり、気軽にできていませんでした。

インスタ投稿を訳すのであれば、これら2つとも解決できそうだなと思い、始めてみました。
コツコツつづけて、100記事くらいまでいけ

もっとみる

ヨセミテの春の象徴(インスタ翻訳シリーズ vol.2)

Red-winged blackbirds
ヨセミテ国立公園のインスタグラムより

"Conk-la-reeeee!" Red-winged blackbirds are a true sign of spring in Yosemite Valley. The distinctive trill of fiercely territorial males singing their hearts

もっとみる

インスタ翻訳シリーズ vol.1

今回の英文

バーナル滝(Vernal Fall)
ヨセミテ国立公園のインスタグラムより

The Merced River is running high, fast, and cold! Here are a few tips if you choose to do the strenuous hike to the top of Vernal Fall:
-Stay on the trail

もっとみる

シエラの夏(20)

(ジョン・ミューア著My First Summer in the Sierra試訳)

 シダより小さい羊たちはまるで熱帯の森林にいるかのようにのんびり歩いている。私が見ていると、羊の群れの全頭がシダの森の片側で姿を消し、一〇〇ヤード先の反対側の端からふたたび姿を現した。彼らがどこまで進んだかは、シダの葉が急に倒れたり揺れたりすることでのみ知ることができる。不思議なことに、丈夫な木質の茎はめったに

もっとみる

シエラの夏(19)

(ジョン・ミューア著My First Summer in the Sierra試訳)

 よく目立つのはブッシュポピー(Dendromecon rigidum)で、野営地のそばの暑さの厳しい斜面に見られる。ここまでの道のりで出会ったケシ科の植物のうち、唯一木質化する種類である。花はオレンジがかった明るい黄色で、幅が一〜二インチ、種の入った莢は長さ三、四インチで細く反っている——樹高は約四フィートで

もっとみる

シエラの夏(18)

(ジョン・ミューア著My First Summer in the Sierra試訳)

 六月十二日。ぱらぱらと雨が降った——まばらな大粒の水滴が葉や石や花びらに激しくたたきつけては、跳ね返る。東のに向かって積雲が成長している。真珠のように光る雲の親分のなんと美しいことか! その真下で水をふくんで膨張した岩と、なんとみごとに調和していることか。天空にそびえる山脈はがんじょうそうで姿が美しく、変化に

もっとみる

シエラの夏(17)

(ジョン・ミューア著My First Summer in the Sierra試訳)

 六月十一日。川の東側にある支流のうちのひとつで、滝壺のある美しい滝をいくつか見つけた。くだけちる白い水しぶき、数カ所、岩棚から身をのりだして目を楽しませてくれるカレックス(スゲ)の薮や茂み、そして滝壺のかたわらの肥沃な土地に見事に群生する大ぶりのオレンジ色のユリ。
 さかんに草を食むわれらの羊の大群にいつまで

もっとみる

シエラの夏(16)

(ジョン・ミューア著My First Summer in the Sierra試訳)

 六月一〇日。とても暖かい。私たちは野営地で使う水を、川が美しい滝となって流れおちた先の大きな窪地から運んでくる。そこでは水はよく撹拌され、しかもかきまわされすぎて埃まみれの泡がたつこともなく、生き生きとしている。ここの岩は黒い変成粘板岩で、川の流れに浸食されてなめらかなコブができており、その上をすべるように流

もっとみる