Bリーグ B1移籍動向まとめ(7/13~8/23)

今日本バスケ界はワールドカップに向けて日本代表のことで大いに盛り上がっている。この流れでバスケに興味を持ってくれて「Bリーグ見に行きたいなぁ」と思ってくれる人がひとりでも増えれば良いなぁと思っている今日このごろ。

Bリーグは新シーズン開幕が近づき、各チームメンバーが揃い始め外国籍選手も続々と来日している。アーリーカップ、新シーズンに向けてトレーニングが始まり、公開練習やプレシーズンゲームのリリー

もっとみる

Bリーグ B1移籍動向まとめ(6/14〜7/12)

2019-20シーズンあけましておめでとうございます!
前回のnoteですが、予想以上にたくさんの方に読んでいただきありがとうございました!感謝しております。

▲前回書いたnoteの続きを書きました。
ここ1ヶ月の動向のまとめと簡単な感想を書き記したのがこのノートです。主に6月下旬にかけて大きく動きました。
レギュレーションは18-19シーズンと変わらず。
ブレックスファンの一個人の独断と偏見の

もっとみる

Bリーグ B1移籍動向まとめ(〜6/13)

アルバルクが連覇したBリーグファイナルが行われたのが5/11㈯と早一ヶ月が過ぎ去った。その間各チームは2019-20シーズンに向けて動いている。ここ1ヶ月の動向のまとめと簡単な感想を書き記したのがこのノートです。一個人の感想ですが、ぜひ読んでいただけたら幸いです。

あとレギュレーション早く発表して。

東地区

強豪ひしめく東地区は2019-20シーズンも変わりは無さそうだ。むしろ各地区の猛者が

もっとみる

【クレインズは存続できるのか?】

北海道釧路市のアイスホッケーチーム「日本製紙クレインズ」は、2019年3月31日に廃部となり、70年の歴史に幕を下ろしました。

廃部に関しては人気が無くなってというわけではなく、あくまで日本製紙の業績に関連したものでした。

クレインズの存続を求める署名活動では10万筆を超える署名が集まり、クラブチームとしての存続を目指す運営会社「東北海道アイスホッケークラブ合同会社」も設立。

現在は新チーム

もっとみる

レバンガ北海道が失った今と未来

2018-19シーズン低迷を極めるレバンガ北海道。
3月30日時点で10勝40敗、B1東地区はもちろん18チーム中下位4チームが残留プレーオフへ出場する全体順位でも最下位を走り降格圏脱出はおろか残留プレーオフのホーム開催すら絶望的な状況だ。
また2月9日から12連敗中で残り10試合が全て東地区どうしの対戦というのを考えるとBリーグ記録の22連敗そしてB1初の年間50敗が現実味を帯びている。

低迷

もっとみる

ファジアーノ岡山(Jリーグ)のフロントスタッフが川崎ブレイブサンダース(Bリーグ)の試合を観て感じた、サッカーとバスケの試合観戦の違い

3/23(土)柏レイソルvsファジアーノ岡山@三協フロンテア柏スタジアムで試合があり、私もスタジアムへ行きました!

そしてせっかく関東に行ってみたので、次の日にBリーグの試合観戦にも行ってきました!3/24(日)川崎ブレイブサンダースvsレバンガ北海道@川崎市とどろきアリーナ の試合です。

初めてBリーグの試合を観戦したのですが、その演出に圧倒されてしまいました・・!!そして今回は試合中に感じ

もっとみる

第29節 3月24日 川崎ブレイブサンダース 対 レバンガ北海道 観戦記

はじめに

このノートは酒を飲みながら試合の合間合間に思った事をメモとっておいたものをほとんどそのまま載せたものです。多少誤りがあるかもしれないのでご了承ください。

1Q

試合開始早々ファジーカス左足挫いた?
ずっと引きずってる。なんで一回下げないの?
外は入るけど中は取れない川崎と中は取れるけど外が入らない北海道とは言え北海道は外は捨てて中固めてる印象で半ば外を打たされている印象の川崎

2

もっとみる

野球大好き珍獣が初めてレバンガを観に行った日、「絶対また来よう」と思った理由を話したい。@2016年の出来事

レバンガ北海道。
Bリーグ所属。
北海道が誇る地元プロバスケットボールチームである。

「Bリーグ」とは ────
公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグが運営している日本のプロバスケットボールのトップリーグ。
リーグ初年度の2016-17シーズンは2016年9月22日に開幕。
デジタルマーケティング等を駆使した攻めの改革で後に多くの成功を生み出し日本の新しいバスケットボ

もっとみる

バスケットボールキング ファンミーティング『日本代表応宴NIGHT』

「いまは対戦しててムカつくような選手はいないんたまよなあ」

レジェンド折茂武彦の声を直に聞ける喜び。

未だにトップリーグの最前線で戦う現役最年長(48歳!)かつ、レバンガ北海道の代表までやってる折茂さんは、とてもチャーミングで素直な人だった。

長くプレーする、ということについて前々から疑問に思っていたところがある。折茂さんもサッカーのカズさんも業界に知らない人はいないほどの実績と知名度があり

もっとみる

【無料ご招待、当選者の発表を行いました】

滋賀レイクスターズ 63 - 78 レバンガ北海道

レバンガは逆転で勝利を飾った前日の勢いそのまま、序盤でレイクスターズを圧倒し、連勝を飾りました!

試合開始直後から主将の多嶋選手の粘り強い守備が光り、第1Qだけで2スチール、4得点と攻守に奮闘、流れを引き寄せる展開。

第2Q以降、トラソリーニ選手とドブラス選手の両エースを中心に要所でシュートを決め、ゲームの主導権を渡すことなく見事な完勝を収
もっとみる