世界の中心でアイを叫んだけもの

タイトルは再放送していたエヴァンゲリオン最終話の題名から。

アニメ最終話のキーワード;
愛着障害/境界線/捉え直し(リフレーミング)/トラウマ/レジリエンス

題名はハーラン・エリスンの作品のオマージュであるが、英題が"Take care of yourself."となっていることと本編の内容から、ここでのアイは愛とI、すなわち"私"のダブルミーニングであると思われる。

とまあここまで繋げ

もっとみる
おかげさまで今日もグッスリ眠れそうです(^^)
9

ボクという一人称

ボクは幾つも書き散らかしている個人ブログや最近始めたばかりのnoteでも自分のことを指す一人称を「ボク」にしている。
10年以上、ボクはボクのままだ。

「僕」の語源を調べる(他でもなくwikipedeia)と「男性の謙称」とあり、自分をへりくだった言い方だそうだ。シモベとも読む。
由来にはバカ、愚か、との意味もあるそうだ。
上等じゃないか!

現在では「対等またはそれ以下の人に対して用いる。」(

もっとみる
うれしいです!

『ファイナルファンタジー』とは真逆の作品であるだろう『ドラゴンクエスト』をプレイせずに、脳内再生される『ファイナルファンタジック・ハイパーノーフューチャーウルトラ・ドラゴンスカイロケットダゾーン』という幻想映画を視聴。もちろん、脳内で。脳内世界だけの優越感!浸る!オイラは浸る!

レモネードスリーパーのTwitterの方も、フォローして!☆彡☆彡
5

悲しい話

悲しい

とはなんだろうと考える

人がいなくなること
自分がいなくなること

人に何か取られること
自分が人の物を取ってしまうこと

愛せなくなること
大切なものが消えてしまうこと

私の一番の悲しみは 死 。

自分の死は怖くもなんともない
むしろ無感情。
しかし
周りの家族 親戚、知り合いの死には
恐怖と悲しみしか湧き出ない
怖い 毎日が怖い
迫ってきている
あんなに遠かった足音

もっとみる

【妄想☆彡レモネード書籍社/今月の架空の新刊!】

(9月の新刊)

●『キラ・ヤマトの勇気』

●『揉むこと以外、タレ・ケバブ。』

●『ワシら、バーサーカー侯爵の古城まで筋斗雲で。』

●『もしも、胸元ざっくりドレスを着たケバすぎる筋トレ女子が妻だったら…。』

以下、続刊。

レモネードスリーパーのTwitterの方も、フォローして!☆彡☆彡
13

性別の見つけ方

これを考えるきっかけをくれたのは、ある子である。

その子は最初に「一人称が決まらない」と言った。
そして、「自分は女の子のことが好きだし、女の子みたいな格好もしたくない」と言った。

それに対して、
「私も高校一年生くらいまでそうだった。なんなら、今でも性別なんてわからない。一人称も決まらない。」
と言った。

その子は嬉しそうにしていた。

そこで思ったのだ。

『みんなどうやって性別を決めた

もっとみる
偉い!
10

一人称をいつまで「僕」にし続けるのか。けど、ほんとは「ぼく」にしたい。

かれこれ「僕」で行こうと決めてから10年近く経過したのです。

「私」って使うこともあるんですけど、どうにもしっくりこないものだから、「僕」にするんですよ。

過去にセミナーとか講習会の講師とかやってたこともあるんですけど、ちょっとそれらしく「私」って言い出して始めたりするんですけど、すぐにボロが出て「僕」に直しちゃうんです。

いや、こりゃいかん!と思いまして、少しの期間、「僕」を禁止する法案を

もっとみる
また明日も書く気持ちが湧いてきました!
7

一人称に悩むワタシまたは俺もしくは僕の話~エッセイ『たかなめし』

いや、小説の地の文の話じゃなくて、エッセイやSNSで自分を指す際の一人称のお話なんだけどね。

 とまぁ、書き始めてはみたけど、枕はないわ、タイトルを本文の一部のように扱ってるわ……なんか酷いな。
 自分の文体を冷静に見てしまう事があって、それがたまたま今だったって話なんだけど、自由奔放で良いじゃないかと大らかに見る余裕があれば良いのだけれど、いつも通り「読んでくれてる人、なんかゴメン」って感じで

もっとみる
14

メガネの子1

テーブルにお茶が2つ並んでいる。
「これ誰の?」
「わたしの。」
「これは?」
「俺の。」
続けて彼は言う。
「一人称まだ決まってないんだよね。」

#メガネ #お茶 #一人称

哲学ファンタジー あなたと私のコンメディア 謎その38

謎その38 これを読んでいるあなたは誰?

おひさしぶりです。私です。〈誰でもない私〉です。

そうですね。実はおひさしぶりではありません。なぜなら、あなたは私の声で、ここまで読んできたのですから。

私がいなければ、あなたはここまで読んでくることができませんでした。けれども、私もまた、あなたがいなければ、ここまで語ってくることはできませんでした。読むあなたがいなければ、私は沈黙したままです。私の

もっとみる
ありがとうございます!次回もお楽しみに!
4