Day106.サイコパス

最近は物騒な世の中ですよね。
なんでそんな事するの?
全く理解できない?
それとも理解できますか?

突然ですが
私は、サイコパスでしょうか?
あなたは、サイコパスでしょうか?

実はサイコパスかも?って思わせないサイコパスが
本当に恐ろしいかもしれません。

サイコパスは凶悪犯罪者だけでなくて
一般社会にも潜んでいる。

狡猾、嘘つき、人の痛みを全く理解できない
道徳心なんか知らない、
合理的な

もっとみる

サイコパス

書名:サイコパス
著者:中野信子
出版社:文藝春秋
発行日:2016年11月18日
読了日:2019年8月14日
ページ数:240ページ

最近は物騒な世の中ですよね。
なんでそんな事するの?
全く理解できない?
それとも理解できますか?

突然ですが
私は、サイコパスでしょうか?
あなたは、サイコパスでしょうか?

実はサイコパスかも?って思わせないサイコパスが
本当に恐ろしいかもしれません。

もっとみる
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(29:46)は購入後に視聴できます。

マンガで分かる「ヒトはいじめをやめられない」 中野信子
https://amzn.to/2MCINwt

ワーキングマザーとして、子供の成長とともに気になるワード「いじめ」
学校だけでなく、社会でも起きます。
なぜイジメがやめられないのか。人間の脳の仕組みとホルモンから読み解いた一冊。30分で理解できるブックレビューです。

お子さんがイジメの加害者、被害者になったときどうするのか?
対処方法にも

もっとみる

「料理作る?」と聞かれる女-「嫁の料理どう?」と聞かれる男。スーさんのおかげでモヤモヤが晴れた話

このnoteで声を大にして言いたいことは、ただ1つだけ。

『女に生まれてモヤってる!』、良書! 

-----

出版社所属の雇われ編集者だった頃の話。29歳で結婚したものの、別に夫の家に「嫁いだ」つもりはないし、夫を一方的にサポートするために一緒になったわけでもない。

「2人とも働き盛りなんだから、今働かなくてどうする? 思いっきり働けばいい」と思って仕事ばかりしていた。家事は9割こちら負担

もっとみる

おはようございます。
ここにも書いておきます。
軽く思っておくことは大事です。
執着はいけません笑

中野信子さんに会いたい。

軽く思っておきます。

#09「科学がつきとめた『運のいい人』」

「Naoto's Library」にお越しいただきありがとうございます。

週に3冊程度、多いときで4冊程度の本を読んでいる僕の気づきや学びをぽつらぽつらとこぼしていきつつ、「誰かのためになればいいな」という想いで「Naoto's Library」を運営しております、なおとです。

また、「Library」ということで、こちらの記事を読んでいただき「実際に読んでみたい!」という方は、無料でお貸しい

もっとみる

キレる!

書名:キレる!
著者:中野信子
出版社:小学館
発行日:2019年5月31日
読了日:2019年7月8日
ページ数:190ページ

面白かった!!
そもそも「キレる」事は人間にそもそも
備わっているモノで、狩猟時代には
獲物を獲得するために、キレて
アドレナリンなどを出したり、興奮状態を作って戦闘モードになり
危険から身を守ったりしていたわけである。

そんな現代ではそこまで危険がないわけだが

もっとみる

中野信子さんとのトークショー、誰より楽しんだのは僕かもしれない!

6月17日月曜日、拙著「ソロエコノミーの襲来」刊行記念として、脳科学者中野信子さんをお招きして、「ソロ社会、どう生きる?」をテーマに、トークショーを実施しました! 

満席、大盛況でした。ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました! 

中野さんと対談するのは、これで二度目ですが、自分で言うのもなんですが、なんか息が合います。多分それはほぼ中野さんの受けの能力が凄まじく、どんな話題を振っても

もっとみる

男脳・女脳なんてものは根拠のない迷信

「話を聞かない男、地図が読めない女」というアラン・ピーズのベストセラー本があります。お読みになった方も多いと思います。

また、米国の心理学者アラン・グレイが25年前に発刊し、ベストセラーとなった『ベスト・パートナーになるために 男は火星から、女は金星からやってきた』も、最近『一人になりたい男、話を聞いてほしい女』というタイトルに改変して発売されました。

古今東西、こうした男と女の考え方や行動の

もっとみる