企業文化

降りかかる問題は選べないが、問題を解く態度は選べる。「7つの行動規範」の先にある未来とは?

ベンチャー企業と、次々に襲いかかるトラブルとは、切っても切れない関係です。特に前例のない大きなチャレンジをしていれば、なおさらです。

「起業とは、問題でできている」

これは、現Oisix ra daichiの社長にして、『Oisix』を2,000年に創業した高島宏平さんの言葉です。

誰も成し遂げたことのないインターネットでの生鮮食品の販売という事業に挑戦し、創業当初は、あまりの問題の多さに毎

もっとみる

「よりオープンでつながった世界をつくること」「居心地よく成長する場をつくること」

「よりオープンでつながった世界をつくること」

フェイスブックのミッションです。

『OPTION B』という本を読んでいて

会社のミッションは「よりオープンでつながった世界をつくること」で、企業文化にもその精神がはっきり表れている。

と書いてあった。

何て分かりやすいミッションなのだろう、このくらい簡潔に、かつ明確に、何をする会社なのか分かると、働いている人の力を同じ方向に向けることができ

もっとみる
読んでいただけるだけでもありがたいのに、スキまで…本当にありがとう!
4

【シリーズ企画】わたしが考えるティール組織とは?「スリーシェイクの、いわばカルチャーのようなものです」

こんにちは。スリーシェイクです!

当社は、チーム全体で戦うティール組織(自走型組織)であることを今年1月より正式に宣言しました。「全員が主役で、お互いを尊敬し合うチームを目指す」をモットーにしつつも、その捉え方は社内でもさまざま。試行錯誤しながら、ベストな形に近づけている段階です。

今、ビジネス界隈でも話題のワード「ティール組織」について、メンバーはどう考えているのでしょうか?そんな問いに答え

もっとみる

20人のメンバーで食卓を囲む。「みんなで食べる」を大事にしている私たちの働き方。

「みんなで食べるって、豊かですよね。」

私たちはユーザーさんからそんな声をいただくたびに、「キッチハイクは、未来に必ずあった方が良い」と改めて認識することができ、その声が活力となってます。

キッチハイクは、「食でつながる暮らしをつくる」を企業理念に掲げた「みんなでごはんを食べる」サービスです。

そして、その開発・運営をしている私たちも「みんなで食べる」を毎日の習慣とし、さらに福利厚生として取

もっとみる

スタートアップと協業できるエコシステムとは

日経電子版の記事【スタートアップが評価する大企業、1位はKDDI】は、企業がスタートアップとの協業を通してオープンイノベーションの果実を獲得するには、どのような点に気を付けなくてはならないか、改めて考えさせてくれます。

 一口にスタートアップとの事業連携と言っても、実際に双方の歯車が噛み合わず、結果が出せなくては意味がありません。記事から、参考になるヒントを拾ってみると――

▶スタートアップと

もっとみる

タフガイ・マッチョ政治(2015)

タフガイ・マッチョ政治
Saven Satow
Dec. 16, 2015

「思想宣伝には秘訣がある。何より宣伝の対象人物に、それが宣伝だと気づかせてはならない。同様に、宣伝の意図も巧妙に隠しておく必要がある。相手の知らぬ間に、たっぷり思想をしみこませるのだ」。
ヨゼフ・ゲッベルス

 21世紀に入って以来、日本の政治の体質は「タフガイ・マッチョ」になっている。これは男性中心主義や蛮勇のことでは

もっとみる

Netflix社の人事施策を取り入れたら、オープンな企業文化が醸成され始めた話

「オープンな企業文化を作りたい!」
従業員や求職者との情報格差をなくすべく、多くのスタートアップがオープンな企業文化を大切にするようになりました。

とはいえ、
・どんな施策を始めたらいいか分からない
・DM禁止がオープンな文化に役立つのか疑問
という課題や疑問を抱えている方もいらっしゃると思います。

弊社もまさしく同じ状況でした。
そこで守・破・離の精神でNetflix社の人事施策のひとつ「ス

もっとみる

「組織が変わらない」という経営者の悩み

経営者から、よくこんなお悩みを伺います。
「組織を変えようとしているんですけどね。なかなか変わらないんですよ」
 
一社員から見ると「トップだから組織なんて自由に変えられるでしょ」と思いがちです。かくいう私も若い頃はそう思っていました。しかし現実には、組織はトップの一存ではなかなか変わらないのです。
 
たとえばトップが「もっと外に出てお客様から学ぼうよ!」と言っても、部下はなかなかそのように行動

もっとみる

企業は文化で決まる

どーも!「SHIFTGOOD」のタカハシです。

「企業は文化で決まる」

なんて、いちサラリーマンの自分が言ってすいません!と言いながらも、全然すいません!なんて思ってなかったりします。

というのは、サラリーマンだかこそ分かることがあると思っています。

その中でも特に思うのは、これですね、

「企業の文化」

です。

多分経営者やステークホルダーよりも、現場の社員は企業の文化を肌でひしひし

もっとみる

ESとは??

みなさんは「ES」という言葉をご存知でしょうか??

ちなみに、エントリーシートではございません笑

「Employee Satisfaction=従業員満足度」といいます。

これはどんな要素があるかというと、

①ビジョンへの共感
②マネジメントへの納得感
③参画、業績への充実度
④企業風土の快適さ
⑤就業環境の快適さ

などがあります。

また、従業員満足度は顧客満足度にも大きな影響を及ぼ

もっとみる