自然に還りたい欲求

関東に10数年ぐらい住んでますが、断捨離と生活のシンプル化を進めていくとゆっくり暮らせて自然の多い場所に移住したいなと思うようになってきました

生活に求める優先順位が消費中心から「静けさ」と「ゆっくり暮らせる」にシフトすると、都市部はノイズ(余計な情報)が多くてしんどくて、どうしても時間に追われやすい。

田舎に住みたい、と言うよりは緑豊かで人が集まり過ぎていない場所に移りたい。

人が多すぎる

もっとみる

面接行きました所感

分かってはいたけど結構消耗した。

聞かれたこと
・xx年間いた○○社はどうして辞められたんですか?
 →会社が移転してしまい、
   ✕ 通う気力がなくなった
   ○ 遠方通勤となり、家族も同居しているため引越し出来なかった 

・どうしても週○日じゃないと駄目?週5日働きたくない?駄目?
  →✕ 駄目。こちとら余分に働きたくないんじゃボケ
     ○ シフトによってはその限りではございま

もっとみる

幸福論「足るを知る」【無職の日常】

無職だと目覚し時計やスマホのアラームを使う必要がありません。こんにちは、ババアかつ無職です。無職=自分の時間を自分だけのために自由に使えるということです。

わたしが専業主婦といった大それた肩書を使わず無職と名乗っているのはこの理由が大きいですね。だって、専業主婦(主夫)の方や兼業主婦(主夫)の方って、この日本では相対的に一番「自分の時間が少ない」「家族のために時間を捧げている」方々じゃないですか

もっとみる

あなたが苦しいのは社会システムが狂ってるから。だから勉強しよう。

あなたが苦しいのは社会システムが狂っているからです。

と誰か政治家のひとが言ってた気がするんだけども。

そのとおりだと思います。

つまり、まともな人からすると、社会はわけがわからない謎の対象ってことなんだ。

でも、この社会で生きていかなくちゃいけない。

わけがわからない謎と共存するのは、かなりリスクが高い。

というか、不安で恐怖でしかたがないだろう。

未知のものほど怖いものはないとい

もっとみる

時間を止めて

日曜の夜から月曜の朝にかけて、
憂鬱な気持ちになりますよね。

サザエさん症候群という有名な言葉がありますが、そろそろこれに代わる言葉が出てきてもいいんじゃないでしょうか。

日曜の夜の憂鬱と、月曜の朝の気怠さを、言い得て妙な比喩表現で、面白可笑しく例えてみてよ。と妻に言ってみた。晩酌しながらアイデアフラッシュ。

夕暮れのサンデー
終わっちゃう日曜日
おうちに帰りたい
誰もいない公園
恐怖の

もっとみる

労働条件

次のバイトの目処が立ちそうなので、働くにあたっての優先順位を諸々書き出してみるテスト

1 労働日数

週5フルタイムはどんな仕事であっても精神クソ擦り減るのでこれが1番重要。天下の○イクロソフトとか週休3日を推進してるらしいですが早く標準になってほしいと心底思う。

最早働く日数を多少減らそうが増やそうが日本経済オワコンなので働く側は自分の命(時間)を無為に削らないのが上策かと。

2 環境(人

もっとみる

やる気のない仕事に対して向き合う話

母親と仕事の話をしていた

僕が今の仕事に対して何の感情も情熱もやる気も無いということを話したら「そうなん?」という軽めのリアクションが返って来た。

実は母親も仕事はどちらかというと嫌いな方で、何度も辞めてやるという思いがあったらしい。
その上母親は元々どんくさい方だった、と話す。
僕もどんくさい方だ。
親父も「仕事が遅いから」という理由で休日を返上して職場へ行く。
これもまた遺伝だろうか…

もっとみる

働きたくないことに気がついてしまった

金無し男無し仕事無し40歳目前バイト、バツイチ

と書くと絶望感しかなく、

仕事を受けても受けてもどこにも採用されず。

よくある、院卒女性の貧困を絵に描いたようだな、と自虐する。

ここでスピリチュアルっぽい話。

どうやら現実に起きていることは潜在意識の反映らしいですよ。

じゃあ、バイト先で毎日女性同士揉めているのも潜在意識の投影なのか?

もうちょっとバイトとかじゃなくてそれなりの仕事決

もっとみる

仕事が遅い

10月2日

 おいらの仕事が遅いと情報が上がっていると言われた。

そんなつもりはないが。

てか、もともと今やってる仕事は応援程度で少しやればいいと言われていたのをいつの間にかメインでやらされていて、こっちは文句も言わずにやっているんだから、ごちゃごちゃ言ってほしくない。

もう辞め時だな。

33歳でニートはもう人生詰んだも同然。

親が死んだら…生活保護でも貰ってしまおう。

しんどい悪夢見たので寝起きでいきなりトイレ掃除した
前前職のとこで違う部署に配属されて1日放置プレイされて辞めようって思ったとこで目が覚めた
普通にあるあるすぎてきつい(́・ω・)

自分はそういうの嫌だから新人さんが放置状態の時によく声掛けしてたなーというのを思い出した