自らを傷付けた友達が教えてくれたこと

何年も前のこと、
中学2年生だった私は、いつものように家の近い友達と学校から家に向かって歩いていた。

その子とは8歳からご近所で、何年間も毎日、
一緒に学校へ行き、一緒に帰っていた。

その子は少し、
人間関係を築くのが苦手な子だった。

良くも悪くも思ったことは相手にズバズバと言う性格だし、相手が少しでもツンとした態度を取れば、自分も気にしてないよと言わんばかりにツンツンした。

思春期

もっとみる

20190917MacBook Pro注文したよ!

今使っているMacNook Airは7年も使っている。このところどうしようか悩んでいたのね。

何故悩んでいたいのかというと、
 1)Android Studiのエミュレータの動作が遅い
 2)今度のOSアップデートが最後になるのではないかと言う思い
 3)動きがおかしいときがある(頻繁ではない)
主なところはこんなところね。

それで、今日思いきって注文したのね。これでまた7年から8年は使えるで

もっとみる

火災現場に遭遇した話

日雇い派遣をしていた頃、火災現場に遭遇したことがある。派遣先や勤務中ではなく、帰りにたまたま見かけたのだ。
 
 その日、仕事を終えた私は仲間らと派遣先の現場で解散した。現場から自宅までは4キロほど。近くはないが歩いて帰れない距離ではないので気長な気分で家路に向かった。
 自宅まであと半分というところで何かが燃えるような臭いがしてきた。見ると灰色の煙が上がっている家がある。火事だ。ちょうど時間もあ

もっとみる

今日の出来事9/16

今日は子供の上靴を洗い、疲れてしまったので横になっていました。

そしたら子供が突然、お皿を洗いだしました(笑)

洗い物は1つしかなかったので 別に洗ってもらわなくても大丈夫だったんですけど、その1つに何分もかけて丁寧に洗ってくれました(笑)

褒めてほしそうに、何かを待っている子供(笑)

私「ありがとね」

子供「んっ⁉️なにが❓」

私「お皿洗ってくれて ありがとね」

子供「別に。いいよ

もっとみる

心の中にある豊かさ

人の心はもともと豊かなのだ。
豊かさを追い求める必要は無いのだ。
外に因があるものではないのだから。

相手が間違っている。
他人がわるいと思う心。
価値の違いを認めない心。

やらなければ、
結果が出ないという考え。
豊かさとは正反対にある。

人は人をなぜ咎(とが)めるのか。
咎めた時から相手は、
自分を咎める存在になる。
相手の心を変えたい心が跳ね返る。

小さな花を見た。
小さな美しい世

もっとみる

誰かの傷に傷つく覚悟をその場でできるか

ひとが倒れていた。倒れていた、というより、地面に、逆さまに、刺さっていた。道路より一段高くなっているコンビニの駐車場、その際に自転車を停めようとして、そのまま道路の方へ向かって前のめりに、自転車ごと、倒れたようだった。

私はといえば、駅の駐輪場からのんきに自転車を漕ぎながら出てきたところで、突然その光景が目に飛び込んできて、反射的に自転車を降りた。明らかに、やばかった。ちょっと転んだとかじゃない

もっとみる

体験の中に、踏みとどまれ

今日は少し涼しくなるかな… と思っていたが、期待は失望の母となり、気温は少し下がったのかもしれないが、逆に湿度の不快感は高まった感じすらしていて、二件、仕事で出かけて(それ自体は順調に進み、いい日だったが)体力的には酷く消耗した日だった。

2001年の9月11日は、梅田のガーデンシネマ(だったかな?)のレイトショーでテルミンの映画を観て、そのラストシーンはたしかマンハッタンだったのだが、当時住ん

もっとみる

20190909昨夜の台風はすごかった

台風15号は風雨がすごかった。

この前の雨で雨漏りしたところは疑わしいところを仮処置をした。その効果か雨漏りは1カ所で済んだ。今度もう少し丁寧に処置をしよう。

一番ショックだったのは、モミの木が倒れていた。フェンスで持ちこたえて完全に下に倒れてはいない状態。去年の台風ではこのモミの木の枝が強風で揺れて瓦を5網ほど落とされた。枝は切ったので瓦に触れる状態にはなっていない。なので今夏は瓦には影響し

もっとみる

夏休みを終えて

夏休みに やった宿題が返ってきました。 

いろいろ間違っていました。

「お・を」のどちらかを選択するとか、「へ・え」のどちらかを選択するのは、最初は難しいと思います。この間違い分かります。

⬇︎次は おね□さんの四角に入る問題

おにいさんに つられて、

おねいさんって書くなら まだ分かりますよ。

おねねさんって(笑)

そして朝起きる時間 (7時10分)(笑)

夜 寝る時間 (9時2

もっとみる