切り口

切り口を変えるコンセプトこそ感動を生む!

もしかして、あなたは、他社と同じような商品・メニューを売っていませんか?
もし、そんなモヤモヤが心の中にあるなら売れるメカニズムを理解した上で
「ホンネ」を再定義することが重要かもしれません。

ホンネと感動はよくにています。
「感動」と言えば、今の日本代表のラグビーかも
しれません。

その日本ラグビーの歴史を変える大きな仕事をやってのけましたね!
日本代表のチームソングの「ビクトリーロード」が

もっとみる

切り口

科学よりもアートから

切り込んだほうが

感受性が開くよね

#切り口
#科学
#アート
#感受性

何をどのように見ているのですか?

こんにちは。
株式会社プロタゴワークスあかねです。

僕は音楽を聴くのが好きで、ジャンル問わずに聴いていて、自分がカッコいいと思う音楽に出会うととてもウキウキしてしまいます。でも、自分で音楽を奏でる術は持っていません。どんな楽器もできませんし、もっと言うと、ただ好きなだけでいわゆる「耳が肥えている」わけではないのであまり音楽の細かい部分まで聞き分ける事ができません。

3ピースバンドの楽器の音の違

もっとみる

相手の気持ち

いきなりご無沙汰だったのにビジネスの事を話す。

皆さんは相手がどう考えているか感じる事ができますか?

今自分がこの話をすると相手はどんな気持ちになるか感じる力有りますか?それを気にしすぎてビビり過ぎてもダメですが、全く考えないのもダメです。

相手に興味があれば偶然はあるかもしれませんがそれ以外では相手はセールス臭を感じてしまいます。上手く信頼が積み上がりません。

切り口を変えていきましょう

もっとみる

見飽きた風物詩も、切り口を変えれば新しい

こんばんは、柴玉あっこです。
適当に徒然です。

昨日の今日で、桜かなり咲いとるなぁと思いました。

桜を見上げながら通勤しているサラリーマンたちに混じって私も桜を見上げました。
数年前までは心踊っていたであろう、日本の桜でした。

キレイなんだけれど、見飽きてしまった風物詩。

とりあえず、皆に合わせるか。
ヤケ糞になってスマホで写メりました。

朝日特有の逆光で、画像の中の桜は儚さとは程遠い姿

もっとみる
3

https://ameblo.jp/kayaori-saraki

どーも読めーぬ。最近、タバコと使い捨てカイロの┣切り口┫の位置がなぜか変わった。双方、ブツの真ん中辺りに移動したものだから、実に切り&出しにくい。ニッポンは法治国家ゆえ、《切り口設置法》が改正されたとか?え!?…んな法律、ないって?

[2018年のmake]“あらためまして”のキャッチコピー

2018年は、ひとつ、キャッチコピーの学び直し&アウトプットをしました。

もともとライティングやデザインの過程で、文言を考える機会は多分にあったのですが、
どちらかというと「ここにいれるのついでに考えて」的なものが多く、なんか納得いかない!と思っていました。

つまり、こういう状態にしたかったのです。

今思えば恥ずかしいくらい勘違いな自信もあったんですが(恥ずかしくてほんと死ねる)
身の丈を改

もっとみる
あなたにいいこと、ありますように
1

切り口を授かる

noteを始めて1ヶ月ちょっと。『お題』の存在がとてもありがたく、結構助けられている。

つい最近のこと。
noteに書こうと決めていたテーマがあり、流れも出来ていて、タイトルも決まった。でも5行くらい書いた後、止まってしまって先が書けない。
何だか拗れている感じがするのだ。

次の日。出てきたお題『熟成下書き』を見た時、こっちだ!と。
すでに書いていたタイトルも最初の5行も全部消して、書き出しか

もっとみる
寝落ち💤😌💤
3

シリアスをコミカルに

うーむ。

しかしこういう切り口はよく見かけるものなので、予想を裏切りたい気分でいっぱいになってきて、うーむ、と唸っている。

以前、「時間」という小説を読んで何かしら発表をする機会が学生時代にあり、その時に考えていたことが今も僕の世界観の一つとなっている。

と言いながら、何を書いたかいざ思い出そうとするとうろ覚えなようだけれど、世界観の一つになっていることなら分かる。

だって僕の世界観なんだ

もっとみる

【営業の教科書NO.31】アポ取りアプローチの切り口

メールを2回送っただけのアプローチでアポ率は約6%になった方法

〜今日のポイント〜

・アポイントをもらう理由は複数ある
 1)提案 2)ヒアリング
 3)名刺交換 4)ご挨拶
 5)上司紹介 6)資料渡し

・入り口の表現・魅せ方を変えるだけで相手の捉え方・反応が変わる
・「インタビュー」「アンケート」は営業感の薄い切り口
・人は基本的に人は営業される・売り込まれることが嫌い
→無意識に警戒心

もっとみる