利上げ

初心者のためのファンダメンタルズ分析(2)

前置き

前回の続きになりますが、「ファンダメンタルズといっても様々な要素からなるものなのにどうして金融政策に絞って話をしているのか」と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。以前の記事にも書いているのでが、私はファンダメンタルズ分析を二つに分類しています。一つは、パソコンに計算させるタイプの分析で、もう一つは、要人の発言など、文脈や行間を読むタイプの分析を必要とするものです。

パソコンに計算

もっとみる
励みになります!
2

初心者のためのファンダメンタル分析(1)

以前の記事で、「各国の中央銀行が金利政策と銘打って、市場にお金をバラまいたり、引き上げたりします。そして、どのタイミングでそれを実行するのか、前もって発表する。」と書きました。ただ何でお金をバラまいたり、引き上げたりするのかや、どうして前もって行う事を発表するのかついては、詳しく書いていませんので、今回は、その事について簡単に書いてみたいと思います。

まず金利政策についてですが、中央銀行の仕事は

もっとみる
ありがとうございます!
4

[分かりやすく解説] 利上げ・利下げって何?

最近、ニュースで、アメリカが利下げ!とか、利下げ圧力が!とか耳にする事ありませんか??

この記事を書いている今日も、パウエル議長利下げ示唆!というニュースが流れています。でも、こんなに毎日のように利下げだの、利上げだの言われているけど、そもそも利下げ・利上げって何??って感じじゃないでしょうか。

はい!そこで、今回は、利下げ・利上げについてめっちゃ分かりやすく解説しようと思います!

iFin

もっとみる

金利と経済を読み解く③ -EU-

金利シリーズの第三弾はEU(と英国)に関して、勉強します。

本日の内容
1. そもそもEUとは
2. EU経済圏の金利
3. EU政策金利の歴史
4. 英国を取り巻く現状と今後のEU経済

1. そもそもEUとは
まずはEUを復習します。
EUはEuropean Union(ヨーロッパ連合)の略で、1993年に発足した世界最大の共同経済圏である。

細かい歴史は下記の通り

(Wikipedia

もっとみる

米国発世界同時株安 ~予測経路のミッシング・リンク~

ミッシング・リンクと言えば、例えば古生物学の世界で、進化の過程の古い段階と新しい段階の中間に位置する化石が発見されていない状態を指して使われる言葉です。

ミッシング・リンクは、それが過去に属する未発見の部分を指して使われる分には、既に決定されている現在の状態に何ら影響を及ぼしませんが(例えば、どのようなミッシング・リンクが発見されようが、されまいが、現生人類は現生人類)、将来のまだ起きていないこ

もっとみる
スキありがとうございます!

トランプ相場はいつまで続くのか? ついにテスラモーターズまで上げてくる

JPM JPモルガン チェース
NVDA エヌビディア
S スプリント
TSLA テスラ モーターズ 

 現在、僕が保有してる株はこの四つ。
 人工知能やVR関係の「エヌビディア」は相変わらず好調に上げてます。 
 「JPモルガン チェース」が次点です。
 「ドイチェバンク」(破綻危機も囁かれていたが財務が改善)も保有していましたが、ここの所、足踏みで手放していましたが、また買い戻します。

 

もっとみる
ありがとうございます
8

【3/22】円高一服、4月米利上げを示唆

先週はFOMCの声明により、米利上げは見送りされました。

これを受けて、1ドル-113円から111円まで円高となりました。

一時は110円まで加速しましたが、3/22の6時の時点では111.9円と円安の方向に動いています。

円高が一服したように思えます。

■4月利上げの可能性

米アトランタ地区連銀のロックハート総裁は21日、米経済には早ければ4月の利上げを正当化するだけの十分な弾みがつい

もっとみる

【3/16】FOMC声明を発表!米利上げペースは緩やかに

米連邦準備理事会(FRB)は
16日まで開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)で、
政策金利の据え置きを決定しました。

だが米経済の緩やかな成長と
力強い雇用の伸びを受けて、
今年再び利上げすることが可能との認識を示しました。

■緩やかな利上げペース

FRB当局者の金利見通しでは、
年内2度の25ベーシスポイント(bp)利上げの
可能性が示されました。

昨年12月時点では年内4度の利上げ

もっとみる

【2/3】米原油在庫増加も利上げ後退が好感

2/3の経済指標は冴えないものでしたが、
NYダウは反発しました。

■米原油在庫が増加

米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)では、
国内全体の原油在庫やガソリン在庫が予想を大きく上回る
増加でした。

そのため、一時は売りが強い展開でした。

■追加利上げ観測が後退

米国の1月ISM非製造業景況指数(総合)の大幅低下を受けて、
連邦準備理事会(FRB)の追加利上げが後退しま

もっとみる