地域包括ケア、ナラティブアプローチには、「対等な姿勢」と「切り札」。。

今日は!士載です!

ツイッターで、フォローさせて頂いている、
お医者さんと社会福祉士さんの考えに
インスパイアされて、この記事を書いています。。

そのお医者さんのブログ、社会福祉士さんのツィートを
引用させて頂くコトから始めさせて下さい。。

お医者さんのブログは以下です↓
https://drdm.kotonoha-group.co.jp/entry/2019/08/11/230344

もっとみる

全てが循環する世界を創る

今の活動の大きなビジョンというのがあります。

それは、

「全てが循環する世界を創る」

先日、友人の記者さんが「みやこちゃんの話していること自体がSDGsそのものよね」と言ってくれてなるほど・・・と思ったのですが、

例えば、高齢福祉を実現するためにはそこで働く人たちの雇用環境も整えなければならない。そうなるとその家庭が健全となるように、働き方を考えなければならない。
そうなると、子育て支援、

もっとみる

相談された時に、相手の情報が把握できないという問題

子ども食堂、こども宅食、民生委員、その他色々・・・。

これらは、問題を抱えている場合に相談できる一つのきっかけであると思っていて、おかげさまで、長年やっている分とにかく沢山の相談が来ます。

不登校、DV、虐待、貧困問題、障害とにかく色々。

私のところに来る相談というのは、元々どこかの支援が入っていて、それがうまく機能していない場合に来ることが多い。※他の方の場合も、大概がそういうケースなのか

もっとみる

第2章 なぜみやこやをつくったのか_・地域包括、在宅支援という考え方そして課題③

民間の施設の栄養士・指導員を経た後、事業団へ転職。
事業団・・・向陽の里(知的障がい者総合施設)、青島学園(児童養護施設)にて総務を経験。この時期に「事業団解体」「社会福祉基礎構造改革」「会計基準の転換」「介護保険」が一気になだれのようにやってきます。

さて、私は子どもを出産した後青島学園へ配属となりました。青島学園は児童養護施設になります。児童虐待他社会的な支援が必要となる子達の施設になります

もっとみる

未だ治療法が確立していない「奇病」との戦い。

ちょうど一か月ほど前
この道を通った夜だったかと思います。

松島や…ああ松島や…松島や…

などと、北海道に居ながら
松島を詠う独創的な発句が炸裂し、どこまでも続く赤いテールランプが綺麗でした。

大雪が降ったという訳ではありませんでしたし、車が長い列を作っているという訳でもありませんでしたが、

これだけは確かでした。

何でもないような事が幸せだった。

ということです。

そんな

もっとみる

ワタシタチメソッド勉強会

昨日は「ワタシタチメソッド勉強会」

今回で3回目なのですが、日を追うごとに盛り上がりを始めています。とにかくリピーター率が高く、案内をして2週間くらいには定員をオーバーしてしまいました。

大きなテーマは「地域包括ケアシステム」なのですが、話す内容は様々であり、参加したメンバーによって内容が色々と変化していきます。

私自身が非常に学びのある場になっております。

最初の30分は、毎回同じ内容で

もっとみる

第1章 ようこそ「みやこや」へ_アウトカム

みやこやを中心とした自治会単位の地域包括ケアシステムを作るという構想のもと、進められたこのプロジェクトですが、立上げ時に「見える化」しておこうと「アウトカム」の図式を作りました。この図を元に約2年間運営をしているのですが、あと少しのロジックを完成させたらほぼ完成です。

丁度、去年より私自身が民生委員を始めたという事と、スタッフさんたちが自治会の役員であるため、ジワジワと自治会との連携もスタートし

もっとみる

総合型事業とは

今回、みやこやでは、通所型、訪問型の短期集中型(C型)をすることになったのですが、では一体総合型とは何か?

厚労省HPより抜粋

主に、訪問型と総合型に分かれます。

自立支援を目的とした支援サービスになります。現在では地域包括センターのケアマネージャーがケアプランを作ります。サービス開始時には担当者会議を行い、それからスタートします。

↑ 厚労省のものを抜粋。この図は地域包括ケアシステムの勉

もっとみる

ワタシマチメソッドの基本

ワタシマチメソッドの基本を先に書いておきます。

1.恒常的な居場所

2.口コミ力

3.コーディネート力

この3つがしっかりと揃っていることが一つの条件なのかもしれません。

地域包括ケアシステムと、上記の「基本」がどうリンクするの?

という疑問が沸いてくるかと思います。それは、これから順を追って書いてみます。

私が新しい地域包括ケアシステムの構築をしている話を発信してみると、県内外から

もっとみる

ワタシマチメソッドとは_その2

ワタシマチメソッドは何かということで、少し書き綴っています。

前置きが長くなると、おもしろくないので、今回で終えて次回より本題に入ります。

ワタシマチメソッドというのは、元々、自分の住む町を「施設」に見立てたとき、どういう支援ができるかという発送でスタートした構想なのですが、やってみると色々と幅が広がる。

一番最初は福祉の仕事をしました。栄養士と支援員です。その後市民活動をしていましたが、地

もっとみる