ワタシがブラック企業に居た時の最高の月労働時間は450時間。

8:00~23:00の15時間労働(休憩無し)×30連勤(丸ひと月休み無し)=450時間(ひと月)

頭が回らなくて、疲れてても寝れなくて、体重は45kgになりました。(身長は175cm)

ちなみにワタシだけです…

【実体験】小さい事の積み重ねによって、仕事で成果を出せた

~安井コラム#81~
どうも。事務所から見える公園でギャアギャア遊ぶ子どもの、この世のものとは思えない悲鳴を毎日聞いている安井です。

さて、今日は今までコツコツやっていたことから、仕事をゲットしたという話。

このコラム、今現在81個目ですね。お世辞にもうまい文とは言えないが、この81回で成長は感じている。(うまいと言ってくれる優しい人を見つけたら奢ります)
というのは、自然と「こういう風な言い

もっとみる

感謝をすることで…

皆さんこんにちは!
かえでです。

今回は、«感謝をすることで思考は現実になる»
について書きたいと思います!!

1ヶ月前に私はこんな企画をしてました!

これは、
ネガティブ、マイナス思考
継続できない自分を改善したくて始めました。

感謝をするだけで
ほとんどのことが上手くいって想像できますか?

私はこのツイートをした時、
ほんとに信じていませんでした。
«ありがとう»と感謝するだけで

もっとみる

【ご興味があれば購読を…】とある宗教の家庭に生まれたワタシが体験談をつらつらと書いたらつらい思い出ばかりで“つらたにえん”な件(全21章)【補足事項】

とある宗教の家庭に生まれたワタシが体験談をつらつらと書いたらつらい思い出ばかりで“つらたにえん”な件(全21章)
|note(ノート)
https://note.mu/kuronecostudio/m/md388eaa2530e

うおーーい‼
ご興味あれば購読してくださいな🙏
ひとつの章(1記事)につきジュース1〜2本分(100円〜)です🍹 安い❢

全部で、0章〜21章です。
0章からお読

もっとみる

【創成期】 プロローグ  第1章 (1/3)まとめ

本作品は筆者の引きこもり経験から抜け出した体験に基づいて執筆したものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プロローグ

人が人生のどん底に落ちた時、そこからどうやって這い上がるかを、考えたことがあるだろうか。

この問題を真剣に考えたことのある人はおそらく、人生の試練に遭遇した当事者か、その悲劇に巻き込まれた関係者ぐらいだろう。

けれどそう思っているうちはまだ、

もっとみる

とある宗教の家庭に生まれたワタシが体験談をつらつらと書いたらつらい思い出ばかりで“つらたにえん”な件(全21章)
|kuronecostudio|note(ノート)
https://note.mu/kuronecostudio/m/md388eaa2530e

うおーーい‼
購読してくださいな🙏
うおーーーい購読ゥゥー😂

21章 とある宗教の家庭に生まれたワタシが体験談をつらつらと書いたらつらい思い出ばかりで“つらたにえん”な件【さいごに(感謝)】

【さいごに(感謝)】

今回のテーマ、“宗教”。

ここまで、お付き合いいただき、また、購読していただき、誠にありがとうございました。

「こんなの知ってるよ(知ってたよ)!」
「嘘だろこんなの!」
「こんな人いないよ!」
「こんな人みたことないよ!」
「今はきっと違うだろ!」
「あるわけないよこんなの!」

こういった感想もあるかもしれません。

今回のテーマは楽しむための読み物では無かったため

もっとみる

20章 とある宗教の家庭に生まれたワタシが体験談をつらつらと書いたらつらい思い出ばかりで“つらたにえん”な件【あなたに(※ワタシのこと)読んでほしい】

【あなた(※ワタシのこと)に読んでほしい】

近年の話になります。

ワタシは、遠くに引っ越しをし、会社員などをして、一生懸命、働いていました。

3年ほど前に、働いたある職場でのことです。

ある女性の方が職場に居たのですが、そうですね、Wさんとしましょう。

Wさんはワタシによく話しかけてくる方でした。
年齢はワタシよりだいぶ上の方になります。

Wさんは、独特な方で、一概にこうこうこうだとい

もっとみる

19章 とある宗教の家庭に生まれたワタシが体験談をつらつらと書いたらつらい思い出ばかりで“つらたにえん”な件【ある意味すごい奴キタ】

【ある意味すごい奴キタ】

前章の続きです。
かなりの長文になります。
そして、途中から、読んだ人が気分が悪くなる文章が出て来ます。
簡単に言うと、ワタシに対する人格攻撃・人格否定の内容です。
この章を読む場合は、注意してください。読みたい方だけ、読み進めてくださいますよう、お願い致します。

家にHさんとIさんが、来ました。

ワタシの両親は喜び、

「今日も来ましたね〜U男を頼みますわ〜」

もっとみる