19820_ かつての男女の役割が崩壊している

1.狩猟時代の男女

①:All Aboutの大木隆太郎の恋愛コラム/大木隆太郎の恋愛情報、男心を理解するには“狩猟脳”を学べ!より引用です。

人間は原始時代から、男性と女性における仕事の役割分担がなされてきました。当時、男性は狩りに行って食糧を調達する役目を。女性は近くの人たちとの調和をはかりながら、木の実を採ったり、子供を育てるという役割を担っていたのです。

現代のように夫婦共働きなど男女

もっとみる

ただただ、感謝!!

先輩方と、お肉食べてきました!

今までのこと、たくさん話聞いてもらいました。
これからのこと、たくさん考えて話しました。

あのときこうできたらよかった。
もっと前からこうすればよかった。
そんなことたくさん思っていたけど。

でも、あのときの自分には、あれが精一杯だった。
そのときできることは、全部やった。
だから、これからはこうしていこう。
こんな風に思えるようになっていた。

苦しくて苦し

もっとみる

型の張りは何かを守って張ってるんだろうから、型の張りの役割に感謝しとく。

ピラミッドの中に入れない

同じ事を言ってるのに
女だと聞いて貰えなかったり

先生よりちゃんとした事を言ってるのに
病人だと幼稚な主張に聞こえたり。



「女って、どんなに頑張ってもカッコ悪くないですか」
「DVされた女は悪くないのに、惨めでカッコ悪く見られませんか」
私がそう言うと
相手の態度が、私に心を開いて歩み寄って、手を取り合ってくれたというか
そんな手応え感じた事があるよ。
(怒られた事もあるけど。)

もっとみる

大人になるって

子供と大人。

成長して大人になるのですから、大人のが偉いとか、大人のが立場が上であるとか、そんな風に思ってしまうのかなと思います。

……いや、もうそういう考えは古いですかね。

そうだと思っていても、心のどこかで子供を見下してしまうのが、大人なのかなと思います。

例えば、新しいおもちゃに出会った子供は、本当に飽きずにずっとそのおもちゃで遊びます。

こんなもので喜ぶなんて子供は無邪気だな、と

もっとみる

体癖診断カフェ・リポートvol.4

【体癖診断の会の楽しみ方①】

診断会には、初めての方と受講経験のある方、両方いらっしゃることが多いです。知識の有無に関係なく、どなたでもお楽しみいただいています。

自分自身に関心がないひとって、(基本)いないもんねえ。どうでしょう?

今回は、それぞれの立場でどのように楽しんでいらっしゃるか、そのご感想も一緒にご紹介します。まず、初参加された方々のお声から。

【初めて参加される方の場合】

もっとみる

ちょっとマネジャーについて考えた。

今日ある企業のクローズドなイベントに参加する。その著者を囲んで「マネジャー」と言う役割について、みんなで考えてみようと言うもの。

このコミュニティに参加する経緯となったのは、何がきっかけかはあまり覚えていないのだけど長野のわざわざ経営者、平田さんと、この企業の副社長、山田さんのトークイベントに参加したことからだった。

私はまだマネジャーではない。しかしながらマネジメントの役割について、考えるこ

もっとみる

7つの触媒ファクターで最高の支援者になろう

例えばあなたがプロジェクトのリーダーになったら、あなたの仕事はなんでしょうか?

どんどんと仕事をこなして皆を引っ張っていくことか、それとも見守るようにするのか……

世の中にはいろいろなリーダーがいますが、今回は「支援者」としてのリーダーの仕事に焦点を当てます。

触媒とは、化学反応をスムーズに行わせるための物質のことですが、それになぞらえて、組織を成功に導くための7つの触媒ファクターを参考文献

もっとみる

強がりに聞こえるのは重々承知で。

結婚するとかしないとかの話

前に途中まで書いたけどやめたやつを、もう一回開いて書いてみた。

世の中には、結婚していない女性の叫びがいろんなところに溢れている。私自身の周りでは、結婚ラッシュや出産ラッシュも一段落し、「あなたはいつなの?」って聞かれることもむしろ減ってきた気さえする今日この頃。それでもやっぱりいろんな会話の最後にこういう話になることはまだまだ多い。聞かれれば「いい相手がいればね〜

もっとみる

オモテもウラも仕事サボりたい人間ですけど、何か?

どもmotomasaです!

今日仕事をしているふりをしながら
yahooニュースを見ていると、

小泉進次郎さんと滝川クリステルさんがご結婚された

というトピックスがトップに出ていました。

「おっ!」

と思わず声が出そうになるのを抑えて、
いかにも仕事してますよ、的な感じでキーボードをカタカタと打っていました。

最近は政治や芸能では
暗いというか黒いというか、
あまり良くないニュースが多

もっとみる