「難しいから無理」から「どうすればいいのか」という思考へ

研究者どうしで話をしているときに,「こういう研究やりたいんだけれど,なかなか難しいのですよね」という会話を交わすことがあります。

そして,特に学部で卒論やゼミの研究に取り組む学生なのですが,やはり言うことがあるのです。「こういう研究は難しいから無理ですよね」という,ほとんど同じセリフです。

同じようなセリフなのですから,同じようなことを表していると思いますよね。

ところが,おそらく背後で考え

もっとみる

第6話:アセスメント能力を上げる方法について

アセスメント能力:自分を理解する能力

→高い人の特徴として
・仕事でも成功している
・人生の満足度が高い
・問題を抱えにくい

と言うことが分かっている。
調査によると95%の人が自分の事を理解していると思っているが、実際の理解度は10%〜15%しか分かっていない。

どうやったらアセスメント能力を上げるにはどうすればいいのか??

1. 自分に「何が?」と自問自答する事

2. 目標を決めて進

もっとみる

はい、今からインタビューのコツのお話をします!【初級】

こんにちは。インタビューライターの悠木です。

さてさて、タイトルを見て
「今までもずっとそんなこと書いとるやんけ!」
と思ってくださった方、
いつも読んでいただいてありがとうございます。

そして
「え? 今までもインタビューのコツを書いてたの?
この記事ではじめて知った!」
という方、見つけていただいてありがとうございます。

これをご縁に、ぜひフォローしてくださいね。

さて、インタビューの

もっとみる
ありがとうございます。これからもヨロシクお願いします。
8

インタビューライターの七つ道具を公開! ってそんなに大それたものではありません。

こんにちは、インタビューライターの悠木です。

今回はインタビューのコツというよりは
私が実際にインタビューに行く際に用意している
七つ道具についてお話します。

【道具1】名刺
きっとお仕事で人と会う機会が多いかたは、
忘れずにいつも携帯していることでしょう。
私の場合、普段と違う鞄に変えたときなど、
名刺を忘れて焦ってしまうことがありました。

そこで、名刺入れとは別に、
例えば免許証入れの中

もっとみる

コミュニケーションに絶大な効果を発揮する最初の一歩【初級】

インタビューライターの悠木です。
私がインタビュー講座で最初にお伝えしている
インタビューのコツは『笑顔』です。

当たり前すぎて拍子抜けしてしまうかもしれませんが、
インタビューをする場面において『笑顔』はとても強力な武器になります。

あ、武器という言い方はイマイチですね。

インタビューは対決ではありませんからね。

インタビューで活用するコツのひとつひとつは
難しいことではないと思います。

もっとみる

問題です。「おいしいラーメンが食べたい」人にどんなラーメンを出す?

インタビューライターの悠木です。

タイトルで『ラーメン』と書いていますが、
おいしいラーメンの作り方を伝授するわけでも
おいしいラーメン屋を教えるわけでもありません。

あ、『岐阜タンメン』さんはおいしいので
岐阜あたりに来たら、ぜひ召し上がってください。

余談はさておき、今回のお話は
『なぜインタビューが必要なのか?』
ということです。

さてここで問題です。
あなたがラーメン屋さんだったと

もっとみる

会計学の問題意識について考えてみる

今、この2冊を読みながら、会計学の知見を実装するためには何が必要か、ということを考えてみました。社会学と経済学、この2つの視点と会計学を対比させながら思考してます。

前回のnoteでは、会計学がもう一つの分野を学ぶ必要性がある、ということと、その分野の専門家の研究水準まで到達することが容易ではない、ということをお伝えしました。

「会計学の問題意識」を持った他の分野の考え方(理論)を取り入れた研

もっとみる

会計学は経済的な事象を捉えるのに役立つ

本日はグリーンエイトの北條社長、本学の観光マネジメント教員による茶業研究会でした。良い事例に基づいて検討すると研究会は盛り上がります。そしてここでも利益の話になりました。当然ですよね。利益を稼ぐことが企業が継続することの第一条件ですから。

さて、前回までのことを踏まえて、会計学を学ぶことがどのように実際の経済的な事象を捉えるのに役立つのか、ということについて考えていきたいと思います。

企業のマ

もっとみる

自分の役に立ったことを書けば、誰かの役に立つかもしれない

ウェブに役に立つ記事を書きたいと思っています。

それには、どうすると良いのか?

自分の役に立ったことを書くと、誰かの役に立つかもしれません。

例えば、商品のレビュー記事などは、その一つでしょう。

今年になってから、アプリを作るなどしています。すると、どこかで詰まったりするのですが、同じように詰まったところを書いている記事などを見ると、助かったりします。

作ったアプリは、以下のアプリなどで

もっとみる