整理したい

信じていました。貴女のことを。だから私は、お給料を全て貴女に任せたのです。それは、僕の信用の証だから。

僕は、感謝していたんです。貴女と結婚しようと思ったのは、四谷の寿司屋の帰り道。Taxiで帰ろうとした僕を制して、歩いて帰ろうと言った一言。今まで、そんな事を言った女はいなかったから、この人ならと思いました。

タバコは吸うし、酒は飲む。女遊びもしていた。給料はもはや、焼け石に水状態。事務所で前

もっとみる
拙い文章にお付き合い頂き、感謝に絶えません。私は、愛しています❤️
21

片付け

2019.09.02
部屋の異常な乱雑さを目の当たりにして...

(わたしの心は乱れまくっている)

そんなことを思いつつ、未だに乱雑放置状態の部屋。
部屋の状態は、わたしには、頭の中以上に、心の整理に手をつけられていないってこと。
そう、たくさん整理をしなくちゃいけないことがあるんだけど、多分、【しなくちゃいけない】という域で、
【したい】の域に片足突っ込んではいるが、
【する】の域には、まだ

もっとみる

アウトプットは心の準備

公開はしていないけれど、最近また自分の気持ちを文章にしている。下書きは他の人には見られない。そう考えればどんな事だって書ける。ためらう必要は無い。時間がかかるだけで、一見無駄なこの作業こそが自分と向き合う機会となり、いつか誰かに話す時の準備にもなる。

頭の中で整理が出来ていなければ言葉にならない。声にも出せない。例えば仕事中、業務とかけ離れた予想外の質問をされると、どんなに器用な人でも答えに悩む

もっとみる

断捨離

断捨離を頑張っている友達から刺激を受けて、私も今年は、家中あちこちを片付けています。台所用品・食器・衣類を整理するのは楽しく進みました。

気が重かったのは、書類、写真(デジタルではない古いスナップ写真)、年賀状など。「捨ててしまって、あとで必要にならないかな」と迷うし、プライバシー満載なので処分するにもシュレッダー処理の手間がかかるのでつい後回しに。

ネットで性能のよいスキャナーを見かけた時、

もっとみる

関ヶ原で一人からの共に生きると言う意味

7/14 シアターグリーンで公演された 関ヶ原で一人を鑑賞してきました。

歴史に翻弄されながら、現代の歴史教師である主人公は、大好きな戦国時代にタイムスリップし、あの小早川秀秋になってしまいます。石田三成が大好きなのに、それを裏切った小早川秀秋になるというところから話は展開していきます。

熱量が半端ない試合でした。いや、試合と書いてしまうほど、演者一人が戦うような気持ちで演じていらした。笑い、

もっとみる

がんばろうって言いましても

ツイッターの質問箱にて
何を頑張ればいいのかわからなくってしまった、アドバイスください

という質問をもらったんすよ。
頭パンパンだとそうなるよなーってすごく共感できるヤツ
逆に言うとこう思うじゃん。

頭パンパンになるくらい色々試してんだなーって、行動力の裏返しじゃん?

ゆーて自己啓発セミナーじゃないからその辺はしらんwww

こんな感じで整理したらいじゃん!
ということで目次ババンッ

もっとみる

断捨離 本

ふと、自分の所有物を減らして自分が何を持っているのか全て把握・管理したくなるときってありませんか?

私は元々物を多く持っている方ではありませんが、唯一収集癖があるのが本です。

仕事で行き詰まった時などは深夜まで営業している蔦屋書店で何時間も立ち読みをし、決まって何冊か購入するのが日課です。もうそれは精神的な拠り所であり中毒に近いのかもしれません。

買っただけで自分が優秀な人間になったような

もっとみる

「空が泣いているから」

「空が泣いているから、雨が降るんだよ」

やさしい嘘は、僕が雨を知るキッカケだった。

幼い頃、あれは、おばあちゃんに聞いたんだっけか。

「どうして、雨が降ってくるの?」

とても純粋な僕の瞳は、何ひとつ疑うことなく、
おばあちゃんへ無理難題を吹っ掛けたんだ。

「それはね、伸一。お空が泣いているから、雨が降るんだよ」

僕は、とても哀しい気持ちになった。

「お空、泣いているの? 寂しいのかな

もっとみる

私ってこんな人

こんにちわ。改めまして、飴乃みほです。

色々とnoteの機能を触ってみたけれど…未だに良く分かっていません。

まぁ、使っていれば慣れるであろう!と思っています(笑)

そんな私、実は・・・現在休職中の身です。

慣れない環境に一人で抱え込んでしまい、心身ともに限界がきてしまいました。
突然涙が出たり、動悸が起きたり、過呼吸になったり、眠れなかったり…正直、凄くしんどいです。

私はHSPという

もっとみる