レサムピリリ

ET-KINGの歌の名前
落ち込んだ時
苦しいときに聞く曲

なぜ人は皆忘れるのでしょう
種の一粒がほらあったことを

ここの歌詞がすき

種ってなにかというと
幸せの種

確かに私たちは幸せを忘れがち
どんなことでもいいと思う

私は猫の写真をみる
猫をみると癒される
心が温かくなる

そういうのでもいいと思うんだ

みんなさ毎日毎日がんばって
働いて

心がカラカラになるまで頑張って

そりゃ

もっとみる

私たちの忘却の旅

私たち夫婦は、つらいことがあるとすぐに現実逃避の旅に出る。

旅はいつも幻想的で、あまりにも眩しくて。気がつけば、たくさんの辛い現実を忘れさせてくれた。

それでも、旅にはかならず終わりが来る。

現実に戻ると、途端に不安に襲われる。

結局は悩みや不安の種を潰すかどうかは自分次第ということもわかってはいるが、受け入れられない。

不妊治療3年目。

まだ私は、隣の芝生と同じだと思いたい。一般的な

もっとみる

記憶というものの曖昧さ

クソ暑い中に仕事やら用事やらがギッシリつまった8月にポッカリ空いた2日間のお盆休みの、今日が最終日(初日と最終日しかないね)。

さて、そこでぼくはどこへ行こうか、どんなふうに遊ぼうか、などと考える人ではいまはなくて、あぁ、家でグターっとしたい! と思う人になった。

昨日から妻子は留守で、1人のんびり家にいて思う存分朝寝して、朝食をサボり、昼のパスタも余っていた市販のソースを使うなど手抜きし放題

もっとみる

名前で呼ばれることは、もうない

「おばあちゃんが、私を名前で呼ぶことは、もうないだろうね。」祖母が認知症のため、自分の娘(私の母)の名前を思い出せなくなった頃、母が涙ながらに語っていたのを、私ははっきりと覚えている。当時私は中学生だった。

最近、義父の認知症が進み、私の名前を思い出せなくなった。しばらく前から、義父が夫と話す時、私は「お宅のおかみさん」と呼ばれている。
祖母の認知症の経過を思えば、義父が私の名前を忘れることなど

もっとみる

とっておきの「一軍ノート」でアイデアをいつでもアウトプットできるようにしよう

「もっとアイデアがあればな……」と考えたことってありませんか?

例えば仕事でうまくいかないときや、自分でビジネスを始めたいとき、次の作品を作りたいんだけど……というときなど、色々な場面で多くの人がそう考えることだと思います。

しかし、人間は本当にいろいろなことを……突拍子もないことを突然思いつくものです。これは大抵くだらないものかもしれませんが、もしかしたら磨けば光る原石だったかもしれません。

もっとみる

「ラブリーピンク」

「ラブリーピンク」

もう一年近くになるけれど
出会ったばかりの二人みたいだ
そのぎこちなさ過ぎる笑顔には
鈍感な僕も笑ってしまうよ

目が合う度に 染まる頬に
いつも いつでも キスしたい

ラブリーピンク 可愛くて どうしようもないんだ
息をするのも忘れちゃうくらいに
ラブリーピンク 可愛くて めちゃくちゃにしたいんだ
君が言葉を話せないくらいに

その小さな掌を握りたい
些細な 全てが 愛し

もっとみる

忘却という武器

「思考の整理学」という書籍がある。
自分でいかに深く考え生きるかという内容が書かれている書籍です。

その中で、今回は寝かせる(忘却)の
大事さについて記載をしたいと思います。
文章の一節にこのような記載があります。

ナベにも煮えるのに自由な時間を与えなくてはいけない。
あたため、寝させる必要がある。
思考の整理法としては、寝させるほど大切なことはない。
思考を生み出すのにも、寝させるのが必須で

もっとみる

未来を呼び込む

世の中は数年で激変します。

前の大戦のときだって、日米の戦争を始めたのが1941年で、東京大空襲、横浜大空襲、広島・長崎への原爆投下が1945年。1941年の立派な街並が4年ほど後には「焦土」なのです。

1970年代の10年間で、30円だった山手線の初乗り料金は130円になる…とにかく、社会の変化というのは劇的なときは劇的なのです。

でも、僕らは忘れちゃうんでしょう。そして、忘れちゃう人の子

もっとみる

記憶は都合よく消したり書き換えたりできない

生きていればそりゃあるさ、忘れたくなるようなつらいこと

時々悲しい記憶が私の邪魔をする、思い出すことで何度も胸が苦しくなる

前に進みたいのに記憶がこころにブレーキをかけてくることもある

過去はここに存在しないってわかってる

考えても意味ないって知ってる

だけど過去が積み重なってここに生きている以上、無視することだってできない

特定の記憶を、消したいって思ったことは何度かある

消そうと

もっとみる

体操服を忘れる夢を見た

体操服を忘れる夢で目が覚めた。
起きた時けっこうドキドキしていて、「もう私大人だった。。」と自覚して安心した。
それくらいリアルな夢だったし、体操服を忘れることは、学生時代本当にこわいことだった。

体操服を忘れた場合、私にとって選択肢は2つ。
①先生に「忘れました」と言って制服のまま体育をしたり、見学をしたりする。
②他のクラスの友達から体操服を借りる。
でした。
(皆さんはどうなのかしら)

もっとみる