所作

ピンチも笑う孫正義

今回は孫正義についてお話ししたいと思います

孫正義、誰もが知る日本ナンバーワンの実業家であります

孫正義に対して世間の評価と言うものは物凄く高評価なものもあれば、それをひがんで悪口ばかりを言う人もいます

心の底どこかで彼の成功や彼の動かしている金額のデカさ、そして世界を舞台としたビジョンの大きさなど羨む中どこか潰れろと考えられている人物でもあります

彼は今回アメリカの上場するは

もっとみる

プロ野球DeNAに見る大成功のスポーツビジネス

プロ野球の今年1年を締めくくる日本シリーズに向けた最後の戦い、クライマックスシリーズが開幕しました

セ・リーグの2位DeNAベイスターズと3位阪神タイガースの対戦

そしてパ・リーグの2位ソフトバンクホークス対3位楽天イーグルスどちらも先に2勝した方の次のステージへの進出が決定します

どのチームもエースを投入し白熱した戦いが繰り広げました

しかし6点差をひっくりかえされたDeNAベイ

もっとみる

コツを掴んで成功を❗️

コツを掴めば金貯まる

世の中シンプルに

お金を出して負債を買う人と
お金を出して資産を買う人

今回はこの2つの違い、この違いがお金持ちを育てるかそれとも貧乏人を育てるかの大きな違いである事をテーマとして取り上げていきたいと思います

サラリーマンによくある姿、35年ローン組んで自分の人生をローンのために生きている、よく見かけますよね?

なぜ一生懸命働いたお金が残らずにローンにばかり消

もっとみる

料理芸術の鑑賞対象(ソフト-料理人の所作 2/2)

前稿では、料理人の所作の美しさについて検討してきた。しかし、所作のような無形物は、絵画、彫刻のような有形物とは違う。そこで、そもそも所作が芸術の鑑賞対象になるのかということが問題となる。本稿では、この問いに対する答えを検討していきたい。

所作の芸術性

歌舞伎、能、ミュージカルを考えてみてほしい。これらはいずれも舞台上で行われる所作である。これらは舞台芸術として、その芸術性を認められている。ここ

もっとみる

料理芸術の鑑賞対象(ソフト-料理人の所作 1/2)

前稿では、料理芸術の鑑賞対象として付帯物(環境)の中でハード面、レストランの建築外観や内観、そして食器について、どのように鑑賞するのかということを検討してきた。本稿では、ソフト面、特に、料理人の所作について鑑賞法を検討していきたい。

料理人の所作

料理人は厨房で調理をしているが、厨房には大きく2種類がある。それはオープンキッチンかクローズドキッチンだ。オープンキッチンは、客席から厨房が見えるも

もっとみる

ネパール人のAさんから日本の美学を教わる

こんばんわ。もじもじもじりです。
もじりから、もじもじもじりにしました。理由は、また別の記事で綴りたいと思います。

上の花の写真はシャガです。春から夏にかけて咲くお花で、大好きなお花の1つです。

私は日本語は美しいもので、言葉も美学の1つだと思っています。その中で最近、私の美学の琴線に触れる事があったので、綴りたいと思います。

つい先日、所用の為あるビジネスホテルに泊まった機会がありました。

もっとみる

プロ野球の球団から見たアフターケアとイメージ戦略について

プロ野球の球団から見たアフターケアとイメージ戦略についてお届け致します

れおです

今日は巨人軍と阪神タイガースこれだけ待遇が違う両球団から学ぶ企業に取り入れるべきアフターケア

ドラフト前に功労者への引退勧告は球団としてどうなの??と
言うようなことをですねテーマにお届けしたいと思います

先日ですね阪神生え抜きのスター選手鳥谷選手に阪神球団が引退を進めたと言うニュースがスポーツ紙を賑わ

もっとみる

AIにより無くなる職業

今回はAIによってなくなる職業をお話ししていきたいと思います、AIによってたくさんの職業がなくなると言われています

例えば
スポーツの審判

レストランの案内係

保険業の審査担当者

動物のブリーダー

電話のオペレーター

スーパーのレジ

チケットのもぎり
もうこれはほとんど出てないと思いますけど

後は

ネイリスト

集金の人

AIにどれだけの危機感をしっかり

もっとみる

まずは1点を攻めましょう

こんにちは、れおです

今回は
「ビジネスは集中する部分を1つにするべき」と言うことをテーマにお届けしたいと思います

今回のテーマにある集中する部分を1つにするべきと言うのは2つを見なければいけないようなビジネスは危険と言うことです

どういった事かと言うと先日あるアプリの社長さんとお会いしました、とても優秀な若き経営者です、そのアプリの社長さんはクライアントから広告をいただきインフルエ

もっとみる

【アイシングクッキーのデザインの勉強】

銀座に出かけたので、
銀座シックスの蔦屋書店に。

蔦屋書店って、街よって雰囲気違いますよね♪

蔦屋書店大好きです。

六本木はちょっと高級感があり、テラス席もありお洒落な雰囲気。
でも、お菓子の本の種類と旅行の本は少なめなイメージ。

二子玉川は旅行本の数が多くて、女性向けの自己啓発、恋愛本、お洒落なご飯の本、ビジネス本が多いイメージ

中目黒はこじんまりとしているけど、ビジネス、旅行本もあり

もっとみる