【創作note】ショートカット「(物書き的)傷ついた時マニュアル」

深く傷ついた時、酷く傷つけられた時、落ち込むあまりに何も手につかなくなるということがある。何をするにもすっかりモチベーションが下がってしまい、何もできない時間が続くことがある。コンビニに行ったり、洗濯をしたり、ご飯を食べたり、歌を歌ったり、noteをつけたり、何かを創作したり、そんなささやかな行動にも蓋がされて、苦しい時間を過ごさなければならない。そんな経験は普通に生きていれば誰にでもあるだろう。

もっとみる

散歩の効用

休みの楽しみは街をひたすら歩くこと。

時間帯は夕方がいい。少し涼しくなってきて、人通りが少なくなった街を一人で歩くと不思議と落ち着く。

なんてことのない街の風景も街灯に照らされているときれいだなぁと思う。

夜の東京はほんと美しい。

歩き始めると同時にそっとイヤフォンを装着。radikoでアルコ&ピース、爆笑問題のラジオを聴きながら早歩きで歩く。

くだらなくて笑えるトークと、体を動かすこと

もっとみる

散歩道の樹々が作る影

今日から〝大暑〟に入ったとテレビで言っていたのですが、確かに朝から暑いです。そんな中、9時半くらいからランニングに行ってきました。

外へ出てみると、湿度は少しマシな感じでしたが、やっぱり暑い。走り出すとさらに暑い。梅雨明けも近い今日は朝から日差しもあり、あっという間に汗だく。それでも、影のあるところを選びながら走っていました。

途中に川沿いの散歩道みたいな場所があります。そこは両脇に枝葉を伸ば

もっとみる

~あなたが通る道は何点?歩行者にとっての快適度を評価してみよう~

<3行まとめ>

1.人が快適に通行できる道とはどういうものかを、6つの指標で評価するスマホアプリ。
2.自分が評価した道の改善後の風景を作って見せてくれたりもする。
3.そうした改善後の画像をつなぎ合わせて三次元のデータにできれば、アップグレードされた自分たちの街全体をシミュレートできる。

(この記事はSustaina Amalgasと5人の仲間たちによる会話録として記述しています。)

1.

もっとみる

高田馬場はノスタルジー

洗いっぱなしにしてしまった洗濯物をもう一度洗う。昨日、干していたら友達との集まりに遅れてしまう状況に陥り、後ろ髪を強力に引かれながらもなくなく放置した遺産だ。

洗濯機を回しつつ、陽はまたのぼるを最後までみる。ストーリーは、男たちが目標達成のために困難に立ち向かう系の企業物だけど、西田敏行さんの存在感が印象に残った。

なんというのか、メリハリがすごい。基本的には物腰が柔らかい感じなんだけど、途中

もっとみる