劇場数の推移と「Popcorn」

こんにちは。
映画制作・上映ユニット「ネクシネマ/Nexiema」代表の田代健二です。

今日は、2001年以降の劇場数の推移と「Popcorn」についてお話しさせてください。
まだまだ勉強中の身です。業界の方、知識のある方、問題のある表現を見つけたら、ぜひご指摘ください。

僕は、20代半ばから俳優業を始めて、30代に入って自前で機材を買い揃え映画・映像制作を始めました。
映画の制作現場というの

もっとみる

「Popcorn」と「映画の興行」について

こんにちは。
映画制作・上映ユニット「ネクシネマ/Nexiema」代表の田代健二です。

今日は、WEBシアターサービス「Popcorn」と「映画の興行」についてお話しさせてください。

僕は、20代半ばから俳優業を始めて、30代に入って自前で機材を買い揃え映画・映像制作を始めました。そして「映画を作るからには、上映のことも知らないと」と、映画の上映などについてもざっくりと勉強したのですが、その中

もっとみる

ネクシネマ/Nexinemaでは、Facebookグループで交流してます。

こんにちは。
映画制作・上映ユニット「ネクシネマ/Nexinema」代表の田代健二です。

ネクシネマでは、WEBシアターサービス「Popcorn」を用いた自主上映活動を行っているのですが、その第1回を7月14日(日)にやります。
イベントページはこちらです。
https://popcorn.theater/events/1904

そして2回目以降の上映会については、
・上映する作品を決めたり

もっとみる
ありがとうございます❕ 素晴らしい一日になりますよう☀

popcorn(ポップコーンシアター)でのチケット購入方法

こんにちは。
映画制作・上映ユニット「ネクシネマ」の田代健二です。

今回はWEBシアターサービス「popcorn」でのチケット購入方法を書いていきます。

※「popcorn」でチケットを買うには、ユーザー登録+クレジットカードの登録が必要です。やり方はこちらのnote:https://note.mu/kenjitashiro/n/nd90e0b927513 からチェックしてみてください。

もっとみる
ありがとうございます! 明日が素敵なものでありますよう✨
1

popcorn(ポップコーンシアター)のユーザー登録+クレジットカード登録方法

こんにちは。
映画制作・上映ユニット「ネクシネマ」の田代健二です。

今回はWEBシアターサービス「popcorn」のユーザー登録方法を書いていきます。

「popcorn」というのは、カフェ・バー・コワーキングスペースなどで、登録されている映画をストリーミング上映で観られるサービスのことです。
お店の方と仲良くなれば、「今度はコレを上映してください!」なんてお願いすることもできると思います。(^

もっとみる
ありがとうございます❕ もう、、、ありがとーーーございます!!!✨✨

ネクシネマ/Nexinemaというユニット名をつけました

こんにちは。
映像作家・俳優の田代健二です。

このたび、映画制作をしていくにあたって、「ネクシネマ/Nexinema」という活動名をつけることにしました。

次の=next、映画=cinemaの形や可能性を模索していきたい。切り開いていきたい。
そんな願いを込めて、「Nexinema」という名前にしてみました。

名前をつけたのには二つ理由がありまして。

一つ。

だいたい映画の最初と最後って

もっとみる

ついに解禁映画化決定?!

情報解禁日!

映画関係者(製作&制作)なら誰もが待ち望んでいるこの日。

「映画化決定!」とか「あの話題作が!」とか書店に帯付きで原作本が平積みで並べられたり、テレビやネットでもバーンっと情報が出て原作が有名であればあるほど、出演者がBIGであればあるほど世間大騒ぎの・・はず。

この日を迎えるまで、大なり小なり映画化には紆余曲折あるのは皆さんご存知の通りだと思います。

僕も少ない経験ですが、

もっとみる

短編映画企画 2019年秋撮影予定

こんにちは。
映像作家・俳優の田代健二です。

今年=2019年秋に、自主制作で短編映画を撮ろうとしています。

制作予算は15~20万円くらい。コツコツ進めてます。
(機材購入費は別。高かった。。。)

『仕事』として考えたら、予算のことなどあんまり手の内を明かすのは良くない気もするんですが、僕の自主制作は基本的に『壮大な趣味』です。
なので、キャスト・クルーとも、全員が実情を理解・共有した上で

もっとみる

映像をつくるにあたって「計算」って本当に大事だと思うという話

今更そんなこと言うの?って感じなんですけど、映画って計算されて作られてるんですよね。
主人公の腕時計を観て欲しい、って時には時計しか映らないほど寄ってみたり、キッチンで泣いているはずのお母さんの泣き声だけ流して、画は子供部屋で寝れないでいる女の子を映してみていたり。

観客はコントロールされたものを見せられているわけです。
ストーリーに何が大事で、何がいらないかを知らないうちに見て、知っているわけ

もっとみる

Do you know Tado town?

《多度の昔の写真、募集中。》

三重県北部にある桑名市多度町(僕の地元)の古い写真を募集しています。夏に、多度の古い写真展を開催するためです。

夏の写真展は、児童文学作家・北村けんじ先生の膨大な作品群と絡めた展示を考えています。

北村先生は、多度を拠点に、戦後間もない頃から小学校の教員を続けながら、亡くなるまで文筆活動を続けました。実は、僕の小学6年の時の校長が北村先生でした。
例えば、この作

もっとみる