ババは引くまでわからない

今話題の「JOKER」。公開初日にこの映画を観たから、随分と感想を書くのに時間がかかってしまったけれど、思ったことをここに書きます。(ネタバレはしません。)

✳︎✳︎✳︎

人の感情はわかるもの?

表情や仕草や声色から人は、人の心をわかると思っています。
ぼくも思っています。

相対する人の表情がひどい剣幕だったとき、怒っているなと感じるし、俯き気味に涙を流していたら悲しいのだなと感じます。微

もっとみる
ありがとうございます。あなたのおかげでこれからも頑張れます。
6

エンタメ徒然日記(2019年9月30日)

【エンタメ徒然日記(2019年9月30日)】

いつも「エンタメの殿堂」をご覧頂き、ありがとうございます。
日頃のつぶやきなどを「エンタメ徒然日記」と題して毎週月曜日に配信する予定です。
駄文ではありますが、どうぞ最後までお付き合いください。

「エンタメ徒然日記No.3」
今日は「9月公開作品の興行収入」に関する話題。
明日からはいよいよ10月。
2019年の年末も近づいてきました。

今年も9

もっとみる

知りたい 絆っていうやつ〜『アイネクライネナハトムジーク』

伊坂幸太郎が2014年に発表した同名小説を「愛がなんだ」の今泉力哉監督のメガホンで映画化した作品。佐藤(三浦春馬)と紗季(多部未華子)のラブストーリーと銘打たれてはいるが、ここで描かれるのは人と人とが出会うことのかけがえなさや巡っていく関係性への愛おしさも含まれていて。誰かと不意に繋がること、必然的に影響を及ぼし合うこと。そんなコントロールできない"由縁の循環"にまでも、優しくタッチして世界のぬく

もっとみる

ワイルド・スピード / スーパーコンボ

4月から、ほぼ毎日映画を観ることが日課になった。

もともと映画は大好きだ。

でも、大学生の時は毎日朝から深夜までバイトしていたせいで、せっかくレンタルビデオショップでバイトしていたのに観る時間が全くなかった。

社会人になって時間に余裕ができたおかげで、ひとつの趣味が復活できてとても嬉しい。

こうやって映画の評論を文字に起こせるほど、詳しくも書けないし、このシーンはどう伝えたいか、とかもうま

もっとみる

上田慎一郎×中泉裕矢×浅沼直也「イソップの思うツボ」

「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督、それ以来の長編映画脚本作。カメ止めの助監督・中泉裕矢氏、スチール担当・浅沼直也氏との3人共同で監督も務めている。企画自体はカメ止め以前から進行し、脚本は2018年春から執筆開始とのこと。つまりあの大ヒットの影響なく作られた台本という点で、なんとも貴重な"フラットな新作"なわけで、これは見逃せないなぁと。

物語はやはり、と言うべきか、またしても、というべきか

もっとみる

「天気の子」というYOU&I VS. THE WORLD

銀杏BOYZを引用してこの映画を語りたい、というよりは、それこそ<数多の映画で語られ尽くした>なこのシチュエーションをギンギンな顔つきで2019年にぶちかましてくれた新海誠監督の気概を感じまくったことを伝えるべく「YOU&I VS. THE WORLD」を持ち出した次第。いやはや、本当にこの"世界なんか別に知らないから君さえいれば"という"セカイ"をハッピーエンドだと思えるような人間だから、恥の多

もっとみる

2019年7月色々(でんぱ組.inc/ホットギミック/ナイスコントロール/Wienners×ネクライトーキー/13の理由/ストレンジャー・シングス/夫のちんぽが入らない)

7.4 でんぱ組.inc 全国ホールツアー UHHA! YAAA!! TOUR!!! 2019@福岡市民会館

夢眠ねむ卒業をまだ認めたくなくて、卒業公演も円盤買ったのにまだ観てないっていうナイーブな僕だけども買いましたよチケット。結構良い席で、なぜあの人はそこにいないのに、、っていうジレンマはあったのだけど、久々のでんぱ組ワンマン、無茶苦茶楽しかった。楽曲においても、ここ最近はドツボな曲があまり

もっとみる

グリズリーマン(ヴェルナー・ヘルツォーク)✶映画日記

(上の画像は見出しに画像があったほうが見栄えがいいらしいと聞いてなんかパブリックドメインのやつをと拾ってきたものであり、映画とは一切関係ありません。出典→ https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Rungius_bear.jpg )

 映画『グリズリーマン』(2005)をみました。
 グリズリーの保護に身を捧げた男、ティモシー・トレッドウェルを主役としたド

もっとみる

2019年上半期ベスト映画

今年は下半期にもよさげな作品が控えまくってるので、まるっと入れ替わりそうな予感がひしひしとしているけど、とりあえずは上半期の5本!

5位 チワワちゃん

目まぐるしいカット割、画質も撮り方も統一することなく性急に繋ぎ合わせた映像と、台詞はさておきパーティーしようとばかりに爆音で鳴り続けるEDM、気圧されるほどの乱痴気騒ぎが画面いっぱいに映し出される前半。一転してその酔狂さが滑稽な程に、登場人物と

もっとみる

「僕はイエス様が嫌い」という祈り

祈って祈って祈りまくって何かが叶ったこと、思い返せばそうですね、あったような気もするし、なかったような気もする。何かに期待する時、多少なりの"お祈り”は入り込むもので。売れかけのバンドのライブチケットの先攻抽選の時とか、PayPayが全額キャッシュバックやってた時とか。去年の今頃は救急センター勤務だったので、とにかく救急車が来ないことを祈りまくってました。福岡の人々よ、無事に過ごせ!と。でも事が過

もっとみる