このまま未来を恐れていると、日本は回復不能な致命傷を負います

皆さんは新しいもの好きですか? 僕は大好きです。特にガジェット系は目がなく、四六時中チェックしています。まだ日本に住んでいた頃には、最低週一回は家電量販店に通っていたものです。

このほかパソコン通信は80年代半ばからやっていましたし、まだ誰も持っていない頃からデジカメを持っていました。自宅に最初のwifiルータを設置したのは1999年のことでしたしルンバは初代のモデルから購入しました。あ、それか

もっとみる

3-2*工業の発展による都市への人口流出、農業の衰退| 3章 都会の生活で感じた現代の問題点ー食と住居|ニューロマン都会編

なぜ、私たちの生活は食物の生産現場から遠くなってしまったのか。

私の実家はトヨタ自動車の社員が中心に住んでいるニュータウン(新興住宅街)にある。農業を営んでいる人は皆無だ。

だが、祖父母は父方・母方ともに農家だった。
私の父は、トヨタ自動車に就職するために長野県の実家を出て愛知県へ流出した。

高度経済成長期に工業が発達し、農業が衰退した。
1950年には就業人口の約45%が農業に従事していた

もっとみる

喫茶 黒☆兎☆星  開幕しました!

「表参道人形展」の余韻に浸る暇もないまま、宝塚に遠征してました。
ルマンのサンドイッチをほおばったり、お芝居で毎回号泣したり、
そのうちの1回は関西在住の友人と一緒に観劇して、
そのあとご飯を食べて、某店で珍しいお酒をいただいたり。
東京に戻ってきたら案の定時間がなくて、相変わらずヒーヒー言いながら
無事 少女塾企画展「喫茶 黒☆兎☆星」 初日を迎えました!

今回のテーマは「黒」です。
それで

もっとみる

2-3*現代に提案する豊かな装い|  2章 都会の生活で感じた現代の問題点ーなぜ現代の服装は無彩色のコーディネートが多いのか|ニューロマン都会編

季節ごとに身につけたい色について考えるようになってから、四季のある日本で暮らす生活の幸福感が増した。

そもそも日本に洋服が入ってきたのは明治時代であり、たった150年前のことだ。女性にいたっては庶民が洋服を着出したのは戦後なので、わずか70年の歴史。

それ以前の約1400年もの間、日本人は和服を着ていた。
着物には襲の色目(かさねのいろめ)という重ね着をする衣裳の配色の仕方を年齢、季節、行事な

もっとみる

昭和から愛されて40年以上!:カルビー チーズビットのトリビア

チーズビットは昭和に販売されて以来、はや40年以上も歴史あるスナック菓子となりました。現在は、春夏しか食べられない限定スナックになっているのはご存知ですか?

チーズビットは、1978年(昭和53年)よりカルビーから販売されているコーンとチーズの旨味がほどよく絡み合うスナック菓子です。
発売当時価格は100円でした。

チーズビットのおいしさは、甘みのあるスイートコーンを使用していること。
またア

もっとみる

もふー

何年かぶりに会った知人の女性に、
「あれ?痩せたんじゃない?」と言うと

「もー!太ったんだよー!」って
少し不機嫌そうに言われた

事実は知らないが見た目では確実に痩せてみえたわけで、
そこだけを考えると女性からすると嬉しいのではないのか?と考えながら

女心は難しいなと思ったりはしなかった訳でありんす。

最近は戦前ブームが自分の中に来ております

キテマス マスカラス

昭和レトロの雰囲気も

もっとみる

やめられないとまらない。かっぱえびせん創作秘話②

昭和39年。かっぱえびせん発売。

インターネットで調べると、かっぱえびせんは昭和39年1月1日発売となっている。

欽ちゃん(日高欽治さん)に、

「CM作ったのっていつ頃だった?」

と聞くと、

「んー」

と考えてから、

指で五本指と二本指を重ねて私に見せた。

「7月?暑かったでしょう、銀座のど真ん中の大広のビル。東京オリンピックの年じゃん。」

先日、欽ちゃんと、スバル座で映画の「あ

もっとみる

アタイが欲するもん

車でブイーンと家に帰宅するときに
ちょーどとなりのオバちゃん(もうおばぁちゃん)がいたので、窓を開けて

「暑くなってきたねー!」と言うと、

「ほんとだね〜」といい、その後に

「おかえり〜」と言ってくれた。

これぞ田舎の良さ!ってもんをタオパイパイの放つドドンパー!って感じで撃ち抜かれたぼくはなんだか大きな風呂敷に包まれた感じになった。

フワフワした柔らかい唐草模様の風呂敷で
優しく包まれ

もっとみる