枠組み

家族でさえ他人

タイトルを見て、来てくださった方ありがとうございます。

もしや、「家族でさえ他人」という言葉に興味を持ってくれたのでしょうか?それとも、何か共感できる言葉だったのでしょうか?なんとなく見てくれている方もいるのでしょうか?

きっと、あなたは孤独なのかもしれません。誰かに理解してもらいたい自分がいるけど、理解してくれる人はいない。そんな世界にただ一人の自分に嫌気を指しているのではないでしょうか..

もっとみる
スキキタ━(゚∀゚)━!
20

おしゃべりは、学級崩壊か

多くの大人が理想とする学校は、子どもが落ち着いており静かに授業を受けている。発言は適切に、必要なときだけ。
だからこそ、授業中のおしゃべりは悪とする。
結局は、能動的な子どもではなく、受動的な子ども像を求めている。

何を良しとするのかは、人によって違う。
だからこそ、色んな視点を持っておくと良いし、これが絶対だというものは、実はない。

おしゃべりの中には、実は授業に関係ある疑問や言葉が潜んでい

もっとみる

【2019年7月12日の数秘】従うけれど、とらわれない

今日は4番の日。
枠組みやルールの数字です。

枠組みがあるからこそおさまるし、
ルールがあるからこそ揃います。

もし枠組みが窮屈に感じたら、
それは自分が変わってきたということ。

時代に合わせて決まりを変えたり、
ルールを改善していきましょう。

もしくは、新たな自分に
フィットする場所へ
移動するのも手です。

4番は、場所という意味もあります。

今日の雑感

「美内すずえ 見えない力対

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!
3

空には月ふたつ (20/40)

夜の信号まち、ふと空をみあげてみると‥‥

  月がふたつ浮かんでる!!!!!

村上春樹の『1Q84』のようなふたつの月がある世界にまよいこんだわけではない。

『まともがゆれる』という本を書かれた木ノ戸さんとの対話の会みたいなものに参加した帰り道のことだった。

障害のある人が通う福祉施設にあつまる人たちとのエピソードから、だれかが勝手に決めた「まとも(常識)」を見つめなおす‥‥という本でもあ

もっとみる

【モデルなき時代を生き抜くために】

子供の成長に関わる人たちは、うまくいかない、思うように育てられない原因を自分の外にあるもののせいにするか、自分の内面にあるもののせいにするか分かれる。子供、親、地域、社会、環境が悪い。逆に、教え方、接し方、話し方、そもそも自分の存在が悪い。そうやって、何かのせいにしてなんとかしようとする。外に原因を帰属する姿は見苦しいし、内面に帰属する姿は痛々しい。どんなに理由を探しても、それは見つけられない。見

もっとみる

あなたは主役です

人生の主役になってる?
人生の主役を誰かに明け渡していない?

人生は自由自在に変えることができるのに、私達はすぐに自分以外の誰かを主役にして生きてしまう。

私達は生まれると常識という固定概念を植え付けられる。
長い年数をかけて体に染み込んだそれを一気に覆すのは難しいだろう。
だけど、その枠組みを取っ払い、変わろうとするのならそれは自分だけのベストタイミング。自分だけのチャンス。

自分の変化を

もっとみる
Super lucky☆
3

あたり前に囚われない【でざぱらのすけ日誌】

昨日モチベーションが上がりまくって作業に没頭した結果、今日一日棒に振りました。昨日と今日を足して2で割ったとしても、普段1日分のタスクをこなせていないことに気づき悲しんでします (← イシハラの座標ここ)

やっぱりバランスを意識するのめちゃくちゃ大事だなぁと感じました。

さて、今回のテーマは「あたり前に囚われない」についてです。あたり前に囚われない生活をすると、いろんなものが目新しく見えて、

もっとみる
ありぱら٩( 'ω' )و
1

「苦しめるもの」

あなたはその肩書で
自分のつけた肩書で

息苦しくなっていないか

肩書はそれ一発で
相手にイメージさせる

便利である半面
自己を縛るものに
なるかもしれない

己の創った枠に縛られず
自由に創作しないと
しんどい面もあると思う

時々見直してみては如何?

スキ、シェア、サポート、どれか1つでも。あ、スキ有難う!!
4

興味の枠組みを増やすために

皆さん、好きなこと興味関心は常日頃からインプットされていると思いますが、その興味を維持すっるためにはどういったことをされているでしょう。

以前の私は、興味関心を維持するためにその事柄について深くのめり込むという方法を取っていました。確かに、面白くてかなりの知識はつきましたが、モチベーションは日に日に落ちていってしましました。

なぜモチベーションが続かないのか分析考えました。そうしますと、見えて

もっとみる

第22回枠組みについて

1、導入

枠組みに囚われている感があるので、そのお話しをします。

文化財を保存活用する枠組みは基本、教育委員会。

教育委員会自体、次代を担う子どもたちに関わることなので、未来に直結する重要なポジションのはずなのに軽視されている感がある。

若い人の投票率が低く、組織票としてもカウントされないから政治家から重要視されないのかも知れません。

お前の孫にもっといい教育を受けさせたいと思わないのか

もっとみる
きっと貴方ならスキを押して下さると思ってました!
3