流動性

BS地方チャンネルと道州制

○ 全国向けの情報発信は東京の一極集中がひどすぎる
テレビのキー局・新聞の全国紙・BSもCSも全部東京から発信している
ひどい
情報発信の東京一極集中時代が長すぎて、どんだけひどいのか誰もわかんなくなってるレベルでひどい

○ 日本人は基本的に、日本語圏で生活している
もちろん国境を超えている人もそれなりにいるけど、日本語圏から離脱するハードルは高い
このハードルの高さを良いように利用しているのが

もっとみる
ありがとうございます!
4

米 中国を「為替操作国」認定 - リーマンショック級大暴落(??)。

今度は米中問題。NYダウは一時1,000ドル近く下げたが、米国が中国を自国通貨安に意図的に誘導している「為替操作国」に認定した事がきっかけと報じられている。この動きについて「損切丸」としての見解を述べよう。

 確かに下げ幅の絶対値が大きいのでちょっとびっくりするのは仕方ないが、株価そのものも大分高くなっていたのでこのくらいの下げはあってもおかしくない。油断は禁物であるが、1年チャート ↓ を見て

もっとみる

〝BizHint〟にて、『人事が「ピープルアナリティクス」分析で抱える苦悩』で、鹿内 学 様、LINE株式会社・佐久間 祐司 様、株式会社メルカリ・友部 博教 様 の撮影をさせていただきました。

https://bizhint.jp/report/314926

IT業界の転職マーケット〜人材の流動性について

こんにちは。

もう7月ですね。あっという間に一年の半分を過ぎてしまいました。

今日は、IT業界の人材の流動性がどうなっているのか、少しマーケットお話したいと思います。

「IT人材白書2019」によれば、5年間の調査比較によって、IT企業からユーザー企業への人材流動化が進んでいることが明らかになったとされています。

確かにここ数年、IT企業からユーザー企業への転職希望する方も多い印象です。

もっとみる
モチベーションになります!ありがとうございます!:)

インクルーシブ教育を実現する先生は,多様性と流動性を尊重する【6分で読めます】

ここでいう「多様性を認める」とは,
様々な特性をもつ子ども達がいるクラスの中で,
その違いを認め合うことです。
それは,担任の先生が認めることであり,
子ども同士が認め合うことです。

ここでいう「流動性がある」とは,
固定された人間関係ではなく,
必要に応じて一緒にいる友達が変わっていくことです。

逆に,絶対このグループじゃないと嫌。
グループに所属していないと「ぼっち」になってしまう。
とい

もっとみる
ありがとうございます!テンション上がります!
27

終身雇用の限界

「終身雇用が崩れ去っている時代に、
 転職すら出来ない人材でいる事がリスク」

という趣旨の記事を先日書きました。

上記のように言っているのは、
経済自体がその流れになっている事が背景にございます。

経団連会長も

「正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです。
 どうやってそういう社会のシステムを作り変えていくか、
 そういうことだというふうに(大学側と)お互いに理解が

もっとみる

流動し順応するビジネス組織へ

※本ブログは3度繰り返して読んでいただくと情報が有益なレベルにまで浸透します。

ビジネス組織の流動性、順応性を考える場合、ビジネスというカテゴリー付けによって既に最初から固定化が起きており、その囚われから自由にメンバーの意識が広がっていくことができるように全体性を再度設定することがリーダーの役割となる。

この時にリーダーの意識の器が地上性、社会性、経済性のみに囚われていると、当然他のメンバーの

もっとみる

【2分でわかる!】投資のススメ 超入門編④ 〜みんな大好き流動性〜

「流動性」ってなかなか聞き慣れない言葉だと思いますが、実はとても簡単な概念です。

そして、「流動性」は投資を理解する上でとても重要です。

簡単に言うと、「流動性」とは

「コストをかけずに様々なものと交換出来るか」

ということです。(ここで言うコストは時間や機会などの意味を含んでいます。)

その点で、現金はとても優れているのです。(今の世の中は貨幣経済と言われていますが)

=======

もっとみる
スキありがとうございます!

瞑想、ライブ配信の醍醐味である流動性

昨夜はインスタライブの日でした。
普段はプライベートでの対面か、セミナーでの
大人数相手に直接やり取りすることばかりなので
ライブ配信という試みは初めてで
なかなか面白い時間となりました。

参加されていた皆様も
楽しんでいただけましたでしょうか?

これは歴代の覚醒者やシャーマンたちが
一様に伝えていることですが
彼らは基本的に準備や、予定というものを
ほとんど重視していません。

伝えることは

もっとみる