無視が一番つらい。

トウリーディングセッションは

足を通して自分と向きあいます。

セッションで、自身の足を見た

クライアントからは

「こんなにじっくり足を見たことなかった。」

「よく見ると私の足ってこんな形してたのね。」

「足が嫌いだから今まで見ないようにしてきた。」

etc.

そんな声を聞くのです。

トウリーディングは

全て比喩と捉えます。

とするならば

「こんなにじっくり自分を見たことなか

もっとみる

①糸紡ぎ姫(眠り姫)【仲間外れ】愛・スピリチュアル・ツインレイ・成功の法則・日本人

「眠り姫・野薔薇姫・眠れる森の美女・糸紡ぎ姫」

彼女が生まれた時  王様は魔女を呼ぶことにした

お祝いの席に

ご招待する人数を決める時

おもてなしに使う金のお皿が

一枚足りなかったのよ

だから

お皿の枚数にあうだけの 魔女を招待した

仲間外れの 魔女が出来たんだわ

これが

間違いの始まり

仲間外れ

最低な行為よ

そして  魔女は呪いをかけたの

「姫が十五になった時 糸車

もっとみる

【変人に贈るラブレター 76/100】行く?行かない?で迷ってただけだった

心で感じたことをまんま描き出す 【変人に贈るラブレター 76/100】

朝からムエタイ行ってきた。ヘロヘロ。。。マジでラスト30分の筋トレが容赦ない。真面目にやる。怪我しないように、柔軟運動も真面目にやる。スパーリングはそれ以上に超真剣。つか無心。ハアハアって息があがるのと、髪が乱れるのと、汗が噴き出してる。無心になれるのがよいー。

決めるのが遅い。。。

考えるのが好きだから?他のことを考え

もっとみる

小さなアイデアを無視する覚悟

最近は締切が少ない生活を送っている。

ひとつメディア運営(コンテンツ制作)を預かっているので、編集者として見ているスケジュールはあるけど、ライターの方にも余裕を見てお願いしているので、自分の首を締めることはまずない。ま、今の更新頻度(週2)だからできることだけど…。

じゃ、なんでこんな作業詰め詰めなんだろな。一日一日、目一杯やらないと終わらないだけの作業をスケジュール上に積んでいる。それがぜん

もっとみる

「出来ない」が「自分はダメだ」になる時

子どもの頃、運動オンチだった方も、そうでない方も。

別に運動に限らずですが、みなさんは、何かしらで「自分が他の人に比べて劣っている」と感じたことがあるでしょうか。

この感覚を劣等感と言いますが、劣等感って、子ども時代から容赦なく、強烈に植え付けられることがあるんですよね。

ぼく自身、子どもの頃から劣等感とは長い付き合いですし、クライアントさんから相談を受けていても、取り扱うことが多いと感じま

もっとみる

無視できない虫問題②

前回同様、テーマは「虫」です。

虫の中でも、ダントツで苦手なのが「ゴキブリ」。一人暮らしができない原因も「ゴキブリ」です。

「そんなに嫌ならゴキブリホイホイ置けばいいじゃん」って思う人もいると思いますが、ゴキブリホイホイを置いたら

逆にゴキブリ集まってくるわ!

良い匂いがするエサでゴキブリを呼び寄せて死なせるわけですよね。その「良い匂い」につられてゴキブリホイホイに行く過程のゴキブリを見る

もっとみる

無視できない虫問題

私ツッコミ町長は、大の虫嫌いです。

家にゴキブリが出たら、チャッカマンで家ごと燃やすしかないくらい苦手です(笑)。

虫が平気な人からすると「虫なんか無視すればいいんだよ(笑)」と思うかもしれませんが、いやいや、

虫は無視できんわ!(怒)

無視したいけど無視できない。虫嫌いの人はそんな葛藤と毎日闘っているのです。

「虫の知らせ」って言葉あるじゃないですか。良くないことが起こりそうなときに、

もっとみる