手が動かなくなる前に、タイムカプセルを。

昨日、病院で計測をしたけれど、
やはり右手がかなり動かなくなってきた。
握力も10kgしかない。

左手は動くけど、握力は15kgしかない。
4月にはともに30kgを超えていたのにね。

喋れない僕が、
自由に意志を伝えることができるのは、手が動くお陰だ。

この機能が落ちていくのは、正直、怖い。
すごく怖い…。

治りたい。
だれか、助けて欲しい。

なぜこんな事にも残酷な病が世の中にあるのか、

もっとみる

父と子のお話

やっと札幌に戻り、涼しさにちょっと驚き。

道中読んでいた本。

お母さんではなく、お父さんとその子供との物語が5作品収録されています。

全て短編ですので、飛行機の中で、バスの中で
地下鉄の中で、読み終わりました。
何気なく買った1冊ですが、母と子とせずに、父と子としたところが、注目されている所以でしょう。

船乗り、詐欺師や、、5人5様のお父さん。

泣けるかといえば、泣けませんでしたが、時間

もっとみる

おばあちゃんは、どこにいる?

愛するむすこたちへ

少し昔話をするよ。
君たちのおばあちゃんの話さ。

パパは子供の頃、おばあちゃんのことが大好きだった。

おじいちゃんが仕事で忙しい事もあって、
出かけるときは大体おばあちゃんと一緒だった。

毎週の習い事で、
スイミングスクールに通った後は、
近くのスーパーで焼鳥(レバー)を買って、よくたべてたなぁ。

そうそう、
おばあちゃんはアイドル好きなところがあって、お気に入りのグ

もっとみる

子の心親知らず

先日、学校帰りの息子と歩いていると、帰り道が一緒になった男の子がこんなことを聞いてきた。

「ねぇ、知ってるでしょ?いっぱい人を刺したあの犯人。ひどいよね。絶対地獄に行くよね?」

『うん、酷い事件だね。もし地獄があるとしたら行ってるだろうね。』

「地獄はあるよ!地獄行きだよ!!」

男の子は語気を強めた。

『そうだね。命を大切にしない人は地獄に行くと思う。だから自分の命も大事にしないといけな

もっとみる

父の死から学んだ「自分らしく生きること」

まえがき
 noteで自分の思いや感情を書きなぐることに慣れてきたおかげで、ふと、死んだ実の父のことをテキストに起こしてみたくなった。
 そして、僕の人生の生き方、死んだ父のおかげで芽生えた死生観=自分らしさを振り返るいいきっかけになると思ったので、誰かの人生の参考になればと思い、書き留めておく。

自分のフィルターを通す人生

あなたは、自分らしい悔いのない人生を生きていますか?

もちろん悔い

もっとみる
そんな風に言われると、すごく恥ずかしいです。でも、ありがとう。
67

👨‍👧Movie.ゲットウィルウィルハンティング

◇一番心を許せる人。
かっこよくて大好きな人。
将来結婚するならこんな人がいいなと思う人。

それが父だ。

先日二人でお出掛けしたとき、
どんな話の流れだったかは忘れてしまったが、好きな映画の話になった。

「ゲットウィルハンティング」

父に一番影響を与え、なにより一番好きな映画だという。

翌日さっそく借りてきた。
父も私と同じくらいの年頃に見たという。

20歳の当時の父は、この映画を見て

もっとみる

バカと天才は紙一重?子育てって大変だけど面白い!

朝起きて2階から1階へと続く階段を踏み外さないように細心の注意を払いながら降りる。あとから降りてきた家族に「おはよう!」と元気よく挨拶。

一瞬の沈黙を立ち込ませながら、うちの天才である小学1年生の娘が放たった「……それで?」という返事に、”人生と子育てのあり方”について深く深く考えてしまう。そんなこと、君にもあるだろう。僕にもあるのだから。

バカと天才は紙一重

「うちの子どもは天才だ!」と、

もっとみる
「スキ」って言われて、「ボクも」って言いたいけど言えない。ごめん。
32

父と息子の関係性を感じる「スパイダーマン/ホームカミング」

スパイダーマンのテレビアニメが好きで観ていたのは、もう40年以上前のことだ。
 ……と書いてみて、ちょっとオソロシくなった。私にとっては、だいぶ前だから20年くらい前か、と思ったら、40年を超えていた。ああ自分の年齢なんてわからなくなる。もうわからなくなっちゃって良いのになあ。

 何度も書いているけど6歳とかその頃、バットマンやブラックパンサー、ワンダーウーマンと一緒にスパイダーマン、そういった

もっとみる

蝶採集は最高のビジョントレーニング(格闘技を始めるかもしれない息子へ伝えたいこと1)

前回「僕が父から伝えられた中で1番大切なこと」でいきなり脱線したが、今回は格闘技に直接役立つことを書く。

蝶採集は最高のビジョントレーニング

 数年前から格闘技界でビジョントレーニングが流行りだした、Wikipediaから引用すると

「眼球運動のコントロール能力、焦点合わせ機能、両目の協調機能、動体視力、立体視能力、奥行き認識能力等の視覚能力を向上させるトレーニング」

とのことだが、「視覚

もっとみる