【生理学】心筋の特徴について

【2019/11/19 更新】このノートは鍼灸師の国家試験対策用にまとめています。

はじめに

こんにちは、鍼灸国試対策ノート作成中の「もむけ」です。

このノートは
【生理学】心筋の特徴
についてをまとめていきます。

心筋の特徴をさらさらといえますか?
心筋は随意筋と比べて絶対不応期がどうなのか?

今回はそういった心筋の特徴についてまとめていきます。

ーこのノートの読み方ー

「▶」国家

もっとみる

【生理学】RBF?RPF?GFR?腎臓の働きと糸球体の濾過について

【2019/11/18 更新】このノートは鍼灸師の国家試験対策用にまとめています。

はじめに

こんにちは、鍼灸国試対策ノート作成中の「もむけ」です。

このノートは
【生理学】腎臓と糸球体の濾過について
についてをまとめていきます。

腎臓の仕組みについてまとめています。
今回のノートは生理学的な要素をまとめています。

解剖学的な「腎臓の仕組みと働き」については下記ノートもご参照ください。

もっとみる

【生理学】なにかしら問題として出てくる体液についてーゴロとイメージで徹底攻略ー

【2019/11/16 更新】このノートは鍼灸師の国家試験対策用にまとめています。

はじめに

こんにちは、鍼灸国試対策ノート作成中の「もむけ」です。

このノートは
【生理学】体液の組織と働き
についてをまとめていきます。

例えば「成人男性における体重の約60%は、細胞外液である。」なんていう問題が出てきたとき「○」「×」と答えることができますか?

今回は、いくら覚えても3歩歩いたら忘れる

もっとみる

【生理学】膜輸送とは?細胞内の物質移動・輸送について

【2019/11/12 更新】このノートは鍼灸師の国家試験対策用にまとめています。

はじめに

こんにちは、鍼灸国試対策ノート作成中の「もむけ」です。

このノートは
【衛生学】病原微生物の分類についてとゴロ合わせ
についてをまとめていきます。

教科書のはじめの方すぎてすっかり記憶からなくなっている方も多いのではないでしょうか。

膜輸送とは、細胞膜を通過できない物質は細胞膜に埋め込まれたタン

もっとみる

【解剖学】DNAの相補性って何?国試向けDNAの講座

【2019/11/11 更新】このノートは鍼灸師の国家試験対策用にまとめています。

はじめに

こんにちは、鍼灸国試対策ノート作成中の「もむけ」です。

このノートは
【解剖学】【生理学】相補性など国試向けのDNAに関する内容
についてをまとめていきます。

DNAって実はめちゃめちゃ複雑で今も解明されていないことばかりなので詳しいことはわかりませんが、国試で点数が取れるぐらいには知っておきたい

もっとみる

#2 ちょっと待った!【速筋が遅筋化する】は有り得ない?

速筋の遅筋化にモノ申す!

今回は生理学的観点から、
速筋線維と遅筋線維についての解説をします。

"〇〇な練習は速筋線維が

遅筋線維化してしまうから良くない"

皆さんもブログやSNSで、
こんな内容を目にしたことはないですか?

まず、結論から述べますと

"筋繊維単位で見ると、トレーニングによって
速筋が遅筋化するのは当たり前の事である"

"遅筋繊維の増加は悪ではない"

と言え

もっとみる

深筋膜の役割と機能🚆🚉💪

目次
1.深筋膜とは
2.役割と機能
3.まとめ

1.深筋膜とは

「深筋膜」は ,筋と相互作用し💪
筋の力伝達に関与する密度の高い線維層の組織です
エラスチン(弾性線維)がほとんど含まれないため
伸び縮みはなく、滑走することで機能を果たします

更に深筋膜は
腱膜筋膜と筋外膜に分けることができる

筋外膜は各筋を特異的に包み込んでいるため、下にある筋への緊密な付着がある
イメージは駅🚉

もっとみる

大きく呼吸するのはなぜいいのか?

浅い呼吸と深い呼吸

同じ酸素を取り込む動作でも
浅い呼吸よりも深い呼吸のほうが
体にいいというイメージがあるかと思います

僕もそう思います

ではなぜ良いのでしょうか

その理由となるものを
2つ紹介させていただこうかと思います

自律神経の影響

人の自律神経は常に波打つように
交感神経・副交感神経が優位になっていきます

それは呼吸の中にも存在し
息を吸うとき・・・交感神経優位
吐くとき 

もっとみる

ATP産生の第2工程 〜クエン酸回路編〜

前回はATP産生の第1工程「解糖系」をみていきました。

解糖系はこちらhttps://note.mu/lilt/n/n546416a9690a

解糖系の簡単な流れはこちらでしたね。

では次の第2工程のクエン酸回路に行ってみましょう!

解糖系で生じたピルビン酸は酸素があることでアセチルCoAとなり、「クエン酸回路」を回していくとになります。このクエン酸回路を回す過程で2つのATPが産生します

もっとみる

動作をみるために
0姿勢保持の正常を知る(支援活動、バランス反応含む)
①動作の正常を知る(支援活動、バランス反応を含む)
②おかしいな?と思ったら特徴を全体的にみる
③動作は重力下のため床反力の通る順に骨・関節をみる
④活動が過剰、または消失してたらそこを調べる(基本消失を!)

よろしければ貴方の考え方をお待ちしてます!🙋
4