異文化コミュニケーション

「日本の可愛いもの、何だろうな〜!」
14歳の私は、 日本の可愛いものを探していた。
なぜなら、Because 、、、My friend's birthday is coming soon!
おっと、失礼。つい英語で話してしまいましたわ。

14歳の私は、海外文通を始めた。
今のように簡単に海外の人とメールなどできない当時、『ペンパル』といって海外文通が流行った。
学校だったか英会話スクールだった

もっとみる

あなたの体調が悪いのは低気圧のせいかも??

小学生のころ理科の教科書で気象について学んだことを覚えているだろうか?低気圧だと天気が悪いとか、1013hPaは1気圧とか聞いたことがあるだろう。

実はこの小学生でも習う気象現象が実は人間の体調に影響してしまうことがある。それが低気圧による気象病だ。

梅雨時期は特に体調がすぐれないという人が多いのではないだろうか。ぼくも最近は体調がすぐれないので調べてみたことを簡単にメモしておこうと思う。

もっとみる

ひとの気持ちを大切に丁寧に扱うことは世界を平和に導くと信じているので、その研究をしています。という話。

機微を察するのが大事です。
ということについて書きます。

機微は世界を平和にすると思っています。
ちなみにちょっと前に、世界はそんなに悪くない、とファクトフルネスという本で読みました。(夢中になって一気読みしました。あまりに無知な自分を知る、そしてファクトフルネスという考え方の重要性を知る非常に有意義な一冊でした)

が、世界がそんなに悪くなくなっている副産物として、”悪意”への認識も変わってき

もっとみる

海外生活で学んだコミュニケーション力

今日はわたしのお気に入りのバスドライバーさんの話をするね。

シドニーは混雑した街だから(東京ほどひどくはないけど)、たくさんの人が交通手段にバスを使ってるのね。で、いろんなタイプの運転手さんがいて。若い人や高齢の人、親切だったり失礼だったり、いい人だったりひどい人だったりとかね。

そんなバスドライバーさんたちのほとんどは乗客のわたしたちによくしてくれないから、何の興味ももっていなかった。でもあ

もっとみる

街には機微があふれてる!#01 in大戸屋

”機微”とは人の気持ちの小さな変化です。
それを察してコミュニケーションを取る力を、”機微力”と呼びます。

大戸屋で見た機微力

大戸屋さん、とても好きです。大戸屋さんにばくだん小鉢というのがありまして、納豆・おくら・やまいも・まぐろ・卵が小鉢にモリモリ入ってます。わさび醤油で頂きます。
納豆と卵が大好きなので、初めてこの存在を知った時の興奮ったら!しかも結構お腹にたまるので、この後ごはん超少な

もっとみる

みんなちがって、みんないい。って本当に日本人が思っているのか問題。

仕事初めの顔合わせで…

ロシアのエンジニア、ロドリゲス(仮名)と仕事を始めることになり、その決起会として飲みに行ったときのことです。

お互い、ほぼ初対面なので、今までの仕事の話や家族の話などをしていました。ロドリゲスは家族をとても大事にしていて、奥さんと毎日ご飯を一緒に食べて、週末は庭に芝生を植えたりBBQをしたり、楽しく過ごしているんだそう。

私の話になったので、「うちは旦那さんは仕事が忙

もっとみる

6月25日猛獣塾入門講座開催

現在、全国各地で開催中の猛獣塾入門講座

お蔭様で、東京・大阪を中心に述べ400名以上の方に受講をいただいております。

今回はいかしあい隊様とタイアップにて開催しました。
(7月以降の開催予定は決まり次第HP、SNS等でお知らせいたします。入門講座は復習受講は1年間無料になっておりますので、ぜひご参加ください)

下記に当日の様子を紹介します。

「組織をまとめるために行った西田流のポイントを紹

もっとみる

【コラム】人を手伝える人と手伝えない人。面接で見分けられる?

とある学校さんの外国人留学生のための就職説明会にお邪魔してきました。

朝、時間よりすこし前に会場に入ると、学生さんたちが先生の指示に従って企業の座るブースの机や椅子をセッティングしています。

こういうところで毎度思うのですが、誰がやってもいい仕事を積極的にやる学生さんと、そうではない学生さんと、分かれます。

普通の就職面接や面談の場でももちろん、学生さんの一面を見ることはできますが、実は本当

もっとみる