中国と日本の文化や習慣の違い

断食が終わった後の1週間の中で4日間も飲み会でした。笑

もう誘わないで〜ってぐらい飲み会が続く。これも中国ならではの文化です!そして飲んでいる時に、中国と日本の文化や習慣の違いを感じることがよくあります。

酒は自分のペースで飲めない

自分のお酒なんだから自分のペースで飲みたいのですが、そういう飲み方はしない。コップの底でテーブルをコツコツと叩いて、「さあ飲もう!乾杯」という具合で1杯目。それ

もっとみる

異文化コミュニケーション

「日本の可愛いもの、何だろうな〜!」
14歳の私は、 日本の可愛いものを探していた。
なぜなら、Because 、、、My friend's birthday is coming soon!
おっと、失礼。つい英語で話してしまいましたわ。

14歳の私は、海外文通を始めた。
今のように簡単に海外の人とメールなどできない当時、『ペンパル』といって海外文通が流行った。
学校だったか英会話スクールだった

もっとみる

拙い英語で3時間話すと中心の想いが見えた

大学生の頃、常連だったカフェに
オーストラリア人の男性がよく来ていた。
彼は、勤めている会社の
日本支社で働いていて、大阪に住んでいた。
京都の隅っこのカフェまで通うなんて
アクティブな人だなあと思っていた。

もう、7年も前になる。
当時から私は英語が大の苦手。
話すことは楽しいけれど、
単語も文法も、からっきし。
とにかく、
英語をまともに勉強したことがない。

でも、彼と話すとなぜか自分が

もっとみる

外国にルーツを持つ子どもへの言葉の教育 文化の持続<後半>

外国人児童生徒に対する国語科教育とはどのようなものなのか、ということについて考えています。これまで、国語科教育は日本語母語話者に対する教育で、日本語教育は日本語を母語としない子どもたちに対する教育である、という形でその住み分けがなされてきていたように思います。しかし、学校の教室において、外国人児童生徒を見かけることが特別なことではなくなってきている現在、国語科教育は決して日本語を母語とする子たちだ

もっとみる

ありがとうを言わない中国人

言葉を学ぶ際には文化も合わせて学ばないと誤解を生む。
その最たるものは「谢谢」だろう。
日本では「ありがとう」を言えば言うほど人間関係が良くなると思われており(事実そうだと思う)当然自分も日本では、ことあるたびに「ありがとう」を使っていた。

しかし中国人は、親しい人には「谢谢」と言わない(そして、親しくなるスピードがやたらと早い)。
ありがとう=谢谢、どういたしまして=不客气、と授業の初めの頃に

もっとみる

【世界三大料理大堪能】ターキッシュパーティーで英才教育!

こんにちは!

あまりにも梅雨入りが遅いので、「今年は梅雨がないんじゃないか」と淡い期待を寄せていた伊藤夏実です。

リバ邸からふる発起人&管理人をしています。

とうとう徳島にも梅雨がやってきました。
今年の四国の梅雨入りは、6月26日ごろだったらしいのですが、例年、昨年と比べて21日も遅いそうです。

やはり、最近、気候がおかしいですね。

さて、そんな梅雨入りの少し前。6月22日。
リバ邸か

もっとみる

外国にルーツを持つ子どもへの言葉の教育 文化の持続<前半>

日本語を母語としない子どもたちに対する教科の教育(主に国語)について考えています。外国にルーツを持つ子どもたの教育を考えるときに参考になる大きな観点として、子どもたちの持っている母語や他の言語をどのように彼らの学びに活用していくか、というものがあると思います。以前書いた「トランスランゲージング」などはこの観点に基づくものと言えるでしょう。

 一方で、子どもたちが教室にもたらすリソースは、言語だけ

もっとみる

ステフィン・カリー2年連続3度目の来日

どーも、こんにちは。わたぼーるです。
今日もバスケ情報を発信していきたいと思います。

本日は、NBAで現在最も注目されている選手の一人、ステフィン・カリーについての話題です。

6月22、23日にカリーが東京へ来日しました。カリーが日本に来るのは、2年連続3度目になります。

さまざまなイベントに参加していたので、その様子をお伝えしようと思います。

ちょっとその前に、ステフィン・カリーを知らな

もっとみる

【15歳、カナダへ行く】ばいばいカナダ

(6月26日当日に書いています。)

今日の朝はとても早く、最初のフライトが朝の7時出発なので、朝の5時起きでした(笑)
詰めていなかった残りの荷物を詰めて、空港へ向かいました。朝が早いこともあって、ホストシスターたちはまだ寝たままで、ホストペアレンツが空港まで送ってくれました。

ホストシスターたちとは、昨日の夜に沢山ハグをしてお別れを言いました。
その時からもつ泣きそうだったのですが、必死に我

もっとみる