失敗するかしないかはどっちでもいい⚖問題なのは、失敗に気付かないこと👁失敗や成功から何も学ばないこと🤪

私たちは生まれてから膨大な失敗をしてきました💥

歴史をみれば明らかです📚

経験からもそう言えます。

そして、私たちは成功よりも失敗のことの方に意識が向きやすいです。

冷暖房で部屋を快適にしたり、きれいで美味しい水を飲んだり、食糧を大量に生産したり、機械を使って高度な計算をしたり、インターネットでどんな情報にもアクセスできたりなど、科学技術の発展によって私たちの生活は昔と比べて大幅に豊か

もっとみる
私の記事をスキしていただいたあなたに送ります。スキ!
1

【日記】ドラえもんの出生にヒントがあった。

アメトーーク!ドラえもん芸人を見返す機会があり、その中で『2112年ドラえもん誕生』という映画の場面が使われていた。それをきっかけに、映画本編を見直した。

そうして何のヒントがあることに気づいたか?

はっきり書くのが照れるようなことなので、読み進めていくうちに分かるように書いていく。

ドラえもんは、一生懸命に努力する。だが、その努力は実らない。映画を観た方ならば、「いや実ったよ。一生懸命頑張

もっとみる

【困窮してみた・再生編 No.7 〜OZZY家の家計を晒してみた〜】

現宅に越してきてはや5ヶ月。
 前宅時代から家計簿的なものはつけてはいたものの、家計周りが母の担当&数字の管理をしたがらない人だったので、家計内のブラックボックスが多く、正確な家計状況が全く把握できませんでした。

 こちらに来て2ヶ月ほどは、まだいろいろとイレギュラーもあったのですが、最近やっと落ち着いてきたので、ここで一度OZZY家の家計を晒してみます。
 まずは2019年4月分から。

もっとみる

Photovoice フォトボイスとは

3 - 4ヶ月ほど前に、初めて知った言葉。災害後の展示などでも使われる手法です。コミュニティヘルスに関わりたい自分としては、是非とも運営方法から分析方法まで、詳しく学びたい手法の一つ。

言葉の意味

ある出来事にまつわる写真 (Photo) と当事者の声 (Voice) を記載した文章を合わせて展示すること。
その展示活動が、観た人やプロジェクトに参加した人に与えた影響を調べることも含めて、リサ

もっとみる

【困窮してみた・再生編 No.6 〜相対的貧困〜】

【『相対的貧困状態』ってこれかぁー!】

 月曜日(2019.6.17)の血液検査で、例の病気が概ね治ったことが判明しました。

 午前中に保険証を取りに行く(区役所は電車で10駅ちかく離れてる。前宅は徒歩でいけたのに……)

 保険証ゲット。病院へ。

 病院の前で保険証を家に置き忘れたことに気づく(一旦帰宅して貴重品を置いたことが仇になった)

およめさまに持ってきてもらう(家から病院ま

もっとみる

【困窮してみた・再生編 No.5 〜保険証が切れました〜】

【保険証がきれました】

 任意継続で利用していた保険証が、6/11付で失効になりました。
 人生初(覚えている限り)の「無保険状態」です。

 任意継続の保険証は、毎月、失効前日の日までに翌月の保険料を「必ず・1日たりとも遅れず」支払わないと、問答無用で失効になります。
 国民健康保険への切替のためには、『社会保険資格喪失証明書』というものが必要になるらしくて、喪失次第健保組合から発行されるらし

もっとみる

社会正義に懐疑的

私はワーキングプアである。石川啄木は働けど働けど我が暮らし楽にならず、ただ両の手をじっと見つめる、と老母を庇護しながらの生活を表現し昇華した。私は彼のような知性はないのでここで零す。マグマが滾る。過去の感情が現在にやってきて私を飲み込む。飲み込まれまいと抗う。
 児童虐待は生存後に後遺症を置土産にする。要らない置土産だ。踏みにじられた自尊心は怒りの捌け口を探し、知らぬ間に自らの正義の下、他を踏みに

もっとみる

C.C.Pチャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト

福祉作業所とクリエイターやメーカー、NPO、プランナーなど、たくさんの人が関わるものづくりを通して手に取る人をしあわせにして誰もがボーダーなくつながる未来をつくるプロジェクト。

https://www.felissimo.co.jp/ccp/

社会心理学・社会福祉学・仏教哲学から考える「死にたいなら一人で死ぬべき」という非難が良くない理由

神奈川県川崎市で、スクールバスの乗車待ちをしていた児童が多数殺傷され、死亡者が出るという大きな事件が発生しました。まずは被害を受けられた方の回復と、亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げます。本記事は、その折にNPO法人「ほっとプラス」代表理事の藤田孝典氏(以下、藤田氏)が記事として執筆し、ツイートもされた「死にたいなら一人で死ぬべきという非難は控えてほしい」という旨の内容について、社会心理

もっとみる

【困窮してみた・再生編 No.4 〜福祉事務所にいってきました・その2〜】

←前回はコチラ

 個室に入っての、具体的なお話がはじまりました。
 事前に以前の居住区の社会福祉協議会のご担当者様からお話はとおしてもらっていたものの、今回はゼロベースからになります。

 今回は申請に至っていないためか、特にこうなるに至った経緯などは訊かれることはありませんでした。質問されたのは現在の所持金(銀行口座に入っているものも含む)の総額くらいで、基本的には「生活保護ガイド」という冊子

もっとみる