たましいがはるばると清む秋晴よ

あきばれ:三秋

俳句は余情をたのしむ文芸です
句の先の世界を楽しんでいってください

サポートいただいたみなさまへ

◇ 俳句のご使用 ◇
この記事の俳句は
ご自身の記事や作品のなかで
ご自由にご使用ください

◇ 作者名 ◇
作者名として「草笛」と
お書き添えください

◇ 商用利用 ◇
note内外での
商用利用につきましては
ご相談ください

◇ 著作権 ◇
Kusabue

Kusabu

もっとみる

ものすごい自我

9月に入ってから良い夢ばかりみる。テレビの中の憧れの人が、大事に思ってくれるのが伝わってくるような笑顔で一緒にいたり、今ではなかなか会うことが難しくなってしまった男の子が私に会いたかったー!!と泣きじゃくってくれたり、友達が私のことをあなたそんな語気強めたことある?というくらい強く、ものすごい剣幕で庇ってくれたり、まるで新明解国語辞典の愛の定義のようで、起きた後に幸せな気持ちになる夢ばかり。

もっとみる

気持ちの良い秋

今日は久々にはれてますね。
朝ごはんは、ミートソースとチーズのホットサンド。
友達が結婚祝いにくれたホットサンドメーカーで作りました。
あの、チーンっていう懐かしい音。なんだろうな。なんで懐かしいんだろうな。
ずっと昔実家で使ってたトースターの音かな。
なんだかこの音を聞くとワクワクします。

今日はなんだか爽やかな気分。朝から筋トレもして、シャワーも浴びて…
洗濯機を回して、これから掃除機をかけ

もっとみる

父の手のハンドル握る陽だまりに
知らない流行りのポップスはじける