光に溢れる美術館

先週、日本に一時帰国をした際に、姉の住んでいる長野を訪れた。軽井沢は光と緑が美しい場所だと思う。

ミラノに住み始めてから、美術館巡りが日課のようになりつつある。今後はミラノでの美術館巡りの記録もnoteにアップしていきたい。

**********************************

軽井沢千住博美術館

エントランスを入ると、思わず息を飲む。
千住博氏の代表作である「フォーターフ

もっとみる

【Book Review】”音で世界を感じる"ということ。"想いは響きに乗る"ということ。

1. はじめに

目に留めてくださり、有難うございます。

このNOTEでは、私がある本と出会うことで「それまでの自分の思い込みがどのように壊れたのか」「何かと何かがどのようにつながったのか」について綴りたいと思います。

今回は「日本語の美しさ」に関する本を読んで感じたことを綴ります。

時に脱線しつつ、徒然なるままに。
お付き合い頂ければ幸いです。

2. 今回取り上げる本

【日本語はなぜ美

もっとみる

ガーターのススメ2〜ストッキングの留め方~

こちらの『ガーターのススメ』
お蔭様で沢山の反響をいただいています😊💕
いつもご覧いただき、本当にありがとうございます✨

そこで、今回はお問い合わせの多かった
ストッキングの留め方を画像付きでご説明致します💁‍♀️

男女ともに
「ガーターは装飾的なセクシーアイテムだと思っていたから
こんなに機能性の高いアイテムだったなんて凄く意外‼️‼️」
と言うご感想が非常に多く、
1人でも多くの方に

もっとみる
ありがとうございます✨他の記事もご覧いただけたら更に嬉しいです💖
8

美しさの本質

昔から、自分の奥二重が嫌いだった。
目も大きくないし、ぱっちりもしない。
私の青春当時の流行は、

目の大きな女の子=可愛いだった。
西洋のお人形みたいな。

ぱっちり、くりくり、おめめ。

だから、余計自分の目が嫌いだった。
ガミースマイルも
鼻が低いのも。
欠点はどんどん溢れてく。(女だから)
鏡も見たくない程。

だから、メイクで隠す事にした。

二重の幅を大きくして
付け睫とかもして

もっとみる

【C++】演算子のオーバーロードを使って美しいコーディングを

2次元のベクトルを管理するクラスを作ってみる。ベクトルというと高校数学で習ったあれだが、ここでは、その数学のベクトルの機能になるべく忠実になるように設計してみる。
設計を進めていくうちに演算子のオーバーロードがとても有り難く美しい文法であることが分かるようになるだろう。

ここではヘッダーファイルに記述するものしか載せない。実装内容は以下のリンクにある。

とりあえずクラス宣言を行う。次元数は2な

もっとみる

1ヶ月ブラジャーを着けられないとどうなるのか?(実体験)

先月半ば、上半身に大きな怪我を負ってしまい、
約1ヶ月ブラジャーを着けられずにいたら、
ボディラインと諸々のコンディションが目に見えて悪くなりました…😭
(只今絶賛立て直し中です!!)

長期間ブラジャーを着けていないのは
2017年にほぼ寝たきり&車椅子で長期入院
&自宅療養をしていた時以来の事なので、
備忘録として記しておこうと思います。

※ブラキャミやノンワイヤー愛用の方を
 脅したり、

もっとみる
ありがとうございます✨リクエストもお待ちしております😊💕
4

日々、自分らしさを捨てていく

「この写真はあなたらしい」
「その服は意外だね」
と日々、いろいろな人から言葉をもらう中
感じるのは
私という存在に一貫性がないこと。
 
 

言い換えると
私という個性は色も形も目に見えるものはほぼない
ということだ。
 
 

例えば服は全く違うテイストのものを広く所有しており
朝の気分で決めるし
メイクや聴く音楽までジャンルにこだわりがない。
 
 

昨日はMonicaを聴いていても

もっとみる

私たちは人の背中を見たいのか?

クライアントに、魅力的な方がいる。
私と同じ営業職で企業の管理職をなさっている方だ。
仮にAさんとする。
 
 
その方への周りの評価は賛否両論。
これまでの経験上、
みんなから好かれる人=胡散臭い
の警戒注意報が私の中で発令するので
このケースに関してはむしろ問題なし。
 
 
そんなAさんにまつわる話を書いてみようと思う。
 
 
今より10年以上前のこと。
仕事がたくさんあり、営業すればする

もっとみる

美しさの基準をつくる

美しいの基準が段々と変わってきている気がします。

これまでは「美しいとはこういうことだ」という、みんなに共通の基準があったけれど、

私自身「美しさ」に興味を持ってから、基準がたくさんあることに気づきました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

私は最近YoutubeでVOGUEの動画チャンネルを見たり、Twitterのタイムラインに流れてくる「美しさ」に関する記事

もっとみる

14歳の長洲未来に感じた可能性。

先日『17歳の浅田真央と14歳の長洲未来』というコラムをnoteに書いた。書いていたら、真央ちゃんよりも長洲選手とキャロライン・ジャン選手の方に焦点が当たり過ぎたなと感じたので、14歳の長洲未来に感じた可能性というものをもう一度書いてみようと思った。

私が長洲未来選手のことを知ったのは、2010年に開催されたバンクーバーオリンピックである。多くの日本人が長洲選手を知ったのはこの時ではないだろうか

もっとみる