自助

おうちごはん

最近、ごはんを作ったときにたまに写真を撮っているんですが、どこにもあげられてないなぁと思ったのでぺたぺたしてこうかなと。

今回はそんな回です。

生イカを捌いたので、イカソーメンにしました。

サイダーに砂糖・塩・レモン汁を入れて自家製の熱中症対策飲料をば。

マヨたまトースト。
これは朝食でコーヒーと共にいただきました。

サラダうどんと味卵。
これは今夜の夕飯でした。
ツナは梅をたたいて和え

もっとみる

他者性・共感力・距離感 「友情とファン心理から見えてくる輪郭線」

ここ数日、「放っておいてほしい」「わかってほしくない」といったような感情について考えています。今日はそんなお話。

どうも、下書きが増えて更新が滞りがちなクエッショニングのりゅうです。

人間力をつけようとレッスン中の俺ですが、わかることが増えてきた分、わからないことの『わからなさ』もぼやけていた輪郭が以前よりもはっきりとしてくるようになりました。

自分は幼児やワンコのような、聞いて!構って!遊

もっとみる

ストレス診断やってみた

どうも、クエッショニングのりゅうです。

タイトルの通りやってみた。

僕は今絶賛療養中の身、主に家事をしながらこうして文字を書いて暮らしている。

書く文字は、ここのように無料公開しているものと応募などが主で今のところ収入源にはなっていない。

療養が主であるため、今の自分の疲労度やキャパシティを手探りするのが目下のメイン作業。

そんな自分が今、ストレス診断をした。

結果は、

重度のストレ

もっとみる

「みんな」でやらないことのススメ

何か企画をする際は、みんなで考えて、みんなで議論して、みんなで決めて、みんなで行動して・・・と思っている皆さんへ

そもそも「みんな」って誰ですか?

これを見たあなたが、個別具体的に「○さん、○さん、○さん・・・の○人で、役割分担はこうなっていて・・・定例的にいついつ打合せを持っています!」と言えるレベルなら、それはもう「みんな」でやるというより、上のステージに入っています。

中の人が言いたい

もっとみる

人の役に立ちたくない 下

(上からの続き)

 同じ理屈で、精神に障害を抱えた当事者(運動)が、同じような属性の人々を、長期的・継続的に受け入れていけるのかどうかということに、俺は疑問がある。
 精神障害とかは関係なく、コミュニティを運営したことがある人ならわかるだろうけど、単に箱や場を用意すればいいというものではない。箱や場を用意するのは最低条件として、イベントなどでコミュニティに刺激を与えて、内部の軋轢を調整して、必要

もっとみる

人の役に立ちたくない 上

「双極性障害」という精神障害を負ってから、もう八年になる。思い返せばつらくてしんどい八年間だった。
 障害と過ごす八年間の中で、自分なりにいろいろと考えた。障害との向き合い方・付き合い方・障害への関わり方など……。

 はじめは、孤独に苦しんだ。双極性障害の罹患率は約一パーセント、なので一〇〇人に一人くらいは患者がいるはずなのだが、精神障害の特有の性質なのか、はたまた俺が療養していた土地が陰湿なド

もっとみる

【これからの日本】山を捨てよ町へ出よう!「当初予算書読破のすすゝめ」

結論から言ってもいいですか?
土地という資産を持っていても、それが山の中のものならば、
それを捨てて「まちに住もう」と強くおすすめしたい!
「田舎暮らし」が、その自治体全体の重荷になってくるのは目に見えてるから!
そして、いずれ見捨てられてしまうことも充分に考えられるから。

インフラ整備費が、市民生活を圧迫する

次の図を見てください。

「社会資本の老朽化の現状と将来│国土交通省」

これを見

もっとみる

【0次の備え】ミニマムな防災ポーチのつくり方ーTHE BOSAI―

「THE BOSAI」の冠をつけて、防災情報を発信すると決心した一方、膨大で複雑な防災情報をどのように発信するのが良いのか悩んでいた。

昨日下記の会に参加し、「情報」として右から左に流れがちな防災知識を「コンテンツ」化する方法について、様々なアプローチ方法の例を交えながらご教示いただいた。

その中で、参加者のひとりの女性から、いつでも持ち歩ける「防災ポーチ」が流行りつつある旨を伺った。

実際

もっとみる

時代を動かした人は英雄として持ち上げられたあとでキッチリ老害になる

「時代は行ったり来たりすると思うんですよね。今、『会社員ダサい』『起業やフリーランス最高』なんて言いつづけてる人たちは、いつかそれが主流派になったときに老害扱いされるかもしれないと思って言ってるのかな」

みたいな話(要約)を友人がしていて、なるほどなぁ~と思った。

確かに時代ってほんと行ったり来たりすると思う。時代が分かるほど生きてはいないが、働き方という意味でなら今はちょうど終身雇用がとうと

もっとみる

あてにならない年金、頼りになる英語。年金破綻宣言、老後の安心は英語で要塞化。

こんにちは!語学の裏設定のSlovarです!

金融庁の年金破綻宣言。自分で何とかしてください。100年安心プランが100年自助努力プランにサイレント変更。

平均寿命が100歳に近づきつつあり、年金ぐらしの高齢者が毎月5万円の赤字を出す中、働き盛りの私達はどうしたらよいのでしょうか?

今日は英語という非日常な観点から年金問題について考えていきます。結論から言えば、「あなたが高齢者フリーランスと

もっとみる
英語の利点3:積極的になれる。仕事も恋愛も。アメリカ人は積極的ですね!
15