西洋美術

宮仕えはつらいよ~ベラスケス

宮廷画家の一番やっかいな点…それは、絵がうまいだけではダメ、ということだろう。

 王室お抱えの画家として、国王一家の肖像画(記念写真)や、装飾用の絵を描くのはもちろん、時として絵とは全く関係ない仕事をやらなければならないこともある。

 祝祭のプロデュースならまだ良い。装飾や、絵を描くもとになる神話や聖書、歴史などの知識が活かせる余地がある。絵以外にも得意ジャンルを持っているなら、大いに仕事の幅

もっとみる

レオナルド・ダ・ヴィンチがミラノに残したタネ

「これぞ!」と張り切って、描いたものよりも、時に落書きやメモとして書いたものの中に、意外と面白いタネが隠れている。

 「万能の天才」レオナルド・ダ・ヴィンチが、ミラノに残したものと言えば、まず、この<最後の晩餐>だろう。(壁画なので、ちゃんと今でもミラノに残っている)

 しかし、それだけではない。

 もう一つ、同じくらい重要なのは、彼がミラノで書いた手稿やデッサンだろう。

 ミラノに来る前

もっとみる

かわいいカトリック聖画 (イタリア人修道士作)

この聖画は、14世紀〜15世紀頃にイタリア人修道士が描いたフレスコ画の聖母子像です。「Santa Maria Bianca(サンタ・マリア・ビアンカ)」と呼ばれています。

Biancaはイタリア語で「白」という意味です。なので、Santa Maria Biancaは「白の聖マリア」「白き聖マリア」「白の聖母」との邦訳になるでしょうか。

この御絵(ごえ;カトリック信者による「聖画」の通称)の作者

もっとみる

レイアウトのセオリー

今年マンガ大賞3位になった「ブルーピリオド」は、美術大学を目指す美術予備校(研究所)が舞台という少々マニアックな話です。
私も美術の予備校に通っていたので、これを読むたびに当時の教室の匂いや受験の緊張感が鮮明に思い起こされます。

ネタバレになるので漫画のストーリーには直接触れませんが、興味があれば各自で読んでみてください。
今回はブルーピリオドにも出てきたレイアウト(構図)のセオリーについて書き

もっとみる

【彫刻】ミケランジェロ《ピエタ》における芸術思潮と主題の表現方法

≪ピエタ≫は、ミケランジェロが 1499 年にローマで作成した大理石の彫刻で、サンピエトロ寺院に展示されています。

《ピエタ》

1. ルネサンスとミケランジェロ

《ピエタ》は、ルネサンスの時代に作られた作品であり、ルネサンス芸術とは 15 世紀から 16 世紀にかけイタリアはフィレンツェを中心に展開し、絵画、建築、彫刻などあらゆる芸術に影響を与えた史上最も重要な芸術運動のことを指します。

もっとみる

クリムト展

クリムト展に行ってきました。

すごい混雑で、ゆっくりは見られなかったけど作品は素晴らしかった。クリムトといえば金箔をふんだんに使った絵がよく知られているけど、今回の展覧会で最も印象に残ったのは、ドローイング作品の中にあった子供の絵でした。

クリムトは生涯結婚はしなかったけど、絵のモデルたちとの間に14人(!)の子供がいました。

生まれた子供達のうちのひとりは生後81日で亡くなってしまい、その

もっとみる

【絵画】ゴシック期とルネサンス期における美術様式のちがい

初期ルネサンスの作品はゴシック的傾向の延長と見なされていますが、自然主義の発達はその比較において見てとることができます。

このnoteでは、ゴシック様式のジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ作≪玉座の聖母子≫と、ルネサンス様式のマザッチオ作《聖母子》とを比較し、その差異を見ていきたいと思います。

1. ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ≪玉座の聖母子≫

ジェンティーレの表現は、線や色やパターン

もっとみる

【建築】ロマネスク期とゴシック期における美術様式のちがい

ロマネスク様式は、ゴシック様式が誕生する礎石となった様式で、ゴシック様式においても踏襲された部分は多いですが、改良された点もいくつかあります。

このnoteでは、ロマネスク様式のサン=セルナン聖堂と、ゴシック様式のサン=ドニ大修道院とを比較し、その差異を見ていきたいと思います。

サン=セルナン聖堂

サン=ドニ大修道院

1. ファサード

まずは、ファサードに着目したいと思います。サン=セル

もっとみる

エリートの、ふりしてアート「北斎が引用されたモチーフは?」

LIFE誌が1999年に「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」で日本人で唯一選ばれたのが、葛飾北斎です!

今回は、葛飾北斎の作品が西洋にどのような影響を与え、誰に、どのように引用されたのか、画像で比較しながら見ていきましょう。

下記の記事にもあるように、アートを鑑賞する際、作品に含まれているモチーフを読み取り、それを繋ぎ合わせ、その作品を理解することが、アート鑑賞の醍醐味

もっとみる

【西洋美術】天使かキューピッドか見分ける方法

あなたは羽根の生えた人物を、絵や彫刻で見たことがありますよね。

ヌードだったり、白い服を着ていて、背中に羽根が付いていて、弓矢を持っていたり花を持っていたりというイメージがざっくり浮かんだのではないでしょうか。

あなたは、その人物が天使なのかキューピッドなのか、見分けることができますか?

え?天使とキューピッドは同じじゃないの?と思ったあなた、違いと見分け方をご紹介します。

分かりにくい西

もっとみる