カタルの現実逃避

夢を語ろうみんなに語ろう。
知っている人全員に夢を語ろう。
語り合う前に取り合えず語ろう。
自分のことを話そう。

沢山はなそう、ついでに自分の今後の目標も
話してしまおう。
野心がなくても語ろう。
ろうそくの炎が消えても語ろう。
「夢って、人に語ると叶わなくなる」なんて全くの嘘さ。そう思わないかい?
いいかい、できるだけたくさんの人に伝えるんだ。
なんなら自分から寄っていって、夢を語ろう。

もっとみる

Mr.Childrenを語る会!!【虹色映像232回目】

虹色ライダーのYouTube番組♬
【再配信】ですが、232・234・237回目と
3回に分けて配信したMr.Childrenを語る会を
一つにまとめてみました!!
※カットしたり、新たなテロップが加えられていますし
エンディングの字幕がそのままのため
本編と異なる箇所が見られますが、ご了承下さい。

ゲスト:兼田和明、久保宣仁、もこ

伊坂幸太郎を語る会!!【虹色映像153回目】

虹色ライダーのYouTube番組♬
【再配信】です。
前のアカウント停止により
再びアップしました。
【語るシリーズ】ということで
札幌ミュージシャンの伊坂幸太郎好きが集まり
ただひたすら伊坂幸太郎について語り合う会!?
ゲスト:菊地雅史、福井潤樹
紹介曲:太陽の塔/Ranchero
紹介曲2:手をとり合って/エレガント・モシモシ

ONEPIECEを語る会!!【虹色映像106回目】

虹色ライダーのYouTube番組♬
今回は【再配信】です。
札幌在住ミュージシャンを集めて
ただひたすら漫画・ONEPIECEの話をする会!!
ゲスト:菊地雅史、久保宣仁、原千香、福井潤樹


【注意】
前のアカウントにあった映像の再配信ですので
その当時の情報での話し合いになっております。
そのへんも含めて聞いて頂けたらと思います。

他者の想いをコトバにするということ〜ヴァイオレット・エヴァーガーデンを観て〜

手紙とは自己の想いをコトバにしたためること。

でも、自分の想いって思った以上に自分ではわからないもの、コトバにならないものなのではないでしょうか。

今回の記事のベースになる物語「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」はそうした人々のコトバにならない想いを手紙という形でコトバにする仕事「自動手記人形」を務める少女を主人公とする物語です。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンという物語

物語は第二次世

もっとみる
ありがとうごいざます!!!よかったらシェアの方も是非お願い致します!!
42

本来、変化するというのはチャレンジしたり良い出会いや経験が訪れれば必然。
変化する事が「初志貫徹できてない」「ブレてる」「飽き性」というネガティブなものとは限らない。

変わらない=良い事 ではない。

変わらないものは変わらない。
変わるものは変わる。
ただ、それだけなのだ。

え❔もしかして、もしかすると、キングオブ神❓なんとフォローまで⁉
2

そうだ!BLを語ろう!

泡盛を飲んで最高の気分なのでnoteに載せる文章でも書こうかと思って書いています。

語呂良吉です。

noteのアカウントを突発的に作っちゃって数日が経ちました。
その数日の間に自分に何を語れるのかをずっと考えてきました。
そこまで深刻に考えてもいませんが、まあうんこしてるときとか茶碗洗ってるときとかには考えてたかもしれない。
重いものからくだらないものまでいろいろ考えていましたが、得意分野を語

もっとみる

過去は過去でしかない。あまり語らないようにしている。今の自分の方が好きだし。だから今しか語らないし、これからもそうするつもり。自分磨きの旅は終わらない。輝いた状態のまま生涯を終えられたらどんなに幸せだろうか。まだまだその道半ばだから、アンテナをもっと増やして電波を出しまくらねば。

恋愛の事。

寂しがり屋すぎる。

離婚してから、恋愛がうまくいかない。

好きな人が、できてもすぐ離れていっちゃう。

重たいからなんだと思う。

わかってるから、自分で軽い感じ装う。

そんな自分に嘘付くの疲れちゃった。

会社の飲み会で、なんかわからないけど飲み過ぎて、別の部署の男性と恋愛の話したの覚えている。

子供がいてもちゃんと考えて欲しいって言わないとダメなんじゃないのって諭してくれた。

それま

もっとみる

Hello wonderful selection!

つい先日立ち寄った、とあるセレクトショップでのこと。

とてもユニークなお店で、置いているのは他所では見たことのない商品ばかり。
もの珍しさに棚から棚をうろうろしつつ、オーナーさんとの会話が始まりました。
話題は、商品、とりわけ、その品揃えについて。

基準があるようでない商品たち。
どうやって選んでいるのですか?の問いに、オーナーは
「作り手の熱意を感じること。そして、宣伝が下手なこと」

最初

もっとみる