親離れとモータープール

親離れをしたのはいつの頃だったろうか。物理的空間的に親離れしたという意味では学生時代は下宿生活だったので既に一人で生活していた。が、その時はきちんと実家からの仕送りを有難く受け取っていた。親から離れて暮らした上で更に経済的にも独立したのは社会人になったときのことだ。しかし経済的な自立は精神的なものとはやはりちょっと違う。どこかに実家を頼る気持ちがある。経済的に自立し30年近く経っている今もどこかに

もっとみる

私とは3 ~いじめ~

転校し、新しい小学校へ。

ここからがほんとに大変だった。
前住んでいた場所と環境も人柄もがらりと変わって、馴染むのに随分時間がかかった。

だけど、ここでも仲の良い友達ができた。
でも、その子はいじめられてた。
原因はよくわかんない。でもみんなからバイ菌扱いされてた。わたしは、それでも仲良くしてたとおもう。気があったし、一緒にいて心地よかったから。周りからは、離れた方がいいとか言われてた。
その

もっとみる

私とは2

小学校時代。
ここからは、本当に色々あったし思い出したくないこともたくさんある。

当時小1のわたしは、新しい地へ。
転校生が多い学校らしくて、わたし以外にもたくさんいた。
ここで、今でも仲の良い親友と出会う。

仲良くなったきっかけを全く思い出せないけど…笑
毎日遊んでた笑お互いの家に行き来して、学校でも毎日一緒に過ごしてた。小さいメモをちぎって手紙交換もしてた。毎日会ってるのに笑
そんなに会っ

もっとみる

私とは1

自分自身のことがよく分からないから、
自分のことを振り返る。

幼稚園時代。
仲のいいお友達・幼なじみがたくさんいて毎日友だちと遊んでた記憶。親同士も仲が良かったな。シルバニアとか、おままごとかよくしてた記憶…笑懐かしいな。
そのメンバーで同じ小学校へ。
そのまま楽しかったな。
なのに、小1の1学期で引っ越すことに。
今でも忘れない。親が日本地図を持ってきて、今いるところからここにいくんだよって話

もっとみる

ベトナムのプチ移住から帰って来た子供たちが、初めての登校・登園する後ろ姿に思うこと

宝島という小さな島で生まれ育った息子が、1年生を終えると同時に、ベトナムにプチ移住した。娘は、年長だった。

宝島小中学校は、すごく小規模の学校で、小学校に上がる前から、ずっと一緒の友達だった。家も近いし、毎日友達と遊びに出かけていた。貴重な時間だったのだろうと思う。子供たちは、小さな島で地域の方に見守られて成長した。

僕は単身で移住して、結婚し、家族ができた。仕事場も生活の場も全てが、近所。常

もっとみる

夏休みが明けたら

──それは毎年、違う色をしていた。
 ──10代前半、思春期の頃の夏休み。

 中1の夏は何してたっけなぁ。やっぱり苦しいこともあって、じぶんを傷つけるような行為もしがちだったけど、図書館に通ってたくさんの本を読むのは楽しかった。児童書やライトノベルばかりだったけど。
 家ではパソコンでテキストサイトを楽しんだり、小説やイラスト、詩、短い漫画を描いていたっけ。

 中2の夏はアクティブだった。中1

もっとみる

いじめの「加害者」は、放置していいのか

noteさんが少し前に始めたお題テーマ「#8月31日の夜に」。

このお題テーマに関してはいじめだけを対象としているわけではないと思うけれど、小学生の頃いじめられて不登校になり転校までした経験を持つ者として、ちゃんと書こうかなぁという思いももちろんあった。

ただ、だいぶ前だけれど一度書いたことがあるというのと(よろしければ下記リンクから読んでみてください)、私も30歳という年齢になり、「10代の

もっとみる

昔々、あなたはどんな人だった?

「もしお前が転校してなかったら、その後どうなってたのかなって、今も、考えるよ。」

って、20年前の小学生時代に、3年間だけ奈良で一緒に過ごした友だちと飲んでいるときに、突然言われた。

「同じことを、きっとぼくは、数千回考えていたよ。」

と、思った。でもあの頃一度も、さみしいことも、そのさみしさから友だちに電話をかけることも、しなかった。

「海辺のカフカ、好きだったよね。」

と、10年前の

もっとみる

新しい家を探す旅。チャレンジばかりが加速する。

新しい家を探す旅。

久しぶりに

感動した

美味しい料理。

志。

フリーペーパー持って帰ることも

大人になってからはあまりないんやけど
言葉の想いをちゃんと読みたくなって
久しぶりに持って帰ってきてしまった。

呼んでる気がする。

いや、気だけか?

来年の今頃は
どこに住んでいるのだろう?

ここに住みたいなぁ。

徳島来て初めて感動したものがあった。

モノの多さは今より減る。

もっとみる

自分にとってのふるさとはどこか?

自己紹介などをするときにボクの大きな特徴として、引っ越し回数が多いことをたまにお話します。
その経験から、身の回りの人が引っ越しする時に、不動産屋めぐりから荷物の詰め方までアドバイス出来ることも自分の強みでもあったりします。

引っ越しした回数は25回。地域は全国万遍なくではなく、大阪・兵庫や横浜にいることが多い感じです。

これまで住んできた場所

・兵庫県姫路市
・兵庫県姫路市(2軒目)
・大

もっとみる