#6 オリジナル小説

前話はこちら

第一話はこちら

手を合わせたままヨルガは問う。

「それで君はどうするの?」

「長老の所に行くんでしょ?一緒に行くけど」

「その後よ。私が準備期間に入ればもう会うことは無くなるけど、自分の家に帰るの?」

サッと血の気が引くのを感じた。薄々感づいてはいたが、それしか方法がない。またあの日常に戻ることは死ぬ程嫌だが、中学生の身では何もできない。でも戻ってどうする?学校へは行けな

もっとみる

ばあちゃんの告別式

僕は、人が亡くなったときに、泣いた事がない。

会社の上司、親戚のおじさん、おばさん、じいちゃん、ばあちゃん…

色んな人のお葬式や、告別式に参加したけれど

涙を流した事がない。

現実を受け入れられていない…という事だったのだと思う。

人が亡くなったときにも、またどこかで会える、という感覚があった。

不思議と、自然とそう思っていた。

自分の記憶の中で会えると思っていたり
自分が死んでから

もっとみる
ありがとうございます!あなたに、幸せがおとずれますように^^
9

輪廻転生・・・検証されたケース。

これは174回目。大学がミッション系だったこともあって、宗教学という講座が必須でした。クラスによって、教授(神父)は外人にしろ日本人にしろ、いろいろなわけで、使用される教材もばらばらでした。そこで不思議なことを知りました。輪廻転生です。キリスト教ではこれは、否定されていると思うのですが(否定していないにしても、教義には少なくとも無いはずです)。・・・

:::

わたしの受けた講座の教授は外人だっ

もっとみる

前世の候補者を絞り込む

以前書いた「前世探求、最初の一歩を拾う」という記事で、あまりに漠然としてしまいがちな前世探求の第一歩についてお伝えしました。今回は、その次の段階。候補となった人物が自分の前世かどうかを見分ける(初歩的な)ポイントについてご紹介します。
以下に具体的・個別的に列挙しますが、まずもって全体に共通して言えるのは、今の自分と似ているということです。言われてみれば当然のことなのですが。

顔立ち

顔立ちや

もっとみる

今から別業界に挑戦するなら

心理学の業界だなと思う。
正直、人は好きじゃない笑

輪廻転生・死後の世界は興味がある。
子どもの頃、夜になると死に対して恐怖が急に芽生えたことがあった。

江原啓之さんや美輪明宏さんの話も大好き。
今のカウンセラーである。黒岩貴先生は【前世療法】を日本に取り入れた一任者である。
黒岩先生とは、共通の知人の紹介で知り合いました笑

友達に子どもが生まれたので、体内記憶や前世記憶も覚えてるみたいなの

もっとみる

スピリチュアル 神様のお言葉 祖先

輪廻するとき、生きていた家族の元で生まれ変わるとは限りません。先祖とは関係ありません。先祖を供養したりまつったりしていますが、輪廻している可能性があります。魂は成長していくものです。まつっているはずのご先祖様は既に生まれ変わっている可能性があります。

スピリチュアルカウンセリングのご案内 

 私がしているスピリチュアルカウンセリングは魂の向上や、企業のカウンセリング、恋愛相談、心の悩みの相談な

もっとみる

枯れ木を咲かせる灰になりたい。

わたしたち日本人は火葬される。桜の木の下に埋められて花になりたいと思うのだけれど、この国では叶わない願いだ。

今日iTuneで音楽を聴いてて、とある曲1番のBメロに心奪われた。(神崎エルザ: ALONE)

腐り落ちるぐらいならいっそのこと燃えて尽きて、朽ちる木に花を咲かせる灰になりたいという内容。

わたしはこの歌詞に不死鳥フェニックスと花咲か爺さんのモチーフをつよく感じた。

+++

火の

もっとみる

めぐる夜桜

たまに通りかかる公団のそばの公園で、ぎゃああああああ、としゃがみこんで絶叫している子がいた。
私はスーパーの袋を腕にかけて、あわてて駆け寄った。
そして、すぐ、その子のそばに、そっとゆっくりしゃがんだ。こういう時は、保護する側が落ち着いていないと、子どもはかえってパニックを起こす。
「ぼく、どうしたの?」
男の子だ。ずいぶん小さいな。3つ?4つ?かろうじておむつがとれたくらい。
ずいぶん

もっとみる

生かされている意味・・・2

前の記事で、生かされている意味とは?ということについて考えてきました。

今度はもっと根源的な内容に入っていきます。

魂とは、命とは・・・。



私が霊魂について興味を持ち始めたのはやはり多感な十代の頃。流行っていた、ということもありますが、不思議な現象については多くの人が興味をもつところではないでしょうか。

身内の生き死にが身近にあると、どうしても考えてしまいます。

霊魂の存在。

もっとみる