重心

スポーツトレーナーによって言ってることが違うあるある。

スポーツトレーナーと大きくくくっても

皆さん得意分野が違います。

私の場合は

【その方にとって心地よい身体環境を一緒に導き出して、その方自身で新たな自分を見つけてもらえるよう力添えをすること】

です。

大切にしていることは

・自分の重心位置がどこにあって、どう動けば効率が良いのか。

・力を発揮したい目的に対しての安全でスムーズな関節の動き。

ですので、

ガチムチマッチョになるため

もっとみる

世界に10%のレフティーが誇る絶対優位

全文無料公開。面白いと感じていただければ投げ銭300円お願いいたします!

<><><><><><><><><><>

「全世界の90%は右利き」

そして10%しかいない左利きは、どのスポーツでも優位に立っているイメージ。

そしてサッカーにおいて、これには攻撃守備において確かな理由がある。「逆をとる」ということに焦点をおいて考えると説明は恐ろしく簡単になる。意識上、無意識下両方において、左足は

もっとみる

数万歩あるいても疲れませんでした☺️スムーズに安定して走りやすいです🏃🏻‍♂️

こちらの記事をお読みいただき、ありがとうございます☺️

今回は

歩き方

について書きます✒️

以前、こちらの記事を書きました🖋

その続きです。

靴を買い換えて、新しい仕事を始めてからそろそろ2ヶ月が経とうとしています👟

厳密には、足首から下は疲れますが、それ以外はほとんど疲れません。

数万歩あるいても余力があります😁

なので、歩いたり、立ったままだったりすることが多い人には

もっとみる

直立二足と骨盤の関係

先日、骨盤について医学的視点で分かりやすく説明した上で、実技を踏まえて治療方法をお伝えするセミナーを開催しました。
資料はこちらでご覧いただけます(^-^)

https://note.mu/ugoki/n/nba9d57781ed9

少人数だからこそ、深く学べます。
少人数だからこそ、質問しやすくなります。
少人数だからこそ、実技の答え合わせができます。

少人数のメリットを活かしたうえで、私

もっとみる

雨燦燦と

梅雨がなかなかあけない

僕の描く絵に曇り空が多いのはそのせいかもしれない

そう思ったのだけどあまりにも多い

きっと曇りが好きなんだろうなと思う

燦燦とは光が降り注ぐ様などに使われる

しかし僕にとっては燦燦は曇りの日でも雨の日でもどんな日でも暗闇の中でも感じ取れる気がする

心のあり方に近い気もする

気持ちが沈んでいる時、どんなに晴れていても燦々とは感じなかったりするのがそれ

心が燦燦

もっとみる

骨で立てばふくらはぎは細くなる!

日本人は 遺伝的に

ふくらはぎの筋肉が太く

足首も短いため

美脚の持ち主が少ない 大きな理由となっています(x_x;)

しかしながら

ふくらはぎの太さは

生活習慣の影響も大きく

少しの工夫で 細くすることが可能です

ふくらはぎが必要以上に太くなるのは

「重心(体軸)が前に偏り過ぎているから」

です

皆さんも 部活動などで

「かかとを浮かせろ」
「重心をつま先に置け」

とい

もっとみる

さぁ!踊ってみようよ!

体育の授業や運動会、フィットネスクラブなどでリズムに合わせて身体を動かす

という体験をされたことがあるかと思います。

ジャンル、難易度は問いませんので

機会をみつけてたまにチャレンジしていただきたいのです。

【ダンスの良いところ】

・脳の活動が高まる。

・自分の重心移動を感じることができる。

・動きの幅が広がる。

・日常動作もかっこよくなる。

ここでお伝えしたいのは、

上手にな

もっとみる

重心と機動性と危険性と

こんにちは、ヤッシーです。4連投の第2弾です。

今回は私の専門である機械工学と人間の行動が共通する(ような)部分について書いてみたいと思います。数式とかは使わないので安心してくださいね笑

重心とは

重心は皆さんもご存知ですよね。体のことでよく使われているイメージです。重心は読んで字のごとく、重さの中心です。立っている人間であれば、重心が高いほど不安定で、低いほど安定します。車なんかも同様です

もっとみる

文章に於いても、人間性に於いても、言えることだが、重心の上げ下げが、重要だと、思う。
例えるなら、TPOでもなく、日本語的な言葉なら、胆力かな。。。

『重心』#327

先日の夜ランニングのとき、走りながら実験をしてみた。その前のとき、ペースをいつもより上げて、短い距離を走った。速いペースが頭のなかと脚の記憶として残っていたのが今回。
何を実験したかというと、走っている最中に「自分のペースが少しだけ落ちたな」と感じたときにまたペースを戻すための方策として「腕振りのために肩に力が入っているのを抜いて、肩の位置を下げて肘から先で腕を振ったこと」と同時に「腰から上でほん

もっとみる