電脳コイル

あのアニメをやっと観た『電脳コイル』簡単な感想(ネタバレ少々)

秋は服が可愛いから好き。なるみです。

『電脳コイル』をやっと観ました。

2007年の放送当時は「なんか地味〜」と思って、観ることはありませんでした。私はまだ小学生中学年くらいで、プリキュアやヤッターマンなど彩度高めのアニメに夢中でした。なぜか「教育テレビだしな…」と斜に構えた気持ちもあり。でも頭の片隅に、なんか気になる感じがずっとありまして。

観た。結論から言うと、超なめてました。ごめんなさ

もっとみる

二学期 #木曜日ノ木之瀬

二学期始まりまして皆さまいかがお過ごしでしょうか?

↑4巻返しに来たらこれだった

いまおれは、『天元突破グレンラガン』『電脳コイル』『日常』というアニメをそれぞれ少しずつ観ている最中です。「知ってるけど観たことない」のチョイス。まあそもそもアニメもそんなに観るほうじゃないが、なんかいまは生身の人間よりキャラクターの芝居を観たい気分なんだ。っていうかアニメって面白いんだねえ!
『映像研には手を出

もっとみる

noteの"つぶやき"機能の字数制限が140字なのは思考停止の模倣。もっと増やしてほしい。その9

これ既に書いたっけ?な内容。

 たまごっちの頃に馬鹿な大人が「本物の命とデータの区別がつかなくなるんじゃないか」と懸念したのに対して、後の世のさまざまなSF作品はそれに反論するような物語を描いてきた(得てしてSF作品とはそういうものだ)。
 インターネットが舞台のロックマンエグゼでは幼くして亡くなった実の兄の人格データが登場しているし、AR技術が一般化した社会が舞台の作品、電脳コイルでは電子ペッ

もっとみる

2020年5G開始はポストスマホ時代を予感させる

5Gとは何か?

5Gとは一般には「第五世代移動通信システム」と呼ばれています。
第一世代(1G)はアナログ携帯電話を使った最初の移動通信システムです。何㎏もあるショルダーフォンを思い浮かべる人も多いと思います。ここではまだ通話のみです。
第二世代(2G)でガラケーが一般人にも普及し、ここからキャリアメールや、iモード通信が出来るようになりました。速度が遅いため半角文字が推奨されたガラケーサイトが

もっとみる

今さら電脳コイルで号泣中!でんすけ~

噂によると、電脳コイルは作業用アニメに向かないらしい。

先日、映画ラボでも取り上げられたエスターが見たくて、

TSUTAYA行ったら、エスターは置いてなかった。しかもアマゾンプライムからもなくなってるらしい。ありゃりゃ。

で、娘は電脳コイルのうちにあるやつの続きから、最終回までを一気に借りてきた。

実は確定申告をしなければいけなくて、その作業用としてレンタルしたんだけど。

ダメ。

見入

もっとみる

人の中にあるもの

以前投稿した電脳コイルを全部見終わってみて、

この世の中には色々で様々なものがあるけれど

「人の中にあるもの」というのがとても多い気がする

電脳コイルでは先立たれた人への想いが忘れられずにそれが形となって自らを苦しめたり

友人関係のもつれが頭から離れなかったりすることが出てくる

この世の中は物に支配されていると思うが、それを見ているのも触れているのも脳があるからで

そこに実際あると言っ

もっとみる

電脳コイル

JFNラジオのFUTURESという番組内で電脳コイルというアニメが紹介されていたので最近の空き時間はこれを観ることに費やされている。
(Amazon primeで無料)

なんだか今の世界を描いている様でとても興味深いのだけれど

ひとつ気付いたのは「電脳」という言葉である。

電脳とは電子頭脳の略で、すなわちコンピューターの事である。

もうすでにコンピューターという言葉か日本語になりつつあり、

もっとみる

道は続いてる、繋がっている

この記事はアニメ電脳コイル23話までのネタバレを含みます

「この世界のどこにもいない」

こんなに死というものをありのままに表す言葉があるだろうか。

私には幼いころから一緒に暮らしている猫がいる。

もっとみる

アニメ視聴録 『電脳コイル』

少しゲームから離れて、少しアニメの話をば。扱うのは『電脳コイル』。ネタバレし放題なので、気になる方はご遠慮ください。加えて、話を知っている、視聴済みの読者を想定しています。ストーリーや作品の理解の助けになれば幸いです。
 もしアマゾンプライムに加入していれば、ここから視聴できます。時間返せ、とはならないと思うので是非。

 電脳コイルの物語をどう解釈すればいいのかというと、これは彼岸と此岸の話。彼

もっとみる

「『凄い!』と思われる未来のイメージは懐古主義的」という指摘に納得。

確かに「凄い!」より「面白い」や「生活感のある未来」を目指す方がAR的。

何となく電脳コイルの「近未来なのに懐かしい日常風景」を思い出した。

http://sp.ch.nicovideo.jp/wakusei2nd/blomaga/ar1628344