電車男

オタクについて語ってみると

「オタク」、または「ヲタク」と表記される場合も多いのですが、これらの人種に関することについて一歩踏み込んで書いてみたいと思います。
この「note」の記事に同人とそれにまつわる人々のことを書くと、「オタク」のことについて反応があったからです。

今は「オタク」はある意味市民権をもってしまっていて、我々が知っている「オタク」たちとは違ってきているようです。

個人的には「オタク」に関しては否定的な考

もっとみる

ビリギャル190705

#amazon
#amazonprime
#amazonプライム
#ビリギャル

これから著作権シフトを敷きます。笑
北鹿新聞で叱られた事を忘れておりました。

タイトル
ビリギャル

あらすじ
https://www.toho.co.jp/movie/lineup/birigal.html

感想
とにかくちびノリダー(伊藤淳史)の熱さが際立ってました。笑
あとは安田顕の悪役

もっとみる

海外の映画の邦題について

「バス男」という映画を知っていますか。
2004年のアメリカ映画です。原題は「ナポレオン・ダイナマイト(Napoleon Dynamite)」というそうです。主人公が、こういう御大層な名前なのです。
当時日本では「電車男」がちょっとしたブームになっておりまして、それに便乗した邦題をつけられたようです。「電車男」に似て主人公がちょっとオタクっぽいのですが、バス通学しているだけです。それだけで「バス男

もっとみる

【令和34日目】「電車男」からわかる僕が本当に求めているもの

東京に着いた。
スーパーに買い物に行く。

向かっている途中、親子連れと会った。

そういえば、小さい頃は何が好きだったかなー?

考えながら歩く。

ぱっと頭に浮かんだのは、

山田孝之主演の「電車男」

よくドラマで観ていた。

女の子とあまり話せなかった僕は、
電車男の気持ちがものすごくわかった。

しかし、憧れていたのは電車男の行動力ではなく、
仲間の存在だった。

電車男には、
ネット上

もっとみる

まだふなっしーについて語りたい

いや、そこまでふなっしーにこだわっているわけではないのですが。昨日ふなっしーの2時間ドラマの話をしましたが、たしか爆発だったかな、何かでふなっしーが爆死したかと思われる場面があったような(うろ覚え)。
もちろん生きており、梨汁ブシャーか何かで犯人を捕まえました。いや、ボール状になるんだったか。
とにかく、ふなっしーと死というのはイメージ的に結びつきません。それを敢えてやったところがおもしろいと思っ

もっとみる

職質されたとき芸人って言いづらくてフリーターって言いがち

こんにちは、右折禁止の大石です。

この間、定期券の落とし物を拾ったので交番に届けに行きました。
なんて善良な市民なんでしょう。
しかし、近くの交番に入ると『パトロール中』と書いてあり、
中には誰もいません。
たまたま今回は大した用じゃなかったので帰り道の別の交番に行けばいいですが、これが緊急の用だったら大変なことですよ。
暴漢に襲われ命からがら逃げこんだ交番がパトロール中だったらと思うとぞっとし

もっとみる

ネクロポリス(邦題:死ゅ都アキハバラ)

「貴様は~~~!!だから2(後略)
  (前略)悪霊退散悪霊退散!!」

一見、首締め暴力行為に見えるコレは挨拶だ。

◆●◆1ゲトズサ━━━━⊂(゚∀゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!◆●◆

惑星改造など茶飯事。

地表で起こる争いに嫌気が差した者たちは星へと昇った。
気の合うクランで。
国家、宗教、政治、思想、文化等の対立から人々は解き放たれたのだ。

私が絶対政府に申請し、同志を募り移住、惑

もっとみる

電車男は秋葉原駅前再開発だった…のかよ

(画像の出典: photo-ac)

「1992年のLove Affairから―中編―」改題。

映画って、そんなに速くできるものなの?

前編から時代は10年以上下る。
今回の話は、筆者の以前のブログを知っている人には内容が重複するけど。

2004~2005年に流行ったそのラブストーリーは、当初から存在自体を疑っている人が結構いた。
前編の時と違い、当事者は有名人でも何でもなく、彼らは本名すら

もっとみる

・勝手に名和ラジオ(http://nawashoten.seesaa.net/ )を配信されている書店ボーイ(@syotenboy)さんから、Twitterで「このままいけばリアル電車男、いや電話ボックス男になるかも」というリプをもらいました
・つまりは、他の番組(Podcast,note)の皆さんがラジオで恋のアドバイス的なものをしてくださって、それを八ッ橋佑規が実践し、彼女をゲットするサクセス

もっとみる
スキありがとうございます。良かったらコメントもください✨
4

南海男がゆく vol.1

もうすぐ5歳を迎える息子は、南海電車を愛してやまない。

鉄道オタクのなかにも、「撮り鉄」「乗り鉄」など種類がいろいろあるが、息子はまぎれもなく「聞き鉄」だ。

秀逸に再現する南海電車のエンジン音は、周囲の大人にも一目おかれている。

南海初のVVVFインバータ制御装置を搭載した2000系が、加速・減速の時に発するモーター音はほかに例を見ない重低音だ。

これは、高野山の斜面を登るためのパワフルエ

もっとみる