革命のファンファーレ/西野亮廣

何年か前に、「大金を稼ごうと思ったら結局デカい広告塔になるしかないのかなぁ」と思って悲しくなったことがある。

ちょうどその頃はフィギュアスケートで羽生結弦選手が出てきてフィーバーしてたころで、毎日テレビで取り上げられてた。

僕自身はフィギュアスケート自体にはさほど興味はなかったのですが、もう完全に“国民的人気スポーツ”の地位を確立してたと思う。

で、ふと気になったのが、「これどんくらい儲かる

もっとみる

【A4の読書感想文】西野亮廣の「革命のファンファーレ」

革命のファンファーレはお笑い芸人でありながら、オンラインサロンの運営や絵本の出版(えんとつ町のプペルで有名)などもこなす西野亮廣さんの著書である。

出版されたのは1年以上前だが、ブログに1つ感想を書いてみようと思う。

学校の授業では教えてくれないお金の世界

本書は、学校の授業をコツコツとこなして勉強を大切にしてきた(育てられてきた)人に特におすすめしたい。

本書は冒頭で切り出している。今ま

もっとみる

読書アウトプット『革命のファンファーレ現代のお金と広告』①

陶芸家一年目のdOYOです。

僕の生まれた石川県には九谷焼という伝統工芸の焼き物があり、まだまだ未熟ですが僕もくくりとしては九谷焼の作家ということになります。多くの伝統工芸同様、九谷焼は産業として様々な問題に直面しているのが現状です。そこで僕は現代の最先端ビジネスの考え方が産地の問題解決や、僕個人がアーティストとして食っていくことに活かせないかと思い勉強をしています。

読んだ本の内容を整理する

もっとみる

109杯目:キンコン西野氏がサインの常識をぶっ壊ーす!!直筆サインも西野亮廣エンタメ!?

以前、書かせていただいた西野亮廣さんの直筆サインのお話。

おかげさまで!?

有名人のサインってなんぞや?

価値ってなんぞや?

などと考えておりますf^_^;)

それは西野亮廣さんの圧倒的な仕事量から生み出される、

直筆サイン本や、直筆サイン絵本の数々。

前記のnoteを記した後、

クラファンによる『チックタック〜約束の時計台』の

シリアルナンバー付きの直筆サイン。

メルカリで購

もっとみる
記事を読んでいただきありがとうございます。
1

読書アウトプット『革命のファンファーレ現代のお金と広告』②

陶芸家一年目のdOYOです。

僕の生まれた石川県には九谷焼という伝統工芸の焼き物があり、活動開始一年目でまだまだ未熟ですが、僕もくくりとしては九谷焼の作家ということになります。

 多くの伝統工芸同様、九谷焼は産業として様々な問題に直面しているのが現状です。そこで僕は現代の最先端ビジネスの考え方が産地の問題解決や、僕個人がアーティストとして食っていくことに活かせないかと思い勉強をしています。

もっとみる

読書記録3

革命のファンファーレ読了。

ぼくは昔バンドマンだった。
23歳の頃、ある経営者に仕事に誘われた。ぼくはバンドがあるから。と言って断った。
なぜバンドが好きなの?と聞かれて「モノを創ることが好きだから」と答えたらその人は「仕事はなんでもモノ創りだよ」って返された。

当時のぼくには理解できなかったけど、いまはそうだなって思う。あの時理解できていたらバンドを辞めて誘われた仕事に就いたかは別だけど。

もっとみる

「最近の若者はダメだ!」は積極的に言うべき良い言葉!?

「最近の若者はダメだ!」は積極的に言うべき良い言葉!?

「最近の若者はダメだ!」というセリフは

最高に良い言葉です。

積極的に使った方が良さそうです。

さて、その根拠の前にまず

物凄くわかりやすい西野亮廣さんの話が

あるので、ご紹介します。

https://www.amazon.co.jp/革命のファンファーレ-現代のお金と広告-西野-亮廣/dp/4344031555/ref=nod

もっとみる

人生を変えてくれた人

急だった。Twitterの通知が来てて、見たら西野さんのアイコンが。
「リツイートしてくれたのかな」って思ってたけどよくよく見たら、、、

「え!!!フォローされた???」

西野さんのフォローする基準がなんなのかがわからないからもしかしたら大したことじゃないのかもしれないけど、めちゃくちゃ嬉しすぎる!!!

本当に嬉しすぎるので、今日は西野さんが自分にとってどういう存在なのかについて書いていこう

もっとみる
ホームレスは喜んだ😄
32

”サッカー×エンタメプロジェクト物語①”

運命を切り開く鍵となった
西野亮廣エンタメ研究所との出会い

2019年4月

2019シーズンのJリーグが開幕して1カ月半が経った頃

僕は妻と一緒に散歩がてらに行く近所のスターバックスで

コーヒーを飲んでいた。

ここで本を読んだり妻と会話したり

ぼーっとするのが好きで気分転換をしたい時に利用している。

お決まりのコースはスタバの後に本屋に行き

ドラッグストアで買い物をして帰宅する。

もっとみる

オンラインサロン #西野亮廣エンタメ研究所 を語る。

オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』のサロンメンバーに、タレントとしてバラエティー番組(生放送)への出演オファーを頂いたり、バンドを組んでライブハウスで演奏する機会を頂いたり、宣材写真を撮影して貰ったり、地方へ観光に行った際に宿泊させて貰ったり、一緒にDJイベントをやることになったり…

エンタメ研究所 様々ですm(__)m

これからも『西野亮廣エンタメ研究所』を有効に使って、西野さん本人

もっとみる
10